<   2018年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今戸の鳥清他、焼き鳥テイクアウトのお店

この前の土曜日、そうだ、浅草のタジマヤの近くにも、鶏肉屋さんが焼き鳥を売っているところを見かけたっけ、と思い、オーケーストアから、浅草のタジマヤを目指すときに、ウロチョロそこらへんを走って、その「鳥清本店」というお店が見つかった。

d0063149_12485396.jpg
北めぐりんの今戸二丁目という停留所に近いところにあり、大通りに面している窓を大きく開け、焼き鳥を色々焼いていた。
その他、お弁当もずいぶん頑張っているお店のよう。(改めて、そういえば、個人のお店でここまでお弁当に頑張っているお店が減ってしまったことに気づいた)

d0063149_12485568.jpg

お弁当に力を入れている鶏肉屋さんだから、揚げ物やお惣菜も各種揃っていた。

d0063149_12490286.jpg
で、ここは、焼き鳥メニューの画像は撮れなかったのだが、110円のものもあったかな。私が買った普通の焼き鳥は120円だったので、量はたっぷり。
実際に買って食べてみたが、味はというと、たれが甘めかな。

d0063149_12490726.jpg
温かいうちに食べるより、すっかり冷めてから食べた方が美味しかった。(特に皮は温かいうちはフニャフニャだったが、焼き鳥の皮って一度茹でるのかしらね?)
そのことと、醤油たれ味しかなく、塩味がないのが、このお店の欠点。

その他、このお店をもうちょっと北の方に進むと、奥浅草寺町通りという浅草病院と地方橋を結ぶ道路と交差するのだが、その交差点近くに、「炭火串焼き四分一」というお店もあって、焼き鳥・焼きとんのテイクアウトも可能そうなのだが、営業が夕方からなので、時間が合わず行ったことがない。(そうだ、昨年開店直前に見つけたのお店、画像はこちらの記事の最後にあります)

<おまけ>
また、西城秀樹さんが亡くなられ、テレビのニュースで特集を見ていたら、脳梗塞を起こされてから通ったリハビリ施設の名前「JRWORKOUT」と出ていたので、ネットで検索したら、何と、台東区日本堤という住所。
あら、それならと地図を検索したら、いつも仕入れに行く浅草のタジマヤの近くでびっくり。
そのことがわかったので、先週、仕入れに行くとき、探してみたら、タジマヤの近所にある「いろは会商店会」という商店街の中にあった。
ほ~、週に3,4回、ずっと長い間、横浜在住の西城秀樹さんがここまで通っていたのかとびっくり。
きっと、ワゴンカーで来て、ワゴンカーで帰ってしまうから、見かけることはなかっただろうけれど。横浜に住んでいる有名人がわざわざ通うくらいなのだから、リハビリで定評のある診療所なのかも知れない、覚えておこう。(でも、リハビリ費用を見ると高くて、私には使えないかも。事故に遭わないようにしなくては)

[PR]

by mw17mw | 2018-05-23 12:34 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

合羽橋本通りの焼き鳥テイクアウトのお店&オーケー近くで見つけたもの

私は、糖質制限をしているので、「おにぎり、甘いもの、パン」なぞを売っているお店に行けないのだ、グスン、グスン。
自由に買い食いをするとしたら、焼き鳥が一番、しかも、塩が望ましい。

で、今まで、土日に仕入れに行くタジマヤに近くて、定休日が火曜日の下谷の「肉のえびすや」で週に一度、買うことが多かったのだが、焼き始めるのが3時なのは良いのだけれど、夕方近くになってしまうと、混んできて、「今、注文を受けると30分後に焼き上がり」と言われてしまい、待ってられないので、「そうだ、かっぱ橋本通りにも焼き鳥のお店がある」ことを思い出し、そこで買ってみた。
お店の名前は、三春商店?(それが、食べログとかに載っていなくて、画像ののれんが同じだから、この情報しかないみたい)
食べた人の記録は、こちら
d0063149_12484183.jpg
ここは一本80円だから、100円、120円の焼き鳥に比べたら、当然量は少な目だけれど、値段にしては肉質が良いし、コスパが良い感じ。
ついでに、つくねとか皮も買ってみたが、私が気に入ったのは、普通の焼き鳥。
また、時間によっては、塩味もあるらしいが、余り量を作らないみたいで、いつも売り切れていて食べたことがない。

d0063149_12484583.jpg

その他、合羽橋本通りの道具街と交差する近くに「栃木家」さんという鶏肉屋さんがあって、ここも焼き鳥を焼いているのだが、タイミングが合わずまだ買ったことがない。
他、田原町駅近くにも、夕方から、炭火で焼いている焼き鳥屋さんがあるけれど、昔よく買っていたけれど、最近は買っていない。(美味しいけれど、高い)

<橋場の相撲部屋>
オーケーストアの前の路地を入って行ったら、歩いて1,2分のところに、何と、「相撲部屋」があって、びっくり!
その名は、「千賀ノ浦部屋」で、貴乃花一門なのだって。
wikiを読むと、南千住駅から徒歩15分になっている、それは良いとしても両国までどういうルートで行くのだろう, 隅田川を船で下れば、両国に早く行けそうだけれど、無理だろうな)
今、大阪場所で全員留守なのか静かだけれど、この部屋は、近所にオーケーができて、食費が相当安くなったのではと思う。(笑)

d0063149_21021853.jpg
もう一つ、「安藤東野」というお墓を発見。
家に帰って、調べると、「あんどうとうや」と読む、Wikiにも載っている有名な江戸中期の儒学者らしい。
Wikiによると、千賀ノ浦部屋右隣にある大きな福寿院というお寺が墓所と載っているが、実は、福寿院の向かい側の角に独立して墓所があった。
これほどのお墓を作ってもらえる人なのだから、余程、偉い儒学者だったに違いない。


d0063149_21022465.jpg

[PR]

by mw17mw | 2018-05-22 21:19 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

すき家の牛丼ライト

4月の終わりだったか、すき家で「牛丼ライト」をランチで食べてみた。
これは、何でも、ダイエットしている人向きに、すき家の牛丼からご飯を引いて、ご飯の代わりにお豆腐を入れているというもの。
糖質制限者にも良いかなと近隣の新御徒町店に初めて入った。

そもそもすき家の牛丼を食べたことのない私であったが、最終結論は、「お料理自体は結構美味しい、でも、お腹はいっぱいにならない」という感想であった。(だって、カロリー268kcalで、380円だもの)

丼の中は、一番底に、お豆腐一丁が寝そべっていて、その上にキャベツ・人参の細切りにコーンの粒のサラダがのり、多分、ポン酢がかかっていて、その上に、甘辛く煮た牛肉と玉ねぎが乗っている。(ブロッコリーも入っていたかも)

d0063149_16064393.jpg
これを三位一体一度に食べると、色々な味、色々な食感で結構美味しいのだ、成功している。
正直な話、こういうお豆腐の食べ方があったんだと、新鮮なアイディアに感じた。
(麻婆豆腐を生のお豆腐にかけてどうするのだとは思ったけれど、例えば、麻婆豆腐とか麻婆茄子を生のお豆腐にかけて、キャベツのサラダに添えるのもよいかもと頭に浮かんだ)
お料理としては気に入ったけれど、でも、食べ終わった後、お腹がいっぱいにならないというのが正直な感想。
また、糖質制限をしているものとしては、コーンの粒とか玉ねぎとか、できれば、人参も不要と思う。
ただ、生のお豆腐に直接牛丼の頭がかかっているより、間にキャベツをはじめとするポン酢サラダが間を繋いでいる方がきっと美味しいだろうと思った。
後、どうすれば、お腹に溜まるようになるかというと、お豆腐を生揚げにするとか?お豆腐を2丁にするとかくらいしか、頭に浮かばない。

この牛丼ライトは、確か、お漬物もお味噌汁もつかなかったので、あさりのお味噌汁をつけてみた。(お漬物は、ご飯がないので不要)
あさりのお味噌汁は、やたらに大きなお椀に出て来てびっくりしたが、お椀の大きさに負けず、あさりの大きな殻が沢山入っていた。

こういう糖質制限の人に向いていると聞いているメニューは、他に「リンガーハット」の「野菜たっぷり食べるスープ」という長崎ちゃんぽんから麺を抜いたメニューがあるらしい。(ちゃんぽんは、通常は麺が200gだけれど、麺を150gまで減らしたものはあるみたい、麺50gとか100gのメニューがあったらいいのに)
今度、これを食べてみよう。

[PR]

by mw17mw | 2018-05-21 16:08 | ダイエット・健康 | Comments(0)

Myにゃんこ物語 70-にゃんこの最高の楽しみ

昨晩、イギリスの次男の王子様の結婚式を見ていたら、先日、連れて行ってもらったロッシーニの「ラ・チェネレントラ」の話を思い出した。
ラ・チェネレントラも簡単にいうと、シンデレラ物語なのだが、「最後、王子様と結婚して、めでたし、めでたし」という話よりもうちょっと子どもたちに「生きるための教訓を教えよう」という昔話であったので、ご紹介。

まずは、お母さんの連れ子という設定のラ・チェネレントラは、娘二人を持つ義父とお母さんが再婚して、その家の子となったのだが、母が死んでしまう。
しかし、そうなっても、ラ・チェネレントラは、行くところがないので、義父の家の小間使いになって台所に置いてもらうという話の設定だった。
また、単純に貧しくて薄幸な少女が王子様に見初められるという内容に重きを置かれているのではなく、ラ・チェネレントラという貧しくて薄幸な少女は、姉たちと違ってきれいな心の持ち主でもあり、常日頃、通りすがりの物乞いのおじさんが「朝食を恵んでください」と家にやってくると、当然のごとく、朝食を出してあげるような優しい女性であることが描かれる。

そして、所謂シンデレラの、城での舞踏会の様子が描かれたのちに、王子様が舞踏会であった薄幸の少女をお妃にと探し回って巡り合うのだけれど、その時に、バックで、「貧しい人に朝食を恵んであげる女性だから、お妃に選ばれた」みたいな歌詞の歌が流れた。
そうして、王子様と結婚してお妃さまになるのだけれど、ラ・チェネレントラは歌う、「私はお妃になるのだから、もう一段お妃にふさわしい寛容な人間にならなくては、今まで私につらく当たった義父と血のつながっていない二人の姉たちを許してあげよう」と立派な王妃になるのだという自覚を歌うのだ。(でもね、そんな感激的な歌を歌いながら、最後、王子様と二人、追いかける義父や姉たちから隠れてしまうのは意味が良くわからないのだけれど。<許すことは許すけれど、今後は生活は別ね、という意味だろうか?>)

お妃に選ばれたメーガンさんの今までのドキュメンタリーを見ていたら、ラ・チェネレントラ版のシンデレラ・ストーリーを思い出された。

---本題です---

このにゃんこの画像、可愛い顔の画像が少ないにゃんことしては、構えない表情で生き生きしていて、可愛く撮れた方。
何故か、口の中が本物と違って黒く写っているので、顔の上の方だけ紹介。

この子、この画像よりもうちょっと憎たらしい目を吊り上げた表情で、本当に未だに私に「シャ~」とか、威嚇する。
例えば、納戸の中に猫小屋があるのだけれど、そこににゃんこがいる状態で、私が新しいおトイレを持って、取り換えのために何も言わずに、納戸に入ると、下の表情をもっときつくした表情で「シャ~」とか言うのだ。
「あんた、餌あげて、おトイレ換えてあげる私に、それはないでしょう」と言うけれど、通じない。
仕方ないから、最近は、納戸に入る時、明るく大きな声で、「にゃんにゃんサービスの者です、おトイレの交換に伺いました!失礼いたしま~す!」とお芝居しながら、声をかけて納戸に入ると、シャーと言わないことがわかった。
むっつり黙って、侵入すると、敵とみなすのかな?


d0063149_11395638.jpg

こちらは、私が寝そべっている近くに来て、にゃ~ごにゃ~ご、家具に顔をすりつけながら、彼女なりに寛いでいる様子、でも、目つきが悪い。(何か考えている表情にも見えるが、実は何も考えていない。)

d0063149_11362258.jpg

このにゃんこちゃん、私に慣れても、なつくことはないのだが、この4年の私との暮らしで、私のことは、また自分を捕まえようとするかも知れないと疑ってはいるものの、餌なぞに関しては、いなくては困る存在だし、自分の要望を極力聞いてくれる生き物だとはわかったみたい。
そのせいか、何でもかんでも30㎝とか1mくらい離れたところから「にゃんにゃん」と要求してくる。

「お腹が空いた、早くえさちょうだい」とか「お水がないよ」とか、えさを出しても鳴き止まないときは、「あんた、それじゃないの、私の食べたいものは、あれよ」と自分が食べたい餌が出てくるまで、にゃあにゃあしつこいこともわかった。

その他、餌もお水も出ているのに、にゃあにゃあ啼くことが続いて、その意味が段々分かってきた。
以前、ご紹介したように、うちのにゃんこは、私の古い羽毛布団のという特別ベッドで、他に誰もいない状態で眠るのが大好き。
それも、一人で、というか、私が起きていてはだめ、私が寝床に入っているか、部屋に不在でないと落ち着かないらしい。

最初、意味が分からないうちは無視していたけれど、今となっては、私が良い反応するせいか、意味が通じていることがわかっているらしく、ほぼ毎日朝夕に、私に命令をする。

まず、朝なのだけれど、私がお店に行く用意をしていると、それは様子でわかるのか、8時半頃、にゃんにゃん言って、「そろそろ、出て行ってね」と告げる。
最近、お店を開けなくなったので、8時半とか9時くらい、部屋でうだうだすることが多くなったのだが、そんなときは、その時間は静かにしているのだが、10時過ぎとか10時半くらいになると、「あんた、ま~だ、いるの?早くいい加減で出て行ってね」という態度で私ににゃんにゃん命令してくる。(でも、その時の目が真剣なのだ)

仕方がないと、部屋を出て、お店なり、図書館なり、買い物に行くわけだけれど、1,2時間して、静かに部屋を開けると、時々、にゃんこは余程寛いでいるのか、私に気づかずに特別ベッドに横たわり続けている時も多い。(敏感な時は、ドアのカギを開ける音で起きてしまうのだけれど)
しかし、一歩私が部屋に入るとその段階では私に気づいて、眼を開け、立ち上がって、一番奥の通常の猫小屋に行ってしまうわけだけれど、その途中、私の前で立ち止まり、人の目をしっかり見ながら「にゃんにゃんにゃん」と「何よ~、せっかく私が気持ち良くしているのに、何で、帰って来たの!早過ぎるわよ!」みたいな捨てセリフを吐いて、安全な場所に移るのだ。

夜は夜とて、お腹は空いていないはずの9時くらいから、「そろそろ、布団に寝そべって、足と手をしまってね」とばかり、「にゃんにゃん」真剣な眼差しで言ってくる。
同じ部屋に私がいても良いではないかと思うのだが、自分を追いかけまわせる足と何をしでかすかわからない腕が自由に動く私は怖いみたいなのだ。
自分の部屋で9時から布団に入るなんて、何もできないじゃないかと思いながら、テレビに良い番組があったりすると仕方がないと布団に入ってあげる。(時々、そのまま眠ってしまうが)
私が自分の布団に入ったと安心すると、にゃんこは、猫小屋とか安全地帯から出て来て、羽毛布団の上に行き、やおら毛づくろいなぞを始めてリラックスモード。
でも、目は私から離さないで、常に、同じ部屋のおばさんが起き上がらないか監視している。(羽毛布団の上には、屋根とかついていないから、敵を防げなくて怖いのかな?)

真冬は寒いからか、全く、羽毛布団に近づかなかったが、季節が良くなったら、羽毛布団がベストのよう。

夜中、一度目が覚めた時、ゆっくり体を上げて、羽毛布団の上で寝ているにゃんこを見たら、4本の足を伸ばして、もうちょっとでお腹まで出す寸前の姿勢、顔はまるでよだれを垂らしてもおかしくないみたいな弛緩した表情で、ぐっすり眠っていた。
その弛緩した表情を見ると、このにゃんこにとって、何も気にしないでぐーたらに眠れることが一番の幸せかもと思った。
野良の時代、布団なぞというものを見たこともその上で眠ったこともないだろうし、他の猫とか犬とか敵を気にしないで眠ることはなかったのかも知れない。
こんなに気持ちの良い寝床が世の中にあるとは思わなかったし、敵を気にしないで眠るって何て素敵なのかと感じているのかな?(私のいない間に、私のエアウィーブとか、毛布とか全部試した上で、古い羽毛布団が一番気に入ったのだと思う)

きっと、にゃんこは、「おばさん、私に餌を出すとき以外、部屋にいないで、だって、ここは私の部屋だから」と思っているのかもしれない。(笑)

おばさんとしては、この事態をどうにか改善いたしたい、特に夜。(涙)

[PR]

by mw17mw | 2018-05-20 18:28 | | Comments(0)

オーガニックなトマト缶&青森おろしにんにく

あ~、何で、自分に関係ないのに、ヘンリー王子の結婚式の中継、見てしまうのだろう?困ったものだ。

---本題です---

先日、キムチを買いに行った時、「うちのキムチは、上質の唐辛子と国内産のにんにくを使っているから美味しい」と言われ、「確かにその通り、そもそもの材料が安いものだったら、美味しいものは中々できないもの」と思ったのだ。
(例えば、イタリア料理とかピザなんて、本当に、上質なオリーブオイルとか、チーズ使ってないと美味しくないものね。)

それで、オーケーストアに行った時、モンテベッロという会社のオーガニックのトマト缶126円とか、青森産のおろしにんにくチューブ100g(365円)があったので、買っておいた。
(トマト缶は、オーガニックではないトマト缶に比べて2倍近い値段だけれど、たかが知れている。にんにくチューブも、材質や量から言ってそんなに高くないと思ったのだ。)

d0063149_22191670.jpg

そして、この2,3年、美味しいと思って使っていたS&Bの落合シェフ監修の「予約でいっぱいの店のポモドーロ」を最近、久々使ってみると、甘さが気になった、今まで感じなかったのに、今回、甘過ぎる味に感じたのだ。(原材料を見ても、甘味料みたいなものは入っていないのだけれど)
突然甘さが気になったのは、糖質制限をしている関係で、余り甘いものを食べていないからだろうか。
で、開封したものは使ったけれど、もう一つ未開封のものは親戚にあげてしまい、持っているオーガニックのトマト缶と青森のすりおろしにんにくと、味の素のバージンではないオリーブオイルで、トマトソースを作ったのだが、やはり、材料が良いのか、とても美味しくできた。

実は、最初の時は、国産にんにくがあったので、みじんに切ったのだけれど、少しだったので、この青森おろしにんにくを足した、二回目は、完全に青森おろしにんにくのみ使った。
これを香りが立つくらい、ほんの少々、オリーブ油で炒めてから、トマト缶を入れるわけだけれど、缶詰のトマトは、缶ふたを開けて、ひっくり返しても全部が出るわけではないので、殆ど出してから、お水を足して、きれいに拭ったので、少し水分を加えることになった。

で、だいたい15~20分焦げない火加減で、時々かき混ぜて、水分が殆どなくなるまで煮詰めて、塩胡椒を少々して出来上がり。


d0063149_22385196.jpg

有機栽培のトマトと青森にんにくで作ると、そうでない場合より、味が良いと思うのだ。
普通のトマト缶だと、味が足りない感じがして、ブイヨンキューブを足してしまうけれど、有機栽培のトマトで作ると、良い塩梅にできて、何か加えたいとは思わない美味しい味に感じている。(ま、好みはあるでしょうが)

トマトは本当は糖質が多いとのことだけれど、トマトソースを作っておいて、少し、お肉や卵焼きにかけると美味しいので、作ってしまう。(笑)
残ったら、冷蔵か冷凍で。


[PR]

by mw17mw | 2018-05-19 22:42 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

自分に合ったオリゴ糖を求めて、四苦八苦 2/2

(私は今回チョコチョコAmazonで、オリゴ糖を買ってしまったけれど、実は、自分では忘れていたけれど、どうも、昨年12月末Amazon Primeの会員の手続きをしていたのだ。
それがわかったので、配送料無料なので、Amazonで2回もオリゴ糖を買ってしまった。)

4.カイテキオリゴ(各種オリゴ糖混合タイプ)

その後、今度は、オリゴ糖ランキング2018みたいなページに、「日本一売れている」という「カイテキオリゴ」が気になった。「ラフィノース ミルクオリゴ糖 乳糖 フラクトオリゴ糖 イソマルトオリゴ糖 環状オリゴ糖」が混ざっている粉状の商品のよう。そうだよね、私の腸内に住んでいる菌がどんな種類でどんなオリゴ糖を求めているかわからないし、Amazonのレビューなぞ読むと、合う人が多そうだし、これを飲んでみようと、一番少量サイズを購入したのだが、これも、2晩飲んで寝たが、全く私に合わなかった。(涙)←スプーンがついてきて、それですり切り1杯ずつ摂ってみた。興味のある人は、カイテキオリゴのページで100円モニターを募集しているから、これで試してからが良いと思う。

d0063149_11524160.jpg

そして、この商品は、オリゴ糖100%の商品か、それに近いものだと思うけれど、ほぼ甘さがなかった、ま、辛いわけでは勿論ないけれど、小麦粉よりは一段ふんわりした甘さを感じないわけではないという印象。

だから、ネットの中のページに、「オリゴ糖は100%のものが良い」と書いてあったけれど、オリゴ糖100%でなくて、何らかの糖質が入っているものは甘くて使いやすいという長所があると実感した。

でもね、難消化性100%のオリゴ糖なら、カロリーや糖質の量は関係ないけれど、そうでない糖質が入っている場合、知らず知らずに、余分な糖質を摂ることになるのが辛く、どちらが良いのだろうと迷う。

5.オリゴ糖ではないけれど、「ラカントシロップ」紹介

そして、全然甘くないカイテキオリゴをヨーグルトに入れて食べるのに、思いついたのが、先日、オーケーストアで買ったラカントのシロップ。
ラカントの顆粒状の甘味料は、通常のスーパーだと150g入りが一般的だけれど、オーケーの橋場店では、通常の150g以外に、600gにラカントSの顆粒状にこのシロップをおまけに付けたセットで売っていた。(でも、もうすぐなくなりそうだけれど)
ほら、下左の画像を見ると、熱量0kcalでしょう?
ラカントSの顆粒状は、人工甘味料というより、植物性の自然は甘味料、多分、シロップもそうだと思う。
これを補えれば、カイテキオリゴも美味しく使えると思ったのだけれど、カイテキオリゴは、二晩眠る前についてきたスプーンで指示通りの分量を体内に入れたけれど、朝、お腹や腸に何の反応もなかったので、一応今のところは、残念。

d0063149_21233894.jpg
6.フラクトオリゴ糖

また、売れ筋をみて、今度は、フラクトオリゴ糖でトクホのマークのついたものを試してみた。
これは、日本オリゴのHPを見れば、すぐわかることなのだけれど、シロップの名前が「フラクトオリゴ糖」だし、原材料も「フラクトオリゴ糖」だから、100%フラクトオリゴ糖なのかも知れない、それだったら、効きそうと買ってみたのだ。

d0063149_18005866.jpg

でも、この製品は、先程のHPにも、ついてきた小さな説明書にも、100gあたり「水分30g フラクトオリゴ糖40g ぶどう糖20g てんさい糖10g」とちゃんと書いてある。(でもね、原材料に「フラクトオリゴ糖」しか書いていないのに、栄養成分にぶどう糖とてんさい糖が現われるって、シロウトにはちんぷんかんぷん)

毎日大さじ1杯15g摂ると、ぶどう糖とてんさい糖を4.5g摂ってしまうことになるけれど、量的には許容範囲かも。

d0063149_18010175.jpg
で、きいたかというと、最初2日間は効き目を感じ、「さすが、トクホ」と思ったのだが、その後、3,4日目はダメ。
良く分からないけれど、日本オリゴのQ&Aに「1~3週間前後で、変化が出始める」とあるので、当分、このフラクトオリゴ糖で頑張ってみようと思う。

その他、カイテキオリゴも長く試す必要があるみたいだし、オリゴのおかげも、効果を感じなかったわけではないから、捨てない。

だから、フラクトオリゴ糖と、カイテキオリゴ、オリゴのおかげは、順番に試して行こうかと思う。(無駄にはしないと思う)
ただ、「沖縄・奄美のきびオリゴ」だけは、入っているフラクトオリゴ糖の量が余りに少なく、使うと、欲しい効果より、ほぼ摂りたくない普通の糖質を摂ってしまうことになるので、これだけが頭が痛い。

それにしても、厚生省は、こういうシロップの名前の付け方について、どういう基準で許しているのか、是非知りたいものだ。
そうでなければ、買う前に色々調べないと、というか、調べ方のコツなぞを知らないと、ニーズにあったものを買えないことが良くわかった。

また、フラクトオリゴ糖で、当分頑張って、結果、ご報告いたします。

あ、そうそう、今回、カイテキオリゴを初め、全て、2日くらい使っただけで、「効かなかった」みたいな書き方をしたけれど、それはあくまで私の短期間の結果であって、他の人が使ってみて、同じ結果が出るとは限らない。
Amazonなぞのレビューなぞを読んで、色々研究してからご購入ください。

でも、自分の腸内細菌がどうなっているかなんて全く分からないから、難しいよね。

[PR]

by mw17mw | 2018-05-18 11:52 | ダイエット・健康 | Comments(0)

自分に合ったオリゴ糖を求めて、四苦八苦 1/2

糖質制限すると、便秘になりやすいらしい。
色々な方のアドバイスで若干は改善したものの、完ぺきではなく、そうなると、ムクムクっと潔癖症的症状が現れ、「ヨーグルトも食べ、食物繊維も摂り、何だらかんだら、色々努力しているのに、完ぺきではない」という状態であることから心の中で、「そこから救われたい」と思いが浮かんでくる。
後、残る改善すべき点と言ったら、教科書的には、善玉菌の餌である「オリゴ糖」?
自分に合ったオリゴ糖を見つけて食べて、腸内環境をよくするしかないと思ったのだ。
でもね、殆ど何の知識もない私は今回初めてオリゴ糖に取り組んでみて、色々失敗したので、その記録をば、ご紹介。

1.「オリゴのおかげ」
で、私は「オリゴ糖」に頼ったこともなく、知識もなかったが、以前、「オリゴのおかげ」という粉末タイプを買ったものの使わなかったので、残っていると探したがなかった。
ネットで見ると、この粉末が良いみたいだけれど、近隣のスーパーには、シロップ状のものしかなかったので、シロップ状の小さい方の300gのペットボトルを購入。

d0063149_11523531.jpg
これは、夜、夕食後にヨーグルトに入れて食べたのだが、容器の裏に書いてあるように一日8gずつ摂ったら、2日目くらいから、完ぺきではないが、改善してると感じられた、さすがトクホ製品。
この時、私は何も考えず、オリゴのおかげは、オリゴ糖100%のシロップなのだろうと勝手に思い込んでいた。

完璧ではないけれど、「オリゴのおかげ」で、オリゴ糖の働きを実感できたので、オリゴ糖のことをネットで調べたら、ビフィズス菌の餌となる難消化性のオリゴ糖には6種類あると書いてあったのだ。
そして、オリゴのおかげも、乳果オリゴ糖だと気づいた。
救われたい私は、違う難消化性のオリゴ糖を飲めば、もっと良くなるかも知れないと思ってしまった。

2.「沖縄・甘味のきびオリゴ」(フラクトオリゴ糖)
そんな時、スーパーに行ったら、「消化をされずに腸まで届くフラクトオリゴ糖」というキャッチフレーズの「沖縄・奄美のきびオリゴ」というボトルが目に入った。

d0063149_11523897.jpg
何だか便秘のせいで、すっきりしない気分の私は、フラクオリゴ糖も難消化性だと思い、わらをもすがる思いで、それを買ってしまった。
でもね、家に帰って「栄養成分表示」を見たら、100g中炭水化物は73gで、そのうちフラクトオリゴ糖は15g」と書いてあるのを発見。
「え、それしか入っていないのに、フラクトオリゴ糖シロップを名乗れるのだ」とびっくり!
100gあたりのシロップの中で炭水化物が73gで、うちフラクトオリゴ糖は15gということは、その差は何だろう、何も書いていない。(でも、きっと、果糖とか、しょ糖だと思う)
炭水化物というか、糖のうち20%だけフラクトオリゴ糖でも、フラクトオリゴ糖シロップを名乗れるのって、信じられないと思った。
(厚生省が指導しているのだろうか、どういうルールなのだろう?)
どうも、この「沖縄・奄美のきびオリゴ」の売りは、「普通の砂糖に比べて、同じ量ならば、きびオリゴの方がカロリー30%少ない」ということらしい。
そうか、糖質制限をしていて、便秘しているものには関係ない商品だったみたい、がっかり。
(だって、100gのうち、フラクトオリゴ糖は15gだけ、このボトルは、350mlだから、フラクトオリゴ糖の量は、たった32.5g。
他の商品の表示によると、便秘に利くようにフラクトオリゴ糖を摂取するとしたら、6gらしい。
そうすると、「沖縄・奄美のきび糖」だと、フラクトオリゴ糖で5回分、でも、一回一日70gも摂らなくてはいけなくて、非現実的)

確かに、このシロップ、一回にどのくらい摂れと書いていないので、適当にヨーグルトに入れて夜食べて眠ったが、2.3日、何の効果も感じなかった。(涙)
やはり、余りに、フラクトオリゴ糖の量が少な過ぎるのではと思う。

3.「オリゴのおかげ」(乳果オリゴ糖)に戻る
「沖縄・奄美のきびオリゴ」で学んだことを頭に入れて、私の持っている「オリゴのおかげ」を見てみたら、オリゴのおかげも、100%乳果オリゴ糖ではないことがわかった。

オリゴのおかげは、2種類あって、(本当は3種類、1つはライトタイプなので省略)

トクホ<オリゴのおかげ>
  300gと650gのシロップ状のみ
  甘さは砂糖の80%
  乳果糖フラクトオリゴ糖を30%含んでいる

トクホ<オリゴのおかげ         
ダブルサポート>
  顆粒状と500gのシロップ状
  甘さは砂糖の半分
  乳果糖フラクトオリゴ糖を顆粒状は55%、
  シロップ状は40%含んでいる

と一見、顆粒状が優れているように思えるが、シロップ状は水分も含んだ全体量のなかの割合、顆粒状は水分がない状態での割合なので、実質、飲むと、シロップ状のダブルでないものを大さじ1(15g)を飲むと4.5g、ダブルサポートのシロップは、6g、顆粒状は、1スティック6gなので、3.3g摂れることになり、ダブルサポートのシロップが一番乳果糖が摂れそう。

結果、乳果オリゴ糖が働いていくれたという実感があったものの、あ~あ~、こういう風に計算しないと使えないシロップは、余り好みではないと思ってしまった。

ということで、ここで止まらず、もうちょっとオリゴ糖を探すことにした。<続く>


[PR]

by mw17mw | 2018-05-17 17:44 | ダイエット・健康 | Comments(0)

ついでに六本木トンネル

昨晩は、ブログを休むつもりはなかったのだが、あの我儘猫が、「早く、布団に入って、大人しくして」と毅然とした態度で8時頃、言っていたので、仕方ないな~とすごすご言うことを聞いてあげたら、そのまま、眠ってしまった。(笑)
従姉が、「それだけ長い間、美味しい餌をあげていたら、この人は良い人だと思っているのでは?」と言ってくれたけれど、うちのにゃんこは、「このおばさんは、何でも私の言うことを聞く、もっと私の言うことをきかせなくては」と思っていると思う、すっかり、舐められているのだ。
彼女は自分の希望を全て、「ニャアニャア」という鳴き声で命令するけれど、私は殆ど理解してあげている(笑)

---本題です---

六本木トンネル自体、見たことも聞いたことも行ったこともないトンネルだったけれど、先日、じゅん散歩を見ていたら、紹介されていて、あの乃木坂トンネルの階段を下りて、新美術館の裏口の方から、美術館に入って行っていたのだが、そこを入らないで真っすぐ行くと、六本木トンネルがあるとわかった。
それだったら、どんなものか、一度見ておこうと、先日、乃木坂トンネルの後、見に行ってきた。

確かに、新美術館の裏口を無視して、ずっと歩いて行くと、歩道の上に中途半端な屋根が見えた。

d0063149_21070975.jpg
その屋根の下に入ると、左側の壁面には、現代アートの大きな絵が飾られていた。


d0063149_21072030.jpg
石原慎太郎さんって、美術のセンスがある人だったっけ?
三男だったか、四男の息子さんが画家と聞いているから、その人の影響?


d0063149_21071413.jpg
何て、左の絵を見ながら歩いていると、今度は、本当にトンネルで、「六本木トンネル」の看板が出てきた。

d0063149_21072588.jpg
このトンネルは、ちゃんとトンネルの体をなしている気がするが、その上がどうなっているのか、Google Mapを見ても良くわからず。(乃木坂トンネルのように、民間ビルの間を縫っているという感じでもないし、地上の低いところを走っている道路)短くてすぐ終わる。

歩道は、トンネルを出ると、道なりに左に曲がっており、「政策研究大学院大学の正門」の方に向かう。
車道は真っすぐ六本木ヒルズの方に進めると思うのだが、写真を見ても、よくわからない。(再度見に行かなくては)

d0063149_21072805.jpg

左に曲がって、右側の歩道にある「森本」という名前のお店を見て、「確か、NYで成功したシェフさんのお店」と気づき、その先には、じゅん散歩で紹介された「デンメアティーハウス」があって、カフェもある。

d0063149_21073278.jpg
この前がちょっと上り坂になってそのまま歩いて行くと、国立新美術館の玄関に出た。
そこを右に曲がって、一番最初の路地を入って行くと、そこは、「龍土町美術館通り」であった。
古いお店と新しいお店が入り混じっていて、中々味のある通りであった。
また、そこを入って行くと、六本木駅の近くまで出て、本当にこの通りは、国立新美術館への早道であることがわかった。

[PR]

by mw17mw | 2018-05-16 17:14 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(2)

乃木坂トンネルは、不思議トンネル

先日、品川Iさんの案内で、明治神宮を散策した後、まだ、中途半端に時間があったので、千代田線を一駅乗って、乃木坂駅に行き、「乃木坂トンネル」「六本木トンネル」の研究をしてきた。

乃木坂トンネルは、確か、4月に従姉たちと一緒に国立新美術館に行くときに、ついでに、乃木邸を案内しようと思い、乃木邸から新美術館に行く近道を探したら、見つかったのかな?
地図にも余り出ていない変なトンネルなのだ。(きっと、自動車を持っていて、そこら辺を走っている人には有名なトンネルかも知れない)

乃木坂駅の一番都心に近い方の出口から、出ると、道路が立体交差しているところの低い方の道路に出る。
何か有名なものがあるかというと、乃木神社の入口、その右の方に、ジャニーズ事務所。(もう近隣のもっと大きなビルに引っ越すことが決定しているらしいけれど)←下の画像左側の画像。

その横に「乃木坂陸橋」と大きく書かれた陸橋がある。(下の画像、右下)
陸橋の向こうに見えるビルは、左側の青いビルがTOTOで、右側の白いビルが桂由美ブライダルサロン。
下の低い道は、赤坂のTBSの前から続いて、青山霊園に抜ける道、名前を調べたけれど、わからず。(というか、TBSの前の通りをずっと行くと、青山霊園に繋がるって、初めて気づいた)
陸橋の上の道は、「外苑東通り」という名前らしい。

陸橋に上がる階段をえっちら昇って、外苑東通りを渡ると、真ん中の島に千代田線の駅に通じる階段が見えるが、そのまままた小さな通りを渡り、その横の道路を直進する。(確かTOTOのビルの横)(下の画像右上)


d0063149_12032450.jpg
また、画像の組み合わせ方が自動で見にくいのだが、その通りに入ってくると見える景色は、下の画像の右上。
この道を直進すると、何だか、行き止まりに見えるのだが、近づくと、真ん中の大きな物体の左右に歩道があることがわかる。(下の画像右下)

その歩道に入った時の風景が、下の画像左下。
何やら巨大な剥き出しのキューブがあって、どうも、これが自動車専用のトンネルのよう。(なぜか歩道は青空の下)
しばらくトンネルキューブの横を歩いて行くと、歩道の左側に下に下りられる階段が現われるが、一つ目は、戸に鍵がかかっていて、二つ目は開いている。そして、二つ目は、「日本学術会議」というビルや「国立新美術館」へ行く階段となる。(下の画像左上)

d0063149_12032630.jpg
今回初めて、終点まで行ってみた。
そうしたら、日本学術会議の隣の階段から、ほんのちょっとしかトンネルはなく、大きな通りの上を(下の画像右上)渡ると、何やらオレンジ色で縁取られたトンネルの出口になっていて、すんなりと普通の道路と繋がっていた。
歩道もそうで、そこに至るまで、階段でしか下りられなかったが、歩道もすんなり普通の歩道と繋がって、青山霊園に入って行く感じ。(実は、以前、この歩道を歩いていたら、自転車に乗った人が追い越していき、階段の出口しか知らなかったので、どうやって、下に下りて行くのだろうと思ったら、終点は、そのままアップダウンなしに下りられることがわかった。)

左側の画像は、反対を向いて、出口を正面から写したもの。

d0063149_12033077.jpg
シロウトとしては、トンネルって、普通、山の中とか、上に何かがあるところに通すのに、この乃木坂トンネルは、なぜか、上に何もないところに、キューブ状のトンネルを設置して、トンネルにしているのが、不思議。
乃木坂の不思議空間という記事が見つかり、「開通したのは1997年と聞く。かつては赤坂側の出口も青山側の出口も崖のようになっていて、車は大きく迂回しなければならなかったようだ。開通当時は、相当便利に感じられたことだろう。」と書いてある。
でも、何か頭上にあるところならわかるが、殆ど何もない青天井の道をキューブで覆い、長いトンネルにする必要はあったのか、不思議。
(今となっては不思議だけれど、その頃には何か真っ当な理由があったのだろうとは思う)

確かに乃木邸から国立新美術館に行くには、外苑東通りを戻るより、近いと思うし、下へ行く階段を下りれば、ウエストなぞにも近い。(が、先日、平日の10時半という、ウエストの開店30分前に行ってみたが、ずらっと10人くらいの列ができていたから、入るのは無理であった。<皆、椅子に座って待っていたけれど>)

[PR]

by mw17mw | 2018-05-14 12:29 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(1)

浅草駅(TX)界隈-「丸十精肉店」で神戸牛串

この「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団 2時間スペシャル 」は、好きな番組ではないのだけれど、昨日は、「外国人ジャパンリピーター徹底調査「日本のココに何度も行ってます!」絶賛人気スポットベスト10」特集とのこと。
どこか日本の工場等に外国人を連れて行って、やたらに驚いたり褒めたりする回ではなさそうだし、面白そうに思えて、途中から見たら、偶然、先日紹介した明治神宮から始まったので、その後もずっと見てしまった。(明治神宮は品川Iさんがおっしゃったとおり、上位であった。)

第1位 「秋葉原」の「ゲームセンター」
第2位 「成田」の「ラーメン店」
第3位 「原宿」の「ロリータショップ」
第4位 「福島」の「エビスサーキット場」
第5位 「かっぱ橋」の「包丁専門店」
第6位 「原宿」の「明治神宮」
第6位 「東京・大塚」の「ライブハウス」
第7位 「河口湖」の「レイクヴィラ河口湖」
第8位 「渋谷」の「コーヒーショップ」
第8位 「京都」の「古民家カフェ」
第9位 「鎌倉」の「長谷寺」
第9位 「渋谷」の「109」
第9位 「香川」の「直島」
第10位 「群馬」の「宝川温泉」
第10位 「秋葉原」の「串焼き店」
第10位 「新宿」の「ゴールデン街」
第10位 「石垣島」の「川平湾」
第10位 「日光」の「江戸村」
第10位 「山梨」の「富士急ハイランド」
第10位 「宮崎」の「お倉ヶ浜」

この中で特に気になったのは、「秋葉原」の「串焼き店」とのことだったが、どこだか全然見当がつかなかった。
そうしたら、私の目に全く入っていなかった秋葉原のドンキの1Fにできた「丸十精肉店」というテイクアウトの牛や豚を焼いて出すお店のよう。

日本に来た外国人の間では、このお店の「神戸牛」という串1200円が人気があるのだそうだ。
何でも、例えば、ドイツで神戸牛を食べようとしたら、この5倍のお金を出さなくては食べられないとのこと、
だから、1200円が安いのだって、テレビで言っていた。

わ~、どんなものだろう、食べたいと思ったけれど、テレビを見た次の日、秋葉原のお店に行くのは余りにミーハーだし、混んでいるかも知れない。
この丸十精肉店のページを調べたら、アキバ店でなくても、渋谷センター街浅草のドンキにもあることがわかったので、今日、用事のついでに浅草店に行って、買って来た。(糖質制限には問題のない料理だし)

d0063149_20442956.jpg

浅草のドンキは、六区通りに面している一階奥の方に、「カレーは飲み物」ともう一つ何とかのお店とこの「丸十精肉店」が並んでいて、その前にベンチが置いてあった。
でも、ここはまだテレビの影響を受けていないようで、とても空いていた。
店員さんは一人だけ、何でも、昨年4月からここにお店を開いているのだって、私は、最近ドンキに欲しいものがなく入っていないし、建物の前を自転車で通り過ぎるだけなので、一年以上、全然そのお店に気づいていなかった。

これがメニュー。
左から「牛串 500円」「柔豚串 500円」「牛ハラミ串 600円」「牛タン串 600円」「大判牛タン串 900円」「黒毛和牛串 1000円」「神戸牛串 1200円」「スペアリブ 600円」

d0063149_20443893.jpg

昨晩の番組では、秋葉原店では、外国人に神戸牛串が一番人気のことだったが、浅草店には、一番左の一番安い牛串の上に「一番人気」の赤い文字があった。

私は好奇心で、神戸牛串を一串頼んで、お金を払うと、「すぐ焼けますよ」と作業をしてくれた。


d0063149_20443397.jpg
で、私はベンチで食べるのは恥ずかしいので、テイクアウトにしてもらって、家に帰って食べた。
それが、焼き立ての串の写真を撮ったつもりが、どうも失敗して、写ってなかったのだ。(涙)
(ま、見本と同じだと思ってください)
太くて長い串に、5切れの牛肉が刺さっていて、塩胡椒で味付けしてあった。
厚さは、5㎜くらいかな?
でも焼き過ぎてなくて、ミディアムレアくらいの焼き方かな?

d0063149_20444381.jpg
ただ、悲しいのは、それが本当に神戸牛の味かどうか、私にはわからないこと。(笑)
美味しいことは美味しかったけれど、神戸牛なんて、最後食べたのは、友人と神戸旅行をしたときだから、もう5年くらい前?
う~ん、これが本物の和牛の味かなと、高い和牛なぞ、殆ど食べていない私は思う。
また、部位がどこなのだろう、薄っすら脂身がついている部分、脂っぽ過ぎることもなく、ちょうど良い脂の乗り具合で、牛肉らしい味が美味しかった。
でも、やはり、高いのは高いよね、コスパは悪いと思う。
これだったら、500円の牛串2本食べた方がお昼ごはんになる。
味的には、今度黒毛和牛串を食べてみようっと。
(最初に高いものから食べていくと安いものに移行すると美味しくないと思ってしまうかも知れない。しかし、黒毛和牛なら少しは食べているから、こちらは味がわかるかも)

弟がいたので、一切れあげたら、「美味しい、美味しい!」と反応が良かった。

でも、こんなに大々的な商売をやっているし、お店は、嘘はついていないと思う。
確かに、神戸牛や黒毛和牛のステーキを食べようとすると、コースになって、とても高いものね。
それが、焼き鳥のように、町中で、気楽に焼かれて食べられるのは良いと思うというか、商売うまいなと思った、1200円は高過ぎるけれど。

丸十精肉店というのは、中野区で、卸しもお店も手広く営業していた会社さんのよう。
この期に及んで、ドンキと手を組んで、焼き串を始めたのかな?商売上手だな、成功すると思う。

後、第5位 「かっぱ橋」の「包丁専門店」で、かまた刃研社が大人気と紹介されて、結構びっくり。
それは本当かも知れないけれど、普通は釜浅さんの方が人気があると言われている。
ただ、カマタさんは、刃物を売ることより、確か、研磨が本業。
その研磨に関して、外国の人たちが興味を持ったり、価値がわかってきたのなら、それは喜ばしい。

(リンクしたページ、レセプションはパリかと思ったら、かっぱ橋で日本向けに行ったみたい)

[PR]

by mw17mw | 2018-05-13 21:31 | 飲食店・菓子店 | Comments(4)