天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

<   2018年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

もち麦で人間性復活(笑)

まだまとめきれないのだが、もち麦のダイエット効果は相当凄いと思っている。
だったら、痩せたのかというと、やはりここ6か月以上、糖質を制限するという生活をして、10kgは痩せたので、それ以上やせようというより、もち麦効果を利用して、私の食生活に今の体重を維持しながら、糖質を少しずつ取り戻すことにしたのは、自然な成り行きだと思う。
そうそう、糖質を少し食べるようになっても太らないのは、もち麦効果だけではなく、「胃が小さくなったのか、軽い夕食で満足できるようになったことも大きい。(最後、ちょっと物足りないと思う時にオリゴ糖入りのヨーグルトを200g食べて、物足りなさをごまかしてしまう。

朝夕もち麦を食事に取り込んで、らんちで糖質を摂ることが多くなった。(次の朝、体重が増えていたら、次の日の食事は調整する。)
例えば、久々、餃子の王将で「ジャストサイズメニュー」でランチしてしまった。

d0063149_18273375.jpg
これだと、一品あたりの量が少ないので、2、3種類を好みで選べて、楽しい。

復活の初回王将は、餃子3つと揚げそばのジャストサイズメニュー。(というのは、ジャストサイズメニューには焼きそばがなくて、何故か揚げそばのみ)
日曜のお昼だったので、生ビールを飲みたかったが、揚げそばの糖質がすごそうだったので、アルコールは、ウーロンハイにした。
で、結果、体重は少し増えたかな?

d0063149_18273079.jpg

2回目は、やはり糖質メインの料理は良くないと反省し、餃子3つとジャストサイズメニューの小さなニラレバにして、糖質を減らした分、アルコールは、生ビールの中ジョッキに。

d0063149_18272715.jpg
どう見ても、初回の方がダイエット的に良くないと思う人が多いと予想するが、実は初回の方がダイエット的にはよいメニューだったと思う。
というのは、2回目の食事は絶対的な量が足りなくて、ついつい、夕食まで我慢ができなくて、おいなりさんとか余計な間食をしてしまった。
2回目のメニューで行くのなら、ニラレバを普通の量にすべきだったと思うし、ハーフサイズのおかずだったら、おかずを食べながら、小ライスを食べても良かったかも。
やはり、ダイエットの時は、間食に手が伸びないような食事をすることも大切と思った。

この前、アキバの東芝PC工房にPCを出しに行った帰り、疲れて、コーヒーでも飲むかとドトールに入ったら、ミラノサンドが目に入って、「たまには」と思って、たべてしまった。

d0063149_07584395.jpg
実際に食べてみたら、「ハムとかソーセージがペラペラ」で、不味くはないけれど、ハムとかの味がしないで、ちょっとがっかり。
しかし、こういうバゲットをこんなにたくさん食べるのもひさしぶり。
これだけでは、ランチとしては足りないので、家に帰ってから、100gくらいの牛肉ともやしを焼いて食べた。
このたべかたは体重に影響がなかった。

ということで、まだまだ、私の太らないように気をつけながら、あわよくば痩せることも目指しながら、「糖質を食事に取り戻す(=人間性復活)実験」は続くよ。

[PR]
by mw17mw | 2018-07-31 21:37 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)
先日、うちのにゃんこがしらすを好きだということで、獣医さんに「食べても大丈夫か」と聞きに行ったり、大騒ぎをしたのに、もう、彼女の大好物が変わってしまった。
というのは、私がダイエットのため、夕飯を軽くしようと、きゅうりとわかめと生のホタテ貝柱の酢の物をたべるようになっていたのだ。
で、以前、猫を飼っている近所の知り合いから、そこの猫がホタテが大好物で目がないと聞いたことがあったので、うちの子にも試しにあげてみたら、あっという間に、一番好きなものになってしまった。

それだけなら、ま~普通なのだが、ホタテと同時にカリカリを出すと、音を立ててカリカリを食べていることをアピールしたのにはびっくり。
どうも、最近、私が夕飯にカリカリだけを先に出して、それを半分くらい食べたら、他の好物も出すようにしていたことへの「彼女なりのアンサー」のように見えた。

まるで、「ほら、私の大好物と一緒にカリカリを出せば、私だって、ちゃんとカリカリ食べるのよ、わかった?」と言っているみたい。(笑)
まさか、ニャンコがこのようなアンサーを送って来るなんて想像もしなかった。
ギャフンと言おうか、この子って、食べ物に関して、コミュ二ケーション能力抜群で、こういうところが可愛いく、「さすが、私のところに来るべきして来たにゃんこ」と思う。

(でもね、猫って全く優秀ではないし、人間様に気を遣わないのが普通でしかも気まぐれ、しかも自分に有利なことしかしないから、最初のうち、ホタテと一緒に出したカリカリ、義理で少し食べたが、慣れてくると、やはり、カリカリを残すようになった。ま~でも最終、真夜中におなかがすいたときに、他に食べるものがないから、カリカリを仕方なく食べているようなので、許す)

ホタテの貝柱の生、結構高いのに、先日、鳥越のココスナカムラというスーパーで特売で、冷凍のホタテをいつもの半分とか1/3の値段で売ってくれたのだ。(大きさはやはり、通常販売の時よりちょっと小ぶりだが、猫には十分)

d0063149_18271867.jpg
「ココス様、ありがとうございます」と思ったのは私だけなのだが、猫は気まぐれだし飽きっぽいので、2パック26個だけ購入して、冷凍保存した。
毎日1個ずつ解凍して、細かく刻んで、4回くらいに分けてあげているのだが、もう、ホタテの匂いがするだけで、ささっとおしりを振りながら、張り切って現れる姿が可愛い。(にゃんこは値段に限らず、「毎日、出して」と行動するだけ、あまりに美味しそうに欲しがるので、私はホタテを食べるのをやめてしまった<笑>)

最近のにゃんちゃん、やはり、ちょっと年を取ってしまった。。。
d0063149_15504795.jpg
<暑さには汲み立ての水道水が一番らしい>
他に最近暑いので、氷水を入れた魔法びんを枕元に置いておいて、朝寝起きに飲んだりしたのだが、ある朝、ニャンにも少し汲み置きの魔法瓶のお水を分けて、彼女の水飲み皿に入れたら、飲む体制には入ったのだが、ふんふんと臭いを嗅いだ後、その体勢のまま、私を睨みうけえ、低い啼き声で、「にゃ~ん」と不機嫌そうに意思表明。
私が起き出して、水道水と交換するまで、ずっと同じ姿勢で、水を飲まずに、恨みがましい表情で、「これはだめ」と私に不満を表していた。
そして、汲み立ての水道水に替えたら、文句がないみたいで、静かに飲み出した。
以前、ニャンコのお水には、汲みたての水道水が一番と聞いた事があるが、本当であった。
(ちょっと前の水道水と、汲み立ての水道水が並んでいると、必ず新しい方を飲む、ま、安上がりで良いのだが)

それにしても、にゃんこがお水を飲むところを観察すると、何度もお水の入ったお皿に小さな舌を突っ込んではお水を自分の口に運ぶので、乾きが収まるまで時間がかかる。

春から冬の毛がたくさん抜けて、今や、夏用薄毛モードであることが良くわかる。
d0063149_15505400.jpg
その飲み方の非効率性に、「こりゃ、戦闘に向かない動物だわい」と思ってしまう。
ま、ライオンも虎も同じ飲み方だけれど、やはり、喉を潤す間、襲われやすい風に見える。

[PR]
by mw17mw | 2018-07-30 16:09 | | Comments(2)
あ〜、さめざめ、なんだか今年は色々なものが壊れて、おまけに、わけのわからない状態に巻き込まれることが多くて、困惑気味。

実は7月初めにAmazonで購入したiPad用のキーボード付きケースのキーボードの調子が悪い。
最初1週間使った後、1週間使わないで置いておいたのだ。
そうして、1週間ぶりに使ったら、nとbのキーを押しても反応なし。

で、購入履歴から、販売元に連絡したら、私に配送した時期の商品について、クレームが多く、調査した結果、リコールを宣言しますと連絡があったのだ。
中国の住所がおくられてきて、ここに不具合の商品を送り返せるか、また、送料を教えてくれたら、向こうが負担すること。当方が送った商品が中国に届いたら正常なキーボードを送ってくれるとのこと。j

なんだかな〜、評判が良い商品だったので、気楽に試しに買っただけなのに、じつは、日本に出張所もない中国企業だから、リコールの送り先が中国になってしまうのだ!

そのメールが来たのが、金曜日だったので、放ったらかしにしてあるのだけれど、明日、郵便局や宅急便屋さんに商品を持って行って、中国の深圳までの料金を聞きに行かなくてはいけないのかしら?

郵送料を返してくれるとのことだけれど、私の口座番号を教えるのかな?

日本でリコールの連絡があった経験は一度あるのだけれど、その時は、メーカーが宅急便屋さんに依頼して、正常な商品を届けがてら、リコール商品を取りに来てくれた。

まさか、こんな国際的といえば言えるのだけれど、国をまたがるリコールに巻き込まれるとは、想像したこともなかった、それが想像できていたら、この商品を買わなかったと思う。

そう考えると、Amazonに返品してしまおうか!と、悩んでいる。

明日、送料を調べるだけ調べて、その連絡の際、Amazonへの返品も聞いてみようかな?



[PR]
by mw17mw | 2018-07-29 19:07 | 日常生活 | Comments(0)
昨日、味農家さんの前を通ったら、お休みなのか、店の前がすっきりしていて、ランチ情報の貼り紙が目立っていたので、パチリ。


d0063149_07550705.jpg
「たっぷり野菜に土鍋ごはん」なのだって。画像を見ると、量もたっぷりで美味しそう。何と言っても、野菜料理専門店だものね。
ご飯のおかずになるものがあるかないかが、私には問題。(結構、動物性タンパク質でご飯を食べるタイプなので)

d0063149_07551307.jpg

QRコードを読み込めなかったので、家に戻って、Lineで「味農家」で検索、お友だち登録をしたら、ランチのある日にはLineで内容を教えてくれるみたい。予約したほうが良いかはまだわからない、ただ、席が10席くらいのお店なので、どうなのだろう?
[PR]
by mw17mw | 2018-07-29 09:04 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

カルピス

実は話せば長いことながら、パソコンのトラブルがずっと続いていたところを騙しだまし使っていたのだが、とうとう昨日起動がおかしくなって立ち上がらなくなってしまい、今日、ついに修理に出してしまった。
で、まだ、iPadで画像の処理ができず、弟のPCが借りられない時は話題が限られる。土日はPCを借りられないので、昨日、画像を記事の下書きにはりつけておいたものを利用して書くから、簡単な話題になる。

今、外壁工事のため、2台ある飲料水の自販機を一時外しているので、たまにスーパーで飲料水を買うようになった。

d0063149_18270014.jpg

そうしたら、普通のカルピスウォーターが75円のところ、125円のカラダカルピスというものを発見。
「乳酸菌が体脂肪を減らす」が売り物らしいが....。
(こういう効果って、毎日続けないと効果出ないよね?)
私を動かすのはその特徴ではなく、カラダカルピスの方が、100mlあたり、炭水化物(=糖質)が、たったの4gであること。
それに対して、普通のカルピスは、100mlで炭水化物が11g....ということは、500mlで55gだって。余りに大きな糖質の数字ににびっくり。
d0063149_18270570.jpg

私は、500ccを一度に飲むことはなく、500cc一本を冷蔵庫に保管しておいて、4、5日かけて飲むのだが、それでも、トータル55gという数字は、糖質制限を半年以上頑張っている身には怖い。

味は、普通のカルピスウォーターの方が美味しいとは思うのだが、ほんのちょっと我慢。(今、テレビから、糖類0のリポビタンDのCMの音が流れてきた。今や、売れ筋なのだ)

[PR]
by mw17mw | 2018-07-28 17:26 | 食材・食材のお店 | Comments(0)
今日は、お昼から、銀行に寄った後、ウサギさんに教えていただいたタチバナ製麺所で500gのおそばを買いに行った。
最初のころ、茹で時間が私に合わなくて、そんなにすごく美味しいと感じなかったのだが、自分に合っている茹で時間を見つけてから、とても気に入って、今日で買うのは3回目。
私の場合、一食100gだから、一食60円で、これくらい美味しかったら、すごく満足。
氷水できりりと冷やして食べる。

それで、竹町の交差点近くにある朝日信金に寄った後、清洲橋通りの一つ手前の路地を北に進んだのだが、田中食堂に、「準備中」の札と白い紙が見えて、不吉な予感。


d0063149_15311983.jpg

近寄ってみると、まさしく、今日で100年以上の歴史のお店を閉店というお知らせであった。

d0063149_15311169.jpg

ずっと「たらこ定食」を一度は食べなくてはと思っていたのに、ついつい、糖質制限なぞを始めてしまったから、頭の中から、そのことが抜けてしまった。
またまた、いつまでもずっとあると思うな!飲食店だわ。

d0063149_15310708.jpg

d0063149_15310319.jpg
お店の方々、お疲れさまでした。

鳥越おかず横丁 味農家(みのや) >
昨晩、Kuramae-Aさんとメールをやり取りしていて、家の近所の和食のお店を思い出していた。
そうだ、Kuramae-Aさんは、まだ、味農家に行っていないのだけれど、それは、今は、夜6千円のコースしかなくなっていて、それだと、試しでは入りずらいからだと思う。

と思って、久々、味農家のHPを見たら、Informationで、「7.7 ランチ始めます」と書いてあるではないか。
それは願ったり叶ったりなので、自転車に乗って見に行ってきた。
野菜200gのランチなのだって。

d0063149_15311558.jpg
月火木金だけで、千円、これは行かなくては。
以前から味農家でランチをやらないかしらと思っていたけれど、とうとう。
ただ、千円だと、どんな感じになるのだろう?
誰かを連れていきたいときは、1500円とか2000円のランチがもう一種類あると嬉しいな。

[PR]
by mw17mw | 2018-07-27 15:52 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)
おはようございます。
突然でびっくりされるかも知れませんが、ブログのデザインを変更しました。

というのは、昨日から、いつもの猫4匹のデザインだと、右側のカテゴリやコメントが表示される列が表示されなくなってしまいました。
直したいのですが、私には技術がなく、Exciteブログのサポートを探したのですが、個別のトラブルを受け付けてくれるメルアドも見つかりませんでした。
これ以上時間をかけるのももったいないので、とりあえず、exciteブログではスキンと読んでいるブログのデザインを変更してみたら、一つ、ちゃんと表示されるものがみつかりました。

これからも猫の表紙に戻りたいとは思いますが、問題が解決するまでは、新しい「アウトドア」という表紙で頑張ろうと思います。
どなたか、このようなトラブルの解決法とか、exciteへのメールでの相談アドレスご存知でしたら、是非教えてください。

[PR]
by mw17mw | 2018-07-27 09:37 | 日常生活 | Comments(0)
私は、今、火曜日の午前中、浅草観音裏に卓球を習いに行っている。
お昼を食べようと思えば、食べられるので、これで、「観音裏に詳しくなれる」と思ったのだが、現実は厳しかった。
観音裏のお店は、結構火曜日定休のお店が多いのだ。(涙)

さて、その話はあとでするとして、この前の火曜日、卓球に行きがてら撮った竹松さんの張り紙の画像をご紹介。
今度の土曜日の隅田川花火大会の予約のメニューだが、全種類必要な数だけ注文できるところの心意気がすごいと思う。
こんなの、最後面倒くさくなって、盛り合わせになりやすいのにね、ここらへんも人気の高い一因かしらね。

また、申し込みがその週の火曜日までで、当然だが前払い料金。
今度の土曜日は台風が来るかもと言われているけれど、どうか、良い天気でありますように。

d0063149_11203346.jpg

こちらは、その下に貼ってあった、4日か5日に一度のレバからあげカレンダー。
何時から売っているか今度聞いてみよう。

d0063149_11203748.jpg

竹松さんで写真を撮った後、いつも通らない路地裏を通ったら、カレーの専門店である「うんすけ」というお店を発見。
全然知らなかった。
「民藝 咖リ定食」牛すじ、小鉢で千円 「ココナッツチキンカレー」800円、「おばあちゃん家定食三品汁飯」千円、「ひよこ豆キーマカレー」800円とのこと。
わ、帰りはここで食べようと思ったのだけれど、お昼過ぎに通りかかったら、Closedの札が外れていない。
家に帰って食べログを調べたら、定休日は不定休とあるものの、営業時間を見たら、火曜日だけ時間が載っていない、ということは、実質、火曜日は定休のお店?

d0063149_11204166.jpg

仕方がないので、その近所の居酒屋さんで刺身定食を食べてきた。
まあね、浅草観音裏って、こういうカレー屋さんが他に思い浮かばず、だったら、何とか壱番屋でもいいやと思っても、そういうチェーン店が全然ないところが特徴。
築地魚河岸のどこかの経営と書いてあったが、お刺身も冴えなかったし、サービスかも知れないけれど、小鉢として、冷ややっこと生揚げの煮たものが並んで出てくるのは、悪くはないけれど、変なのと思ったので、お店の名前は出さない。

d0063149_11204824.jpg

以前、二度ほど行ったことのある「浅草豆花大王」という台湾スイーツのお店もこの近くだと思って探したら、火曜日は定休日で閉まっていた。(涙)(今検索していたら、「台湾定番スイーツ「豆花」を都内3店舗で食べ比べてみた」という記事が出てきて、面白そう)
他、タンテという新しいカフェも良さそうなのだが、ここも火曜日定休。(涙)
他、釜飯のむつみも、水曜は毎週、火曜は隔週休みで利用しにくい。
でも、むつみのお昼のランチは相当安いらしい、気候が落ち着いたら、一度は行ってみたい。

[PR]
by mw17mw | 2018-07-26 16:26 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)
今日は過ごしやすいけれど、昨日まで猛暑が続き、何ていうのだろう、昼間起きて動いているのが精いっぱいで、どうも夕食を食べた後で、暑さに耐えた疲れが出るのか、昨晩は、素直に早く眠ってしまって、ブログが書けなかった、ごめんなさい。

---本題です---

先日、テレビで、内臓脂肪を減らしたいのなら、もち麦が良いと、言っていた。
もち麦というのは、「お米にもうるち米ともち米があるように、麦にも、含まれるデンプンに粘り気が少ないうるち性(粳性)の品種のものと、粘り気が多いもち性(糯性)の品種があり、もち性のハダカムギはもち麦と呼ばれる」とのこと。

暑くなってきて、熱いココナッツオイル入りコーヒーは嫌ではないけれど、できたら、飲みたくないとは思うので、もち麦を試している。

テレビでは、白米7に対してもち麦3を足して炊くとか、もち麦だけを茹でて使う方法を紹介していたが、味とか食感なぞ、白米に混ぜても、もちっとしているのか、余り違和感は感じない。
押し麦なぞは、つるっとした食感だけれど、もち麦はそれ程つるっとしておらず、うるち米になじむ感じだし、味的にもそんなに自分を主張しない。
結構美味しいし、五穀米を混ぜたものとか、玄米を炊いたものに比べると、一番、難が少なくて食べやすいかも。

テレビで色々言っていたが、だったら、毎日どれだけ食べれば良いのかは教えてくれなかった。
でも、ま、だいたいは、朝と晩にもち麦を食べると良いという感じの紹介で、「もち麦は、白米7に対してもち麦3で炊いたものを食べるか、テレビで見る限り、朝40gの茹でたもち麦のスープ等を飲むとか」だった。

で、私は、下の画像のはくばくの50g単位で12本入っているもち麦を買ってきたのだが、この袋の裏に、白米1合に対して、もち麦50gのレシピが載っていたので、それ通りに炊飯器で2合の白米+100gのもち麦で炊いた。
テレビの番組では、慣れないうちは、7:3の30%もち麦ご飯から初めて、最終的には、5:5の半分もち麦ご飯を勧めている。
その点、このはくばく風は、3:1だから、25%もち麦ご飯。
25%と30%でどの程度効能が違うのか?

このはくばく風のもち麦25%のご飯は、試しに一度だけ炊いて、全部食べ終わった。
私は、今、白米も玄米ももち麦も持っている状態なので、今後、当分、白米:玄米*もち麦を1:1:1でご飯を炊こうかなと思っている。

d0063149_08521143.jpg

と言いながら、もち麦に凝ろうとした前に、玄米だけとか、玄米+白米で炊いて小分けしたごはんがまだまだ冷凍庫にあるので、実は、当分、もち麦を入れたご飯は炊けないのだ。

当分は、Cookpadを参考にした、茹でたもち麦を常備し、冷凍してあるもち麦の入っていないご飯に混ぜて、食べることにした。
この茹でたもち麦は、飽きたら、スープの素とお肉とキャベツの刻んだものと一緒に茹でて味を調えれば、もち麦スープになるし、40gをチンして温めてから、塩鮭の焼いたものをほぐしたもの、三つ葉とか海苔を刻んだものと一緒にお茶とかお湯をかけて、塩で味を調えてお茶漬けにして食べるのも美味しい。(晩御飯のしめは、最近、もち麦スープか、もち麦お茶漬け、というのは、ま、もち麦だけを食べた方がカロリー的に良いし、もち麦は水分と一緒に取ってこそ価値があるとのことだから)

あ、そうそう、茹で方は、もち麦100gに対して水400㏄を加えて、一時間浸しておいた後、火にかけて、15~20分水が殆どなくなるまで煮て、火を消したら、ふたをしたまま、殆ど冷めるまで放置しておく。
(もち麦は、無洗麦にして売られているらしいので、洗う必要がないみたい)

明日また書くが、テレビによると、朝もち麦を食べておくと、昼間、糖質を食べても、そのもち麦が糖質を吸収して体外に出してくれるとか。
万能ではないし、お昼に食べる糖質の量をたくさん食べると、無理と感じるときはあるけれど、やはり、もち麦を食べておくと、糖質をある程度食べても、体重に影響がないと実感している。

それと、これは、もち麦のおかげかどうか、不明だけれど、起きて30分以内に食べる糖質は体は糖質として扱わないとか何かに書いてあったと思うのだが、朝、スーパーで買ってきた大きなピザパイ一切れを朝3日続けて食べたり、今は、バナナジュースを朝いちばんで作って飲んだりしているけれど、それが体重に反映しないのが不思議。


d0063149_08521690.jpg


[PR]
by mw17mw | 2018-07-25 17:17 | ダイエット・健康 | Comments(0)
先日、広島Iさんと和敬塾本館見学に行ったとき、どうせ、目白に行くのなら、学習院大学の構内を見物したいと、広島Iさんに提案したら、受け入れてくれて、しかも、守衛さんのところで、「見学に来ました」と名前を名簿に書けば、入れることを調べてくださった。(それは先日の立教大学もそうなのだって)
というのは、先日、明治神宮横の馬場を初めて知ったとき、色々調べたら、都内には、もう一つ学習院大学の構内に馬場があったので、それを見たいと思ったのだ。

11時半くらいに待ち合わせて、志むらで、かき氷とおにぎりを注文して食べたら、もちろん、ファーストフードのお店のようにテキパキ出てくるわけではないので、結構時間がかかってしまい、学習院は、和敬塾見学が終わってからにすることにした。

だったら、中途半端な時間が余ったので、バスに乗って、和敬塾の最寄りの停留所より一つ手前の日本女子大学の前で降りて、日本女子大を軽く見学しましょうということになった。

日本女子大学キャンパス>
ポン女の周囲は何度か通ったことがあったのだけれど、外から見ると、明治時代に作られたような講堂が見えるだけで、大学の周囲に飲食店等が全然ない環境のとても小さな地味な大学という印象であった。(わ、女性だけの大学だし、ここに入ったら授業をさぼるのに使える喫茶店も全くなく、つまらなそうと思っていた)
で、広島Iさんが守衛室に見学を申し込んでくださって、中に入ることができた。
私としては、古い古い戦前の講堂、それは、木造で、上野の山の奏楽堂のように、日本人の体形が今より小さかった日本人の体形に合わせて設計されている。
名前を成瀬記念講堂と言い、正門の右側にあるのだけれど、それを広島Iさんに見せたかったのに、現在、何だか工事中で、見ることができない状態であった。
その工事近くにいる人に聞いたら、「耐震工事をしているだけ」とのことで、決して解体工事ではないらしいので安心。
何だか、ポン女のシンボル的存在の講堂だから。

d0063149_16154542.jpg

他、守衛室の近くに、もう一つ、完全な木造の和館があったけれど、これはもしかして、創立者の成瀬仁蔵さんの生前の住居かな?
こんな学園内に住居があったとしたら、本当に人生全てをポン女と女子教育に捧げていたことが良く分かる。

d0063149_16145050.jpg

また、目白台って、真ん中の道路を中央にした馬の背のような細い台地で、そこから両サイドとも、なだらかに斜面が落ちていき、北側の一番底の谷が不忍通り(しのばずどおり)で、不忍通りを渡ったところから、また、上る斜面が雑司ヶ谷方面に伸びていることがわかる。(南側の谷は神田川かな?)
ポン女の敷地の真ん中くらいから、不忍通りの方が見渡せるところがあり、以前、私が散歩中に不忍通りから雑司ヶ谷にかけての土地に見つけた「今は使わなくなった、昔のポン女の学生寮が立っている敷地」らしきものが遠くの上り斜面に見えた。(ポン女って、学生寮の敷地まで含めたら、結構広大な広さの大学のよう。)

今は時代が変わったけれど、ポン女は、日本で初めての女子大だし、地方の進んだ家庭の子女やお母さんがポン女出身の人は、娘もポン女で教育を受けさせたいと思ったのだろうが、その頃、東京に親戚がなかったら、それは無理になってしまうので、学校の反対側の森を切り開いて学生寮を作ったのかも。
それがいつのものか、良くわからないのだけれど、4,5階建てのエレベーターもなさそうな細長い建物が多かったから、きっと、戦後のものではないかと思う。
でも、今はまるで使われていなくて、さび付いたような建物がところどころに見える敷地。

そのあと、学生の集会所のようなビルがあったので、そこに足を踏み入れたら、地下が学食、一階がカフェやコンビニ、旅行代理店、二階が文房具等を売っているお店が二店入っていた。

d0063149_16152629.jpg
一店は、目白通りを挟んだ反対側にある日本女子大付属豊明小学校と幼稚園関連のグッズを扱っている桜楓会という日本女子大卒業生の会が運営するお店であった。
色々なものを売っていたが、「国語帳」「算数帳」「理科帳」「社会帳」「日記帳」だの、普通の公立小学校の生徒だったら、カラーの写真がついた色々な魅力的なノートを使うのに、こちらでは、本当に大学ノートを使いやすくしたような地味なノートだけを売っていたが、生徒は皆逆らわずに他所のお店で他のノートを買わずに、こちらのノートを使っているのだろうか?(勿論、低学年用は、「こくごちょう」「さんすうちょう」などなど)
他、学校で使うものや、子供用のレインコートなぞ、よそでは中々扱っていないものが並んでいた。
私は、友達にポン女卒業の人はいないのだけれど、お母さんがポン女というお友達が一人いて、そのお母さんは、普通の主婦だったけれど、趣味も広く、お話も面白いし、だれに対しても寛容な素敵な人であった。
後、何度も書くけれど、我が家のお墓は成瀬仁蔵さんのお墓の近くなので、命日にポン女の制服を着た生徒さんたちが先生に連れられてお参りに来た時に遭遇したことがあって、皆、身なりがきちんとしていて、髪の毛の長い人はきちんとおさげにして、自分の番が来るまで、誰も私語を発しないで、きれいな姿勢で静かに並んで待っていたのを見たことがあって、私の中の日本女子大への印象はとても良い。
この学校の「小さな淑女のような女の子たち」は、日本女子大学という環境で自然にこぎれいに身支度を整え、周りの迷惑になることに気を遣い、人や物を大切にする精神が養われていくのかと思った。

あ、そうそう、その卒業生のお店に、東京の老舗が予約注文を受ける日本女子大向けのお菓子なぞが結構並んでいたが、皆、そういう老舗のお嬢さんたちも日本女子大に入るのかな?

学習院大学のキャンパス>
こちらはのんきに、和敬塾の見学会が終わった後、目白駅に行くバスに乗って、目白駅の一つ手前、確か、目白警察署前で降りたら、そこが学習院の正門で、「見学したいのですが」と言ったら、「見学は、全て4時に終了することになっており、今、3時50分です」と言われてしまった。(笑)
そうか、どうやって入るかは気にしていたけれど、時間に制限があるなんて、二人の頭にはまるで浮かんでいなかった。
でも、どうせなら、10分でも中に入りたいと、無理をお願いして、入れてもらった。
(それに、「馬場に行きたい」と守衛さんに行ったら、「今は、馬場は見学禁止です」と言われてしまい、それだったら、見る時間少なくても大丈夫と思ったのだ。)

だから、ほんの5分、折り返してきた。
外から見たものは、大きな現代的な高いビルと、きっと戦前からの洋館だろう白い建物なぞが入り組んで存在している。

d0063149_16160652.jpg

後、学習院は目白に明治41年(1908年)に移転したとのことだから、この地で110年の歴史があるだけあって、立派な木が多かった。
その中で面白かったのは、下左の画像は、朽ちて倒れた木を横にし、そこに新しい木を接ぎ木したのか、朽ちた木の残った養分を吸って新しい生命が伸びている様子、右は暗くてわかりにくいが、真ん中に一本細い木があって、もう一本の太い木がそれを取り囲むように生えていたこと。
学部には、植物とか能楽関係はないようだが、どなたか、こういうものが好きな人がおられるのか。

d0063149_16155651.jpg
学習院大学のキャンパスは木々が沢山あって素敵だし、馬場にも近寄ってみたいので、またチャンスがあったら、ゆっくり見に行きたい。


[PR]
by mw17mw | 2018-07-23 21:24 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(2)