天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の日記です。ご自分のブログやHPの宣伝はコメントではなくTBでお願いします。 by真凛馬


by mw17mw
カレンダー

<   2018年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


気まぐれわがままにゃんこ様の最近の画像
d0063149_15182926.jpg
先日、うちのにゃんに、生のホタテを与えていると書いたが、実は、「猫に与えてはいけない」もののよう。

なぜ、それに気づいたかというと、ある晩、見事、ホタテとカリカリをすべて吐いたらしく、見事にそれらが床に散らばっていた。

そうか、ホタテを消化できないかもと思い、猫 生魚で検索したら、「猫に食べさせてはいけない刺身3種」が出てきた。

うちのにゃんは、ホタテの生とか、アジの生も大好きなのだが、それらが両方とも生で与えてはいけないリストに載っているではないか。
しかも、ホタテは火を通せばよいみたいだが、アジは少しなら良いが、大量にとか毎日はだめみたい。(涙)

だったら、何をあげればよいのかと探すと、にゃんこには、高たんぱくの食べ物が一番で、鳥のささ身がベスト、どうもこれがにゃんこの健康食品のよう。

そう思って、にゃんに火を通した鶏のささみを割いてだすと、くんくんと匂いを嗅ぐだけで、口をつけず、えさ皿から離れていく。
だったら、食べないのというと、何時間か経って、ほかに食べるものがないと思ったら、「しょうがないな、これで我慢するか」という感じで、口をつけ始める。だから、食べないわけではない。

ただね、同時に火を通したホタテ、アジ、しらすなぞを出すと、そちらはまだ早く食べ始めるのだ。(にゃんこは気まぐれなので、昨日食べても今日食べるとは限らない)

鶏のささみも食べないし、何を食べさせようと思ってスーパーに行ったら、真鯛の切り落としが安かったので、買っていて、軽く焼いて割いてあげたのだが、こちらは、鳥のささ身以上に手を付けようとしない。

d0063149_15182670.jpg
何だかな、うちの猫って、癖のある味が好きみたいで、ささみとか真鯛とか、さっぱり高たんぱく匂いもないような健康食品は嫌いみたいなのだ。

ま、いいか、癖のあるものを好んで、健康的な食べ物に興味がないというのは、元気な証拠かも。(でも、今のホタテやアジの冷凍は今までより量を減らして与えている、これらの冷凍がなくなったら、もう買わないことにする)

健康を考えて、湯がいて塩を抜いたしらすと火を通した鶏のささみがメインのえさになるか?

真鯛の切り落としは本当に興味がないようで、まったく手をつけない、仕方がない、私のえさにして、焼いて、私の鯛茶漬けの素とするか。

[PR]
by mw17mw | 2018-08-16 15:22 | | Comments(0)
私は昔のおばさんだから、PCをメインに使う他、今風なものにちょっと手を出し、スマホとiPodを持ち歩く他、家には、フレッツ光を引き、元店舗と自宅でそれぞれ別のwi-fiルーターを使っていた。(iPodは音楽を聴くのと、カメラ代わり)

それが、この3か月の間に、PC、iPod、ルーターが1台、次々と壊れ、呪われているのではと思うくらい、結構、トラブルだらけの電子機器環境になってしまい、大変だった。

今回、3つの機器のうち、私のミスで壊れたのは、iPodだけで、他の2つは老朽化で寿命が来xたのが原因。

しかし、どうにかこうにか、色々リサーチの結果、iPodはやめて、iPadを購入することに決め、ルーターも今までより数段最新のものに、価格コムで安いお店を探しながら、買い替えが終わったのが、7月中旬。
(でも、新しい機器は、買った途端、サクサクとは使うのは無理らしく、1,2度ヘルプダイヤルに電話して助けを求めた、あ~面倒)

(そのうえ、iPad向けのキーボード付きケースを購入したら、不良品でリコールがかけられ、これまた、中国に物を送るのにひと悶着あったことは、ブログに既に書いた。)

一番最初にトラぶったのは、PCだったのだが、Windowsが壊れた程度だったせいか、また、windowsの不調は不安定なのか、最初にトラブったところは直って、トラブル場所が他に移ったりしたし、結局だましだましに使うことができたので、いざとなれば、修理に出す準備はしていたものの、修理に出すのは様子見にして、普通に不安定なPCを使っていた。
(そうだ、思い出した、USBメモリーにデータをうつしていたら、突然そのメモリーが壊れ、全部パー、一部取り返しのつかないデータの破損であった。でも、余りの破損の多さに慣れてしまったのか、もうそんなにショックは受けなかった。)

iPadやルーターが落ち着けば、これで当分静かに暮らせると思っていたのだが、7月30日にとうとうPCのWindowsが立ち上がらなくなり、31日にこの日で閉店という東芝PC工房にPCを持って行って修理に出した。

私の場合、今のPCのMicrosoft Officeのプロダクトキーを保存してあるので、PCを修理し、初期化してもらう方が、officeがインストールされているPCを新たに買うより、安く済む。

修理に出して、10日くらいで、連絡が入り、Windowsだけではなく、ハードディスクも壊れており、修理代が4万2千円かかるとのこと、それで修理を進めるように頼んだら、とうとう、明日か明後日に帰ってくるって。

自分のミスにしろ、老朽化にしろ、機器が壊れると、自分では買い替えか、部品交換で直るのか全く判断が無理、また、全く中味がわからないブラックボックスとなってしまうし(元々ちゃんと動いているときもブラックボックスではあるが)、新しいものを買おうと動くのも数年ぶりだから、全く新製品に関心を持たずに暮らしている間に、それらの機器が進歩していたり、していなかったり、また、流行が変わっているから、いざ、自分の使っている電子機器が壊れると、浦島太郎状態になってしまうのが、一番の問題。

そうなのだ、3つも買い換えるとなると、情報集めが大変。
ま〜そんなことを言っても、一番頼るのは、価格コムのランキングとレビューである。
それと、やはり、一人であーだこうだ、考えるのも行き詰まりやすいので、フレッツ光のリモートサポートサービスにも登録して、相談に乗ってもらえる体制を整えた。(但し、ずっと契約する気はなく、全てが落ち着いたら、解約予定)
また、秋葉原が近いので、何度となく、ヨドバシAkibaを初め、お店に実物を見に行ったりもした。

でもね、結論からいうと、私の日常生活には、10本指でさっさか打てるキーボードが必須ということ。
そうなのだ、インターネットがあって、10本指で打てるキーボードさえ揃えば満足かも知れない。

だいたい、10本指でさっさかメールを打てないと、お友だちに長いメールを書く気が起きなくて友達を失いそう。(笑)

修理からPCが帰ってきたら、愚痴になるが、初期化されているので、使えるようにセットアップした後、そもそも、Windows8マシーンなので、8.1にバージョンアップして、ウィルスソフトと、色々なプログラムなどを入れたら、正常に戻れる。

私は、偶然windows8マシーンを購入し、何年後かにwindows10への無償バージョンアップという期間があったので、10にバージョンアップして使っていたのだ。

しかし、今回、windows8に初期化されて戻ってきても、10への無償バージョンアップ期間はすでに2年前に終わっているので、10に上げられないのだ。
しかも、東芝のお兄さんの話では、元々window8は、余り良くないOSだったから、Microsoftは、すぐに、8.1を出した。
だから、windows10 への無償バージョンアップはすでに終わってしまったけれど、8を8.1にあげるのは、今でも無償でプログラムを提供しているとのこと。
ま、とりあえず、8.1に上げれば、そのサポートは、2024年だったかまで続くので、あと、4年くらいは使えるとのこと。

でも、ま、順調にいけば、後2、3日で、元の私に戻れそうで嬉しい。

もうちょっとなので、頑張ろう!



[PR]
by mw17mw | 2018-08-15 20:57 | 道具 | Comments(0)
先週だったか、先々週だったか、夕方のニュースを見ていたら、東京を中心とする製麺所が経営する麺の名店の特集をしていた。
こちらは、また、気候が良くなったら、根岸方面に行くときにでも、寄ってみよう。

次に比較的近かったのは、五反田駅の後楽そばという立ち食いそば屋さん。
このお店は、2年前まで、長年有楽町駅のガード下にあったお店が今年の3月に五反田駅のガード下にリニューアルオープンしたお店ということ、ソース焼きそばが名物ということが、私の好奇心を刺激した。

で、五反田方面に用があったとき、行ってみた。
JRの五反田駅東口に出て、道なりに右(大崎方面)に曲がって少し歩くと、ガード下を抜ける道があり、その手前にそのお店はあった。

d0063149_17563532.jpg
 

食券機を見ると、メインは、おそばとうどんの他、丼もの少々とおつまみで、焼きそばは、普通盛400円と大盛500円、他、丼物とのセット商品があるのみ。(お酒やビールもあるみたい)

d0063149_17563769.jpg

お店のこだわりも貼ってあったが、ソース焼きそばに関係するのは、ソースだけ、残念。

中に入ったら、立ち食いのカウンターだけのお店で、カウンターの中には三人の従業員がいた。
また、調理場の一番端に、焼きそばを焼くためと思われる大きな鉄板があって、ソース焼きそばが人気メニューであり、常に用意されていることがわかった。

d0063149_17564031.jpg

食券を渡すとすぐに出てきた普通盛の焼きそば。
ぱっと見た目、一番気になったのは、青海苔の少なさ、紅しょうがはたっぷりなのに、青海苔がなんだか貧しい感じ。
カウンターに青海苔の瓶が置いていないかと探したが、あるのは、ネギの小口切りと七味唐辛子と、醤油かソースか不明の容器のみで、残念。

d0063149_17564435.jpg
食べてみると、熱々で、油っぽくなく、ソースも甘過ぎず濃過ぎず薄過ぎず、料理としては良い感じ。
一番美味しいのは、太め、固めの麺、最後まで残さず美味しく食べることができた。

ここまでは成功しているのだが、何せ、具が殆どないのだ。
99%が麺で、ときたま、もやし1本とか、キャベツの千切り1本に出会うだけで、お肉は0.
ま、400円なら、仕方がないのかな?とは思うものの、余りの「昭和感」が残念。
量は、普通盛でも、たっぷり。

確か、テレビでこの焼きそばのファンのおじさんが、「昔の夜店の焼きそばを思い出す」とか言っていた覚えがあるのだが、本当、夜店の焼きそばを上等にした感じ?
美味しいことは美味しいのだが、わざわざ食べに来るかというと、う~ん、そこまで感激できなかったのは残念だけれど、美味しいから、また、五反田に用があるときに、利用するかもしれないという感じかな?

食べている最中、「そうだ、神保町に、ソース焼きそばの有名なお店ができていたっけ、そこに行かなくては」ということを思い出し、また、浅草の地下街の福ちゃんというソース焼きそば屋さんにも行って比較しようと思った。

ま、一番良かったのは、本当に糖質の塊であるソース焼きそばをペロリ1食食べたのだが、翌朝の体重に全く影響がなかったこと。(腸の調子が特別に良かったからかもしれない)
それは、その他、もち麦のおかけなのかもしれないが、良くわからない。
なんだか、どうしてかははっきりわからないままでも、これで自信がつき、週に1,2度、こういう糖質の塊を食べてみようと思えた。(笑)

[PR]
by mw17mw | 2018-08-14 17:28 | 飲食店・菓子店 | Comments(1)
先週の火曜日、卓球教室の後、問屋やOKに寄らなかったので、西浅草のアクアリオに行ってみた。
昨年11月にランチして以来、久しぶり。

ロシア料理のストロバヤの路地を挟んだ隣の奥。手前には、最近、ハンバーグとステーキのお店WAZNができ、こちらも一度行きたいと思っていたお店、で、どちらにしようか迷った。確か、WAZNは付け合わせがポテトにコーンの糖質、アクアリオはパスタが糖質だったのだけれど、お昼に営業しているアクアリオにぶつかるのは本当に久々だったので、何となくアクアリオを選んだ。
(アクアリオは、ランチが12時からだし、突然12時過ぎでも、closedの札のままだったりすることが多いのだ)

d0063149_17040664.jpg

朝から雨が降っていた、12時半頃行ったら、お店は、シェフ一人、お客は0であった。

ゆっくりもできないので、千円のパスタランチ、パスタはパルメザンの文字に惹かれてキノコとベーコンに決定。

d0063149_17041066.jpg

パスタを茹でている間に、テーブルに置いてあるものを見ていたら、このお店はご夫婦ともみずがめ座とのことで、「アクアリオ」、ご主人は、高校卒業後国内のホテル、レストランで研鑽した後、24歳で、都伊、3年間、三ツ星レストラン等で修業されたそう。

d0063149_17041475.jpg

千円くらいのパスタで、その実力はあまり感じられないが、例えば、サラダは葉っぱが柔らかいし、上にかけてあるバルサミコ酢も美味しいし、良い感じ。
ミネストローネも薄味ながら、ちゃんとしている。

d0063149_17042214.jpg
こちらがキノコとベーコン、パルメザンチーズのパスタ。
パスタの茹で加減が、殆ど柔らかくないアルデンテで、最後の方柔らかくなる感じで素敵。

d0063149_17042716.jpg
あと300円出して、前菜付きの方がこちらのお店の特徴がわかって良い気がするが、前菜取ってしまうと、ワイン飲みたくなってしまうものね。

千円くらいのパスタランチ、近所にいろいろあるけれど、こちらは、チマチマいろいろなものを出そうというのではなく、パスタにサラダくらいだが、使っている調味料が良いものを使っているという感じのお店だと思う。

ディナーの実力がすごそうなお店、ただ、とても小さく10人くらいなので、予約したほうがよさそう。

[PR]
by mw17mw | 2018-08-13 17:30 | Comments(0)
東博で、縄文展を見た後、PCを新しくするにしろ、古いpPCを初期化して使うにしろ、アキバに行って、色々な情報を集めなくてはならず、アキバに向かった。
で、アキバの帰り道にある味農家の前に12時半くらいに着いたし、看板の今日のメニューに売り切れと書いていなかったので、ここでお昼を取ることにした。(味農家独自のHPはこちら

下の画像のメニューで千円。
d0063149_17373695.jpg
重たいドアを開けたら、中の様子は想像と全然違っていた。
まず、お店の奥の方に3人の30代40代という感じの一人客らしき男性がいて、ランチを食べていた。
私は、このお店の野菜200gが取れるランチは女性に人気が出るかと想像していたのだけれど、お客が男性ばかりでびっくり。(ま、11時半開店のお店なので、二巡目のお客さんかも知れないが)
また、店のカウンターの中には、味農家夫妻、入口近い席には、お二人の幼稚園児くらいの男の子二人が座って、何か書いていた。
きっと、夏休みで、保育園とかお休みなのかな?
奥さんの存在は知っていたけれど、お会いするのは初めて。
また、お子さんたちは赤ちゃんの頃、お父さんにおんぶされていた時に会った覚えはあるのだが、すっかり、幼児になっていた。
子供たちは、おとなしかったし、アットホームなムードは感じるものの、普通のお店となんら変わらないムード。

ご主人にお久しぶりと挨拶をしたら、ランチについて簡単に説明してくれた。
で、出てきたのが、下の画像。

d0063149_17024358.jpg
左上の4つ割のお皿左上から、スモークサーモン入りのポテトころっけ、その右が鶏大根、下に行って、人参のラペ、もずく酢。
そのお皿の右隣が、新鮮な野菜のサラダ、ドレッシングはテーブルに置いてあって、自由にかける。
ご飯は、栃木産のコシヒカリの土鍋炊き。
お味噌汁は、今、味農家のHPで通販している顆粒状のだしの素を使っているみたい。
こういうだしが美味しいのか不味いかとても気になったけれど、お味噌汁を味わった感じ、可も感じなかったが、別に問題ない味と思った。

全体食べ終わると、野菜主体だし、味付けも上品、ご飯も少なめで、軽くて健康的な食事をしたという食後感であった。(美味しいことは美味しいのだけれど、今、味農家さんの夜のメニューは6千円だし、千円のランチメニューにその片鱗を望むのは、望み過ぎと思う。)

来週のお盆期間は営業して、その次の週、夏休みとし、8月22日(水)から26日(日)まで、また、月末の30日、31日もお休みのよう。

また、ランチは、平日の月火木金11時半からで、電話や対面でも、予約を受けず、先着順で11名とのこと。

[PR]
by mw17mw | 2018-08-12 21:02 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

東博 縄文展

皆様は、「台風が来るぞ!」と警戒態勢だった水曜日の夜から木曜の朝までいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は、品川Iさんから教えていただき、録画しておいた火曜日午後9時からのBS日本テレビの「ぶらぶら美術館」を水曜の夜に見ていた。
今週は、東京国立博物館で開催されている特別展「縄文―1万年の美の鼓動」を、東博の考古室長の品川さんの解説付きで回るという番組でとても面白かった。

実は、縄文については、國學院大学の博物館や東博の考古学の部屋で見ることが多かったので、改めて行く価値を感じず、今回は行くのをやめようと思っていた、東京に常設されているものだけ見れば十分だと。
でも、この番組が面白く、しかも、国学院や東博の常設展とは違う縄文の匂いを感じ、「やはり、見に行きたい」と思うようになった。

それが、水曜日の夜で、ちょうど、明日の朝は台風の影響で天気予報は雨になっており、こりゃ、次の日の朝に行ったら、絶対空いているわいと踏んで眠って、起きたら、台風の影響はなく、天気が良い朝であった。

それでも、空いているだろうと、9時半過ぎくらいに自転車で東博に行ったら、やはり、私と同じように考えてきているのであろう人が結構多く、思ったより空いていなかった。
でも、並んでも数人だから、空いている方だと思う。

また、いつもの特別展に比して、男性の数が多いように感じた。
d0063149_16584601.jpg
こちらも今回の常設展の解説のよう。
特別展「縄文-1万年の美の鼓動」(縄文展)

縄文時代の作品がテーマごとにまとめて展示され、解説も丁寧に書かれていた。
何が普通の博物館の常設展と違うのかといえば、やはり、全国津々浦々、その土地に行かねば見ることができない国宝を初め、珍しい土器・土偶が一堂にそろっていること。(重文や国宝になる発掘品については、皆、地元が手放さないのかも)
今回、上野に勢ぞろいした国宝なぞを見に歩いたら、どんなに時間とお金がかかるだろう。
また、次回、いつこのような全国勢揃いの縄文展が企画されるかどうかもわからない。

そうか、東京の常設展の展示が、縄文土器のすべてではなく、もっとバリエーションがあること、また、縄文時代は1万年も続いていて、土器の特徴によって、6期に分けられるのだけれど、その時代時代で、作風が全然違っていたりすることがわかった。
今まで、ド派手な火焔土器に魅せられていたが、それは、本の一時期の縄文時代の作品で、ほかの時代はほかの時代で素敵なものがたくさんあることがわかった。
d0063149_16585008.jpg
1万年間、大陸との交流も少なく、縄文人のみの文化が発達したのだそうだ。
その催し物の一部として、同じ時期の中国、インドやメソポタミア、ヨーロッパ(スイス)の土器も展示されていたが、その土地その土地、個別の事情があるから、当然、それぞれの個性があって、皆同じではないが、縄文時代の日本は、海で大陸から遮断されていたことから、本当に外の影響を受けない独特のセンスが磨かれたみたいだ。

d0063149_16584398.jpg

私は沢山の土偶を見続けたら、どの土偶の肌にも彩色や文様が施されている跡がかならずあるので、見終わった頃、縄文人は必ず身体中に入れ墨があったに違いないと確信していた。

縄文の美を発見し、世の中に発表し、認められるに至ったことに関し、岡本太郎さんの功績は本当に大きい。

d0063149_17012508.jpg
家に帰ってから、再度ぶら美の録画を見たほか、dマガで探したら、discovery Japanという月刊誌が縄文の特集で、色々まとまっていて、良い特集であった。

Discovery Japan 2018/09号

何だか、家に帰ってからFBを開いたら、品川Iさんも同じような時間帯に、東博の
この展覧会にいらしていたことがわかった。(もちろん、すれ違いもしなかった。)
で、「土器や土偶より、子供の足型が良かった」という品川Iさんの感想を聞き、私は子供の足型を見た覚えがなかった。
縄文人が、育つことのできなかった子供を忘れないためにその子の足型や手形を取ったと推測されるみたい。
そういう見逃しも多く、再度行かねばと思ったけれど、先程紹介した雑誌にその写真と解説が載っていた。

ま、でも、できたら、再度、ゆっくり見たい、でも、混んでいるのは嫌やなので、また、台風直撃が外れるような機会を狙おう。

[PR]
by mw17mw | 2018-08-11 11:44 | 日常生活 | Comments(0)
1時15分スタート時に、偶然、グリルコーナーの近くにいたので、短いとは言え、ほかに比べたら、列ができていたグリルに並び、ステーキ肉をゲット。
お皿の上段左から、ピザパイ、野菜のグリル、ホタテとエビのグリル、下左は、ポークのグリル、広東式焼き豚、赤身とロースのステーキ。
ステーキは、当然、和牛とかではなく、多分、輸入肉ながら、厚みもあり、焼きたてだったし、普通に美味しかったし、人気があった。

その下の画像は2皿目、主に中華とグラタン。
上段左から、ニラ玉、エビとほうれん草のグラタン、トマト味のお肉のグラタン、下段左は、取っているうちにつぶれた小さな肉まん、シュウマイ、ビーフン炒め?あら?ただの焼きそばだったかも。

d0063149_15460804.jpg
3皿目は普通の丸いお皿に。
左上から卵焼き、がんもどきの煮たもの、右へ行ってトリッパのトマト煮、下に行って、パスタにトマトソースと削ったチーズを乗せたもの。

画像下左は、ブイヤベース、下右は、たこをすりつぶして丸めたものをお味噌汁のような汁の中で煮たもの。
たこのお団子の味噌仕立て、すべて食べ終わってコーヒーの後で飲むと美味しいと聞いてまねしたが、正解、たこのだしのお味噌汁は美味しい。
日本人だし、あれやこれや食べた後、最後お味噌汁がお腹に落ち着くかも。
d0063149_15461178.jpg

デザートは、テーブルのほかの皆様の分も取ってきたら、チョコ味のシュークリームが人気がなく、下の画像上に写る小さなケーキと果物、「あ~、こんなに食べちゃダメ」とか言いながら、一人で全て食べて、久々、いやになるくらい、甘いデザートや果物が食べられて、幸せだった。(笑)
ケーキも出来立てで柔らかかったし、果物も新鮮で切ったばかりという感じで美味しかった。(マンゴーは火を通してあったかな)

d0063149_15461666.jpg
1時間半だし、ゆっくりお話はできなかったけれど、皆、それぞれに好みのものを食べることができて、楽しそうであった。

私の体重は、朝、もち麦ごはんを食べ、お昼は、このバイキングで沢山食べ、夕飯は食べるのをやめたら、次の日の朝、体重が前日と全然変わっていなくて、本当に良かった!

[PR]
by mw17mw | 2018-08-10 10:14 | 合羽橋の食と飲食店 | Comments(0)
まだ、ビールの自販機を動かし、同業者組合に所属して組合費を毎月払っている私は、同業者の暑気払いに参加。
今年は、浅草ビューホテル26階の「スカイグリルブッフェ 武蔵」のバイキングであった。
ここのバイキングは以前良くテレビで取り上げられていたし、評判が良いので、一度行ってみたかった。(以前、この武蔵ではない、ビューホテルのバイキングの催し物に行ったことがあったが、最悪であったので、期待して良いものやらという気分ではあったが。)

結論としては、特段ものすごくおいしいものはないけれど、不味いものもなく、窓からの景色も良いし、総じて、出来立てが食べられたり、果物や野菜が新鮮であることが良くわかり、リーズナブルではないかと思った。

武蔵のランチブッフェについては、このページに詳しい。
90分で交代制、ライブクッキングによる150種類の料理ブッフェとのこと。
【平 日】大人/¥3,780 小学生/¥2,640(7/1~シニア同料金)幼児/¥750
【土日祝】大人/¥4,280 小学生/¥2,990(7/1~シニア同料金)幼児/¥850
(75歳以上の人は証明書を提示すれば、大人料金の三割引きとなるらしい、おばあさん、おじいさんを連れてきてあげるのに良いと思う)

お店の人に、「予約してから来た方が良いですか?」と聞くと、「土日祭日は、必ず予約してからいらしてください」とのこと。
私たちは、1時15分からの会で予約してあった。(その15分くらい前に到着したのだが、予約客なのだろうか、たくさんの人が、1回目の席が整えられるのを待っていた。)


d0063149_16115961.jpg

窓から見える景色は、下の画像、下段から見てください。
近くに戦争時の本堂と五重塔が見え、遠くにスカイツリーが見える。(スカイツリーは肉眼ではもっと近くに見える)

下の画像で、一番手前が、ビューホテルの国際通りを挟んで建てられたホテル京阪、その後ろが昨年だったか、東京で最後のフィルム上映の映画館を取り壊した空き地、その先が、JRAの場外馬券売り場の大きな建物、その左側が「花やしき」という遊園地。
JRAと浅草寺の間に、大きな工事現場が見えて、再開発が進んでいるのが良くわかった。
そのうち、ビューホテル26階から浅草寺も見えなくなるかも。
d0063149_15455188.jpg
武蔵の客席はこんな感じで明るい、夜もスカイツリーが見えて夜景が素敵だと思う。

d0063149_16072956.jpg

席と料理が並べられているブッフェの関係は、ビューホテルの「スカイグリルブッフェ 武藏」のページの中にある「お席のご案内」がわかりやすい。

ライブクッキングによるコンチネンタルブッフェ」とうたっているように、コック帽を被ったコックコートの人たちがたくさんいて、その場で料理を作って出しているものが多いのが特徴。

入口から入っていくと、まずは、洋菓子のデザートが並んでいた。
そこを曲がると、下の画像右側のサラダコーナーになり、その先には、下の画像左側のなぜか、かけるたれの種類が多い冷やし中華のコーナーになった。
クッキングによるコンチネンタルブッフェ
d0063149_15455730.jpg
その先にあったものを私はサラダバーと勘違いしたのだが、実は、野菜のしゃぶしゃぶのコーナーであった、新しい!
好きな野菜をお皿に取り、手前の熱いスープと思われるお鍋の中でそれらの野菜をしゃぶしゃぶしてから、再度お皿に取り、座席に持って行くよう。

下の画像、下側の画像は、このブッフェ、最高の人気、西洋料理コーナーの一部である各種グリルのお肉コーナーで、一番人気は、ロースと赤身の焼きたての分厚いステーキを切ったもの。
ここは、本当に人気があり、最初の1時間くらいは、並んでいる人たちで二重の列ができていた。(でも、見ていると、最後30分くらいは、たっぷりの料理が並んでいるのに、人は少なかった。)
1時間半のうち、最初あまり混んでいないうちに並ぶか、最後に並ぶのが良いと思う。
d0063149_15460399.jpg
色々な料理がたくさん並んで不満はなかったが、後から考えると、「(お稲荷さんと巻きずし2種くらいはあったが)にぎり寿司、お蕎麦とかうどん」がなかったかなと思う。(ただ、こういうメニューは季節によって変わる可能性あり)

飲み物は、アルコール類が全て有料の別注文ながら、子供向けのファミレスにあるソフトドリンクの機械や大人向けのコーヒー・紅茶なぞは、そろっていた。
デザートも、洋菓子系のほか、和風の甘みも用意されていた。
あとは、私が食べたもので解説。

[PR]
by mw17mw | 2018-08-09 13:29 | 合羽橋の食と飲食店 | Comments(0)
昨日、夕方のニュースを見ていたら、上野松坂屋の半期に一度の「食品大特価市」が昨日から始まったとのことで、その様子を流していた。

去年もそれを見て、「いかねば」と出かけたが、今年も自転車に乗って行ってしまった。(笑)

この「食品大特価市」に私が期待するものは、「タケサンの生搾り醤油 720ml」。
数年前、720mlが300円台で売られているのを何本か買って、その次の日、もっと買おうと思って行ったら、やはり、この安値は静かに有名らしくて、売り切れており、それ以上手に入らなかった。
その後は、この催しものを見逃していたり、忙しくて、買いに行けなかった理でご無沙汰していた。

で、昨年、テレビの夕方のニュースで開催を知って、行ったのだが、タケサンさん、売り方を変え、今までのように醤油1本単位で売ることをやめ、醤油3本、白だし1本、だし醤油1本のギフトセットで売っていたのだ。

d0063149_09355126.jpg
d0063149_09355395.jpg
うへ~、白だしとだし醤油は欲しくないと思って、去年は見送ったのだ。
それでも、確か、1本300円台だったと思う。

今年は、にんべんのつゆの素も使うことになったし、白だしもいろいろなレシピに出てくるので、使えそうな気がして、今年もギフトセット販売でも、買ってみようという気で出かけた。
で、また、今年もギフト販売だったので、一つ購入、税込み1620円。
一本324円?
バラで売ってくれれば、お醤油だけ6本とか一ダース買うのに、おまけに余分が2本もついてくると、一人では、1ケースお醤油3本が精いっぱい。

白だしとだし醤油がどんなものかは、追々試すつもり、美味しいと良いのだけれど。(だから、きっと私の評価は3か月後とか、半年後になると思う)

d0063149_09364553.jpg
今、このお醤油の値段を調べていたら、Amazonは品切れで、楽天では1094円+送料とのこと。(白だしとかだし醤油はそんなに高いものではないみたいだ)

白だしやだし醤油を使ってくれる人がいたら、それをプレゼントして、2ケース買うのも良いなとは思うのだが、うん、買い過ぎないようにしなくては。
それにね、良いお醤油を買っても、こちらが落ち着いた生活していないと味はわからないし、深追いはやめよう。

ところで、今年は、会場に5時半頃かな、着いたら、入場制限が行われていて、ずらっと人が並んでいたので、びっくり。
今まで、こんな入場制限は見たことがなかった。

入場まで30分はかかるといわれたその列に加わって、見ていると、5分ごとに10組とか20組の人を会場に誘導していたので、私が入場するまで20分くらいだったかな?

会場に入ってもすごい人、私は、すぐにギフトセットの前に行ったので、お醤油セットを取った後、カートを押しながら、行けるところには行ってみたが、ゆっくり見るのは無理なので、すぐに、精算の方に行ってしまった。

その時に立っていた店員さんに、「例えば、午前中に来れば、空いていますかね?」と聞いたら、「今日は、初日とのことと明日は台風で出かけられないという予想が重なって、こんなに混んでしまいました。普通の日だったら、午後7時頃だったら、すごく空いています」とのことであった。

さて、精算の方も20箇所の精算コーナーがあるのだけれど、混んでいて、案内の人に従い、呼ばれるまで待つことになった。
それでも精算の順番を待っている人は、皆カートに沢山の品物を入れて、満足げな表情の人が多かった。
で、自分の分になると、「お送りですか、お持ち帰りですか?」と聞かれた。
宅急便で送る人も相当いるみたい、ざっと見た感じ、そんなにすごく安いという感じもしなかったけれどね。

ま、私は何どもこの催しものに来たことがあるが、結構買うものがない、でも、何か安くてお買い得がないか探すのが好き、また、そのうち、行ってみるかな。

[PR]
by mw17mw | 2018-08-08 10:47 | 食材・食材のお店 | Comments(0)
私のような美容に疎い者が、こういう情報を載せても、既に皆様がご存知のことかも知れないけれど、載せる。

もう半年くらい前になるのだろうか、中居正弘さん司会の番組で、いろいろな専門家が推薦する商品の紹介を特集していた。

その時に、パーツモデルというのだろうか、サラサラの髪の毛を保ってその髪の毛だけシャンプーのCMなどで撮影に応じているモデルの人が、「コンビニで売っているシャンプーを実際使っていて、おすすめ」と、花王のキュレルを紹介したのだ。
実際にその人は、キュレルを使っているほか、洗ったら、すぐに低温のドライヤーで髪の毛を乾かしたり、それは髪の毛のプロとして、シャンプーにこだわるだけで終わらない手入れをしていたから、その人のセミロングの髪の毛はとてもきれい。

それを見て、私も、ずっと、そのキュレルのシャンプーを使いたかったのだが、その時、私は、ちょうどラックスの詰め替え用のシャンプーが特段安かったので、たくさん買ったばかりだったのだ。

仕方がないから、そのラックスが終わるのを待って、ひたすら使っていたら、とうとう今月の初め、終わったのだ~、半年くらいかかったかな。
で、無事、キュレルのシャンプーを買ってきて、使ってみたが、とても具合が良い。

d0063149_18335280.jpg
ラックスだって、安くないし、悪くないシャンプーと思ってずっと長年使っていたが、ラックスのシャンプーでは、私の髪の毛は、毛が細く、洗って乾かすと、ふわっとなりやすい、また、そのまま自転車に乗ったり、風が強いときなぞ、髪の毛膨らんで、ボサボサになりやすいのが悩みだった。

しかし、キュレルだと、一本いっぽんの毛が薄っすら何かでコーティングされ、適度に重さが加えられているのではないかと思う。

ただ、今のところ、誰にも「髪の毛、きれいになった」といわれたことがなく、自己満足にすぎないのだけれど、 髪の毛が落ち着いて、本人はとても満足。

しかし、最近、テレビのドラマを見ていると、本当に若い人たちの髪の毛がきれい。
特に先日見たヒモメンドラマは、特に出演者全員の髪の毛のきれいさに気を遣っているみたい。
そのきれいさを見ていたら、キュレルのコンディショナーまでつかえば、あのくらいきれいな髪の毛になるのかなと、興味が湧いている。

で、このブログで紹介しようと「花王 キュレル」で検索したら、現在8月末まで、キュレルの商品プレゼントキャンペーン中であったので、ご紹介。(というか、私も応募して、コンディショナーを使ってみたい。)

キュレルって、シャンプーだけではなく、全身色々なところの商品を出しているみたい。
確か、テレビで見ていた時、中居正広さんが、「僕、ボディシャンプーはキュレル」と言っていたっけ。
(補足:多慶屋でキュレルのシャンプー・コンディショナー発見、ドラッグストアよりほんのちょっと安いみたい)

[PR]
by mw17mw | 2018-08-07 14:00 | 日常生活 | Comments(0)