<   2018年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

昨年と今年の水出し冷茶

私のGmailアドレスのメールだけれど、今日の4時くらいにようやく正常に戻った。
品川Iさんに助けてもらいないがら、あ~でもない、こうでもないといじっていたら、奇跡的なのだけれど、静かに静かに、正常に戻ってくれた。
どうやって、何が良くて正常になったか、全然わからず。
何だか、設定の中に、チェックを入れるボックスが3個あって、それに対応するポートという数字を入れるところがあって、そのバランスがうまく行ったような気がするのだ。
また、壊れたら、どうしよう!

---本題です---

去年の夏は、ずっとスーパーマーケットのライフのプライベートブランドの「有機麦茶」を水出しして飲んでいた、結構美味しいし、安いと思う。
気に入っていたので、その時、「きっと、来年もこの麦茶を飲むに違いない」と思っていたけれど、今年は全然違った。


d0063149_21042742.jpg

まず、今年の2月くらいに、静岡の深蒸し茶に凝っていたし、Yasuさんから神楽坂の楽山というお茶屋さんあら茶という静岡茶をいただいていたのだ。
ちょっと暑くなってから、まずは、自分の気に入った深蒸し茶を水出しにしてみたが、甘さがないタイプのせいか、水出し茶に向いていないというのが正直な感想。
だったらと、いただいたあら茶を水出しにしたら、こちらの方がふっくらした甘さがあるせいか、水出しに向いていて美味しかった。
(甘さが少ないお茶は水出しに向かないことがわかった。)

但し、私が淹れ方を間違えたのだ、実は、Kuramae-Aさんから、「静岡の深蒸し茶は、100㏄のお水に1gの茶葉」と習っていたのに、実は、100㏄のお水に小さじ1杯の割合で茶葉を入れてしまったのだ。
多分、これは、3g相当だから、絶対入れ過ぎ、だから、濃く出たお茶を薄めて飲んだり、2,3度お水を入れて、沢山に延ばして美味しく飲んだ。
で、すぐにこれがなくなってしまい、楽山さんの飯田橋店に買いに行ったのに、残念ながら、あら茶が売り切れだった。

「また、入ると思うから、今度来るときは、電話して、あることを確認してから来て」と言われ、手頃な煎茶と抹茶を合わせた水出し用のお茶のティーバックを勧められ、買って来て飲んだ。

d0063149_21501711.jpg
でも、これは、不味くはないけれど、いかにも、冷茶用に調合しましたという味で、リピートしたいような感激はなかった。

で、それが終わった頃、以前マテ茶をくださったKuramae-Aさんから、お友達からもらったというマテ茶を再びいただいたのだ。

d0063149_21043525.jpg
どうしてかと言えば、キボンに一番最初に行った時の温かいマテ茶がとても美味しく、それを自分の家で飲みたいということで、ブラジルに詳しいKuramae-Aさんが、どんなブランドを買っていいかわからない私に「こういうのがいいよ」と買って来てくださったのだ。
(しかし、実は、ブラジル人はマテ茶を殆ど飲まないとのこと、リオオリンピックの時、日本では、コカ・コーラが「太陽の味マテ茶」とか言って、売ろうと頑張ったせいか、マテ茶=ブラジルというイメージが出来上がってしまった。)

でも、その後、トライするものの、キボンの味には全然及ばず、うまく行かなかった。
茶葉で淹れる熱いマテ茶はいただいた外箱に書いてある通りに入れると美味しくなく、ティーバックの方が美味しい味になった。

今度は、マテ茶の茶葉で毎日眠る前に「900㏄のお水に合羽橋の本間商店で買った紙製のお茶パックに9gの茶葉を入れたもの」を入冷茶器にセット、冷蔵庫に入れておくと、朝、ちょうど良い色に出来上がっている。
(このお茶パックは、12㎝×9.5㎝の大きさで安くて使いやすい。本間商店にはいかにも、大食堂で使うようなもっと大きなお茶パックが数種類揃っている)

d0063149_21043212.jpg
味はというと、そんなに癖がなく、飲みやすい。
どんな味って表現が難しい、私としては、ちょっと鉄っぽい味を感じるような気がするのだけれど、それが当たっているかどうか自信はない。
思ったより個性がなく、さっぱりしていて、飽きずにごくごく飲める。

これと、あら茶で、この夏を乗り切りたいのだが、日差しの強さにめげて、中々自転車で飯田橋まで出かけられないでいる。

[PR]

by mw17mw | 2018-05-31 22:11 | 食材・食材のお店 | Comments(0)

ほうぼうのから揚げ、美味しい!

下の画像の日付によると、5月14日に、鳥越のココスナカムラに、3尾のホウボウが298円だったのだ。
以前から、従姉から、ホウボウは美味しいと聞いていたけれど、こんなに安いホウボウは中々ないし、新鮮そうだったので、「どうにか料理できるだろう」と買ってしまった。(一尾100円くらいの新鮮な魚に目がないのだ。)

まるごとのホウボウを買ったことは、以前あったかも知れないが、何をどうしたかとか、全て忘れている。
多分、鍋用に、魚売り場の人に捌いてもらって、食べただけの経験しかなかったかも。
お店の人に、「さばいていただけますか?」と頼みたかったけれど、1尾100円だと、多分、コストが合わないと嫌がられるだろうなと思って、自分で頑張る気で買ったのだ。

さばき方はわからなかったけれど、ククパなぞで探したレシピの中に書いてあるだろうし、ちょっと形は違うけれど、そんなに普通の魚とは違わないだろうと思ったのだ。
家に帰ってククパで、「ホウボウ」人気順で検索し、一位のから揚げと残った中骨を使えるお味噌汁を作ることにした。

唐揚げの方に、一応のおろし方が載っていたので、それを参考におろしてみた。
ほうぼうって、普通の肴と形が違って丸っこいから、捌くのはどうなのだろうと思ったが、捌くこと自体は、大変ではなかった。
何ていうか、内臓が殆ど、頭に近いところにあるので、お腹を割いて、頭を取ると内臓が全て取れるのだ。
その点は良いとしても、3枚にきれいにおろすのは無理で、真ん中の骨に相当身が残ってしまった。
また、唐揚げのレシピを見たら、皮を剥がなくてはいけなくて、これも分厚い皮で力が必要であった。
また、この魚は、小骨が多いのが特徴らしいけれど、最後、料理してしまえば、小骨は気にならず食べることができたので、余り気にしないで、小骨付きで唐揚げを作った方が良いのではと思う。

d0063149_16401755.jpg


こちらがあらのお味噌汁、今、改めて参考にしたレシピと比べると、私は、頭をお味噌汁に入れなかったかも知れない。
(最後、内臓とか脳みそとか取るのが面倒になったような気がする)
そのせいか、こちらはまあまあ気に入った程度の出来になってしまった。

d0063149_16402497.jpg

こちらのから揚げは、とても気に入ってしまった。
同じ魚と言っても、身が、アジや鯛とも違うし、私が思うには、ふぐの味と食感が近いのではないかと思う。(うん、でも、ふぐに近いというのは大げさかも知れない。)
身がふわっとして、魚臭くなくて、とても美味しかった。

作り方を簡単にいうと、捌いて一口大に切った身に、「醤油・酒・生姜汁・ごま油」少々を練り込んで置き、最後、片栗粉をまぶして揚げるのだ。
d0063149_16403009.jpg
ホウボウのククパの人気順位を見ると、揚げ物とアクアパッツァや煮物のレシピが多いし、生のお刺身も人気があるみたい。

本日の朝、ココスに行ったら、大きなホウボウの頭が2つで100円を見つけた。
頭があるということは、身も売っているだろうと探したら、大きな半身で皮を剥いだものが498円だったから、買ってしまった。(中骨はどうしたのだろう?欲しかった。)

さて、498円のホウボウ、大した量ではないのだが、1/3お刺身で食べて、2/3はから揚げにしよう。

ホウボウって、お料理して食べる時、必ず、皮を剥がなくてはいけないのだろうか、そんなこともわかっていない私だが、今後もホウボウを見つけたら、(高くなかったら)買いたい。

(そうそう、もし、スーパーや魚屋さんでさばいてくれて、皮をはがしてくれるなら、「唐揚げ用にしてください」と頼むと良いと思う。)

[PR]

by mw17mw | 2018-05-30 17:11 | 料理レシピ | Comments(0)

50円のおにぎり?

昨日、突然、Beckyで読み込んでいるGmailが使えなくなった。
何が何だかわからない状態の時は慌てたが、パスワードを変更したりしているうちに、何がおかしいかわかる状況にはなったのだが、そこにたどり着くまでで疲れてしまい、その日はそこで終わり。(だから、今、私のgmailアドレスのメールは不完全な受発信中)

PCの中のGmailアプリから、受発信できるから、急ぐのをやめても大丈夫なことを最後思い出して眠ってしまった。

ま、どちらにしろ、今日は、朝から、家の貸している部分の照明器具とエアコンの入れ替えの予定があり、しかも、卓球を習いに行く日だったので、大忙しで、PC関連は何もできなかった。
(エアコン取り換え時、取り付け業者の人は当然、古いエアコンを外し、新しいエアコンをセットするのみだから、室外機を取り除いた後、「室外機を置いてあったところが汚い。新しいものを置く前に、水を流して掃除したほうがいいですよ」とアドバイスがあり、2時間半の間、その他の部品も含めて汚れたものの掃除ばかりしていた。今まで、何度かエアコンの取り換えをしたけれど、こんなに掃除したことがなかったのに、何故だろうと思ったら、お店をやめてしまったので、暇な私はどうも、しょっちゅうエアコンの取り換え業者のところに顔を出して、その時に捕まったみたいなのだ。(笑))

夜になって、ブログを書こうとしたら、今度は、Googleフォトの調子が悪くて、iPodで撮った画像がPCに呼び込めない、困った、困ったと30分くらい路頭に迷っていたが、どうにか直った。
ただ、何が原因でおかしくなったのか、良くわからないから怖い。

あ~、PCが発明され、スマホまでもが発明され、GmailにGoogleフォトを利用して、便利な世の中を便利に生きているのだけれど、根本的には良くわかっていないし、特にGoogle関係は、Helpダイヤルもないし、実はトラブルが発生すると大変、自分で立ち止まって、自分であがく他ない。(後、詳しいお友達に聞くしかない)

明日は、家の用もなく、朝から、Gmailの修理に集中したい、明日こそ、何のアクシデントもなく、静かな一日でありますように、祈るばかり。

---本題です---

実は今、浅草の観音裏にある、秘密の卓球教室に通い出したのだ。
そこの先生が、「絶対、場所と教室の名前を他言してはいけない」とか「知らない人は入れない」という方針。
だったら、どうやって入ったのというと、知り合いの紹介かな?
で、とても良い先生で、どのレベルの人にも対応できる人で、ど下手の私でも楽しく習うことができている。
(だから、もう卓球はやめてしまおうと思っていた私だが、この先生なら、生き生きと習えると思って、再開した。)

ちょうど場所が観音裏で、もうちょっと足を伸ばせば、オーケーストアの橋場店や浅草のタジマヤはすぐそこなので、ついつい、練習の後、買い物に行ってしまうのだ。
そんな時、観音裏とか橋場あたりに、糖質制限に向いている飲食店は全然思い浮かばいので、お腹が空いたまま買い物に行くのが実情。

今日は、家に帰れば、おかずはあるので、冷たいご飯は、難消化性炭水化物だと信じて、おにぎりを二つ買って帰ることにした。
(冷たいおにぎりとかお弁当の冷たいご飯が難消化性炭水化物だったら、毎日三食コンビニおにぎり食べても大丈夫なのかな?と疑っていながら、たまに一日一食食べてしまう)

どうせなら、オーケーストアでおにぎりを買ってみることとした。
3Fのお弁当やお惣菜が並んでいるコーナーに数種類のおにぎりがあって、勿論、中に入っている具によって、色々な値段であったが、私は、おかかと昆布という一番安いものを選択した。
そうしたら、何と、一つ本体価格50円だって。

d0063149_23162177.jpg

え~、通常売られているおにぎりの半分の値段だけれど、色々な流通コストや設備投資分を乗せて、この値段でおにぎりを作れるの?と思ってしまった。
思わず、大したことないお米使っているとか?と思ったが、売り場に「お惣菜やおにぎりに使っているお米は富山県のコシヒカリです」と表示されていた。
すごいね~。(コシヒカリについて、富山のものは安い方だとは思う、それでも、コシヒカリを使っているところがすごい)

家に帰って食べてみると、海苔は、味はあまりしなかったけれど、バリっとしていた、ごはんは固め、もしかして、具は普通より若干少な目かもという感想。
ご飯も美味しいというほどでもないけれど、不味いという程でもなく、中の中とか中の下くらいの感じ。
別段、このお値段で、この程度の出来なら、文句なし。
だから、少しくらい美味しさが減ったとしても、値段が半分なら、オーケーのもので十分なような気がした。
もし、このオーケーが家の近所にあったら、コンビニのおにぎりが勿体なくて買えなくなるかもと思う、おそるべし、オーケー。

オーケーは最初200円出して、カードを作れば、食品関係の消費税が5%だから、消費税込みでも52円だものね。

[PR]

by mw17mw | 2018-05-29 23:38 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

珍しく歯ブラシに凝る

本題に入る前に、昨日、岩本町のファミリーバザールにちょっとだけ行って来た。
冬の方が買いたいものが多いけれど、夏も結構面白い、来週の確か土日も開催されるみたい。
今年は、山ぶどうのつるを編んだかごを売っているお店が多かったが、何と10万円近いものがあって、屋台で10万円のものを買う度胸は私にはないと思った。
あ~いう、年に1,2回の屋台市みたいなものって、安いし、価値があると思うけれど、日差しが強い時はちょっとね。

---本題ですーーー

なんちゃって、大げさな題名をつけてしまったし、私のことだから安物の範疇で凝るということだが、いつも安い歯ブラシしか買わない、しかも中々取り換えない私であるが、年に一回チェックしてもらう歯医者さんに「全部自分の歯で偉い」と言われたのかな?

まさか、自分の人生で、そんな老人に言われるような言葉を自分に言われるなんて、想像したこともなかった。
でも、年を取るということはそういうことかも知れない。
私のように今のところ、何の病気も発病していない者にとっては、そういうこと他人からの言葉と物忘れが激しくなって来たことで、年を取ることに対する自覚ができるのかも知れない。

歯医者さんに冷たく「今後、自分の歯がどのくらい持つかは手入れ次第ですね」と言われ、確かに、私は一年に一度、歯医者さんに歯を見てもらうのだが、必ず、2,3本、虫歯になっている。
この前の前かは、一番奥の虫歯を深くしてしまったらしいのだが、余りに奥過ぎて、口をどんなに大きく開けても、細長い治療の道具がうまく奥まで入らないから、治療不可になってしまった。
そういうことにならないように、虫歯を作らない、また、虫歯ができてもすぐ治療することが大事だと私でも自覚できたのだ。

ということで、治療が全て終わった後、近隣のドラッグストアで「生葉」という歯磨き粉で有名なブランドが歯ブラシを出しており、それが、その中で、ブラシの真ん中の毛が周囲より一段高くなっていて、しかも固いタイプが良さそうと思えたのだ。
どんなものか興味があって、買って来てみたが、たしかに、歯の間に挟まったカスなぞ、普通の形の歯ブラシより取れやすいし、300円近いこともあり、材質が上質で、丈夫ですぐにへたらない感じ。
ほ~、やはり、形状に工夫があったりすると、使いやすいのだと理解。
ただ、ブラシや柄の色とか、ババむさいので、若いい人には受けないだろう。(笑)

一本目、新しい工夫の歯ブラシが思いがけずに良かったので、何か面白い歯ブラシはないかなと、多慶屋の歯ブラシ売り場に行ったら、Kissyouという歯ブラシが沢山ぶら下がっていて、良く見ると、柄とブラシのタイプであった。
そして、そのブラシの柄の内部には、電池がはめ込まれていて、柄の真ん中に金属板の帯があって、そこを触りながら、ブラシを動かすと、マイナスイオンが発生するのだって。
家に帰って、Amazonのコメントを読むと、褒めている人も多いし、ブラシ4本で360円かな、このくらい安いと一か月に一度ブラシ部分だけ替えてもいいなという気になる。(毎月1日に替えれば忘れないでしょう)

(あ、でも、今、リンクしたYoutubeを見たら、歯磨き粉不要らしいけれど、私は歯磨き粉をつけて使っていた。)

d0063149_17573476.jpg

マイナスイオンが発生する柄は、電池が埋め込み式の使い捨てで替えることはできないらしい、でも、1本、替えブラシがついて320円と安いから、ま、いいか。
電池は一年は持つということだし、柄にボタンがついていて、それを押して、ランプがつけば、電池がまだ有効であることがわかる仕組み。
実際にその歯ブラシで、マイナスイオンを発生させながら磨くと、確かに、ほんのちょっとの具合ではあるが、マイナスイオンらしきものを感じるような気がする。(笑)

生葉の歯ブラシは、クズを掻き出すのに向いているし、Kissyouは、柔らかくて、歯の表面や並んでいる間をゴシゴシするのに向いているような気がして、良い組み合わせだなと思う。(Kissyouは、歯の表面がつるつるになると書いてあったが、私の場合、その効果は表れていない。もしかしたら、Kissyouは歯垢が溜まるのを防いでくれるのかな?)
生葉の方は、部屋に置いておいて、何か食べた後、歯の間にカスが溜まらないように掻い出すのに使い、Kissyouは、朝晩、洗面所で、歯磨き粉をつけて、歯の表面を磨くのに使っている。

でも、朝、テレビを見ていたら、今、Lionから「音波アシストブラシ」というものが受けていると宣伝していた。
知らないというか、私が関心を持たないでいる間に、世の中、色々な歯ブラシが出ているみたい。
ま、今のところはこの安い2本で頑張ってみよう。
今度、歯医者さんに診てもらうとき、褒められますように。(笑)

[PR]

by mw17mw | 2018-05-28 18:12 | 道具 | Comments(3)

上野駅界隈-新しい「スシロー」でランチ

私って、糖質制限を真面目にやっている印象があるだろうけれど、実は、週に一二度、やはり、ご飯とか麺類を食べてしまうみたい。

ちょっと情報は古くなるけれど、5月12日の土曜日に、上野の120円のスシローに行ってみた。
アメ横の線路沿い、真ん中より上野駅に近い方にあり、もうちょっと上野駅寄りの向かい側には、上野の回転寿司ナンバーワンと言われる「グルメ廻転寿司 まぐろ問屋 三浦三崎港 上野店」 があって、行列ができていた。
ま、こちらは、デカ盛りとか、握り中心のお店であることは確かなので、糖質制限が終わったら、入ってみたい。

d0063149_12253419.jpg

一階にも、待つコーナーは用意されているけれど、実際は、地下のお店に行くと、その入り口にも待合室があって、そちらの椅子に待っている人が並んでいた。
勿論、受付の機械があって、「1名、カウンター」で申し込んだら、ちょうど1席空いていたみたいで、すぐに番号を呼ばれた。


d0063149_12260405.jpg

お寿司はレーンを流れてくるし、また、注文すると、特別レーンを通ってすぐに来て、その点は問題ないのだが、何ていうかな、お店にとってのコスパを考えているのか、もしくは、都心店は、郊外店に比べて規模が小さいからか、お寿司以外のメニューが少ないのだ。
お刺身みたいなものとか、サラダみたいなものが全然なくて、お寿司以外で取ったものは、茶わん蒸しと枝豆くらい。
お寿司も、郊外店では、100円のものが120円だから、最後高くなるかなと思ったのだが、どういうわけか、「エリア限定」で「三貫120円」というセットが3つもあって、そのうち、2つ取ったら、大変安く済んだ。(でも、まさか、三貫全てで120円というのはあり得ないような気がして、お店の人に確認してしまった。<笑>)←今でもあるかどうかは良くわからないが。


d0063149_12294953.jpg

だから、このお店に来たら、握り中心で食べるしかないと思った。
その点、はま寿司の白山店なら、もうちょっとお刺身とか、糖質を含まないものが摂れるのになと思った。

また、スシローの方がはま寿司より握りが大きいことは良いのだが、今回久々食べたら、酢飯が、結構温かくて、しかも、合わせ酢が甘い気がした。(一番最初にスシローに行った時、酢飯の甘さが気になったことを思い出した。その後慣れてしまったのか、余り感じなかったが、今回、最初に行った時の「大阪系江戸前寿司の酢飯の甘さ」的感想を思い出した。)
う~ん、上野スシローは近いし、思ったより高くないので、悪くはないのだけれど、やはり、メニューの少なさで、遠くてもはま寿司の方が良いかな?

でも、近隣にスシローが一応あると、忙しい時に便利だとは思う。

[PR]

by mw17mw | 2018-05-27 12:48 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

稲荷町駅界隈-「門前そば筑波」で、冷やしたぬき再び

2012年の「稲荷町界隈-東上野「門前そば筑波」の冷やしたぬき」とか「2012年美味しかった飲食店」を読むと、この「門前そば筑波」には、細々とした繋がりではあるが、ここ10年くらい、行ったり、行かなかったりの関係。

その2つの記事のどちらかに、「混んでいたり、色々な事情で、お蕎麦の冷やし方が足りなかったり、茹で方が柔らか過ぎる時もあった。そういう点、こういう大衆的でお昼が混んでいるお店は、品質が一定しないのかも知れない。でも、ピタっと決まった時の美味しさは、最高。」と6年前に書いたが、毎年、暑くなってくると、そのピタっと決まった時のこのお店の「冷やしたぬきそば」の美味しさが脳裏に浮かんでくるのだ。

しかし、このお店の前を土曜日に良く通るのだが、この2,3年、土曜日は休みになってしまったみたいで、行けなかったのだ。

その上、今年は糖質制限真っ最中の私、本当は行かない方が良いのだけれど、やはり、ここ数週間、どうしても門前そば筑波の冷やしたぬきが食べたい、どこかの本に、食べたいものを我慢してストレスを溜めるより、食べてしまったほうが良いと書いてあったような気がして、今年は、多分一度だけだろうから、食べてしまうことに決めた。(それに、お蕎麦類は、GI値が低いので、食べても血糖値を上げないと書いてあったし←しかし、筑波の日本蕎麦は、そんなに蕎麦粉が多いという味ではなく、つなぎの小麦が多いと思うのだが、ま、いいや)

で、昨日、意を決して、12時半くらいに野菜ジュースを忘れずに飲み、1時に到着するようにお店に行った。
お店の中は、相席ならすぐに座れるという感じの混み方。

お店の内外に貼ってある貼り紙を見ると、以前は、「月―土 お昼と夜営業」だったのに、今は、「月~金、お昼10時半から2時」までしか営業しなくなってしまったみたい、それでも十分だから、長く細く営業していて欲しい。

d0063149_10171970.jpg
本当に2,3年振りだったので、このお店の安さを忘れていて、感激。
お店で、勿論冷やしたぬきの普通サイズ、大を頼む人も多いけれど、男の人は、丼半分とお蕎麦のセットを頼む人が多いもよう。

d0063149_10172302.jpg

私は、当然、冷やしたぬきを注文したら、すぐに到着。
今日のは、お蕎麦の茹で具合、冷たさ、水切りがパーフェクトで、揚げ玉のカリカリ具合、胡瓜の千切りの歯応えなぞもパーフェクト、甘めのかけ汁をかけて、美味しくいただいた。
茹で過ぎの時は、「このお店のお蕎麦って、三七とか、四六で小麦粉が多いタイプかな?」と思ってしまうのだけれど、この時は、とても腰のあるお蕎麦で、「思ったより小麦粉の割合が少ないかも」と思えた、満足のお蕎麦。


d0063149_10172649.jpg

そして、嬉しいことに、このように昨日は、三食のうち一食をもろ炭水化物にしたのに、朝起きて体重を計ったら、どういうわけか、300g減っていた~。
本当に、食べるものと体重の関係って、良くわからないのだよね~。

こういう結果が出てしまうと、今日は今日とて、炭水化物ランチ食べたいなと思ってしまう。(笑)

[PR]

by mw17mw | 2018-05-26 10:30 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

ヨーグルトやオリゴ糖を摂る時間も大切?

今は、毎朝80gの冷凍果物入りのヨーグルトを楽しみで食べる他、夜にフラクトオリゴ糖15gとアマニ油5gをヨーグルト120gに混ぜて食べるようになった。
食べる時間は、食後少し落ち着いてからの午後8時半とか9時くらいかな?
何故かというと、何かで、消化機能は、午後10時~午前2時までが最高に働くゴールデンタイムとか、読んだ記憶があったので、やはり、10時に間に合うように腸内環境を整えるとしたら、やはり、9時くらいまでにヨーグルトとフラクトオリゴ糖をおなかに送り込むのが正しいと思えたのだ。

で、それは正解だったようで、確か、最初に2,3日はだめだったが、段々腸内環境が良くなったのか、その後はきちんきちんと、朝起きると、ちゃんと、それらの効果を感じるようになったのだ、ラッキー!(でも、それで万々歳かというと、体重には余り影響が出ず、ちょっとがっかり。)

そういう日々が続くと、お腹が軽いような気がしてまた自分の胃腸が正常なような気がして、気持ちが良かったのだけれど、一昨晩、借りてきたDVDを、食後に見だしたら、ついうっかり、午後9時くらいまでにヨーグルトを食べるのを忘れてしまい、眠る前の11時くらいに食べて眠ったのだけれど、朝、何の効果がなかったので、びっくり。

本当、この経験で、「え!ヨーグルトやオリゴ糖を食べる時間でそんなに効果が違うの?」と思った。
やはり、胃腸のゴールデンタイムを大切にする食べ方が良いのかも知れない。

それが、昨晩はいつもどおりに午後9時前に、オリゴ糖やヨーグルトを食べたら、今朝、腸が快調だったことには救われた。

面白いね~、ヨーグルトとかオリゴ糖の腸に対する効果って、少しは腸の中で毎日毎日積み重なるのかも知れないが、本当に最後新しいものを投入しないと最終的に効果ないようなのだ。

ただ、毎日必ずそんな早い時間にヨーグルトやオリゴ糖を摂れるとは限らないので、何か、スポット的に私を助けてくれるものを探してみようかなと思ったところ、炭水化物だけ抜く糖質制限ダイエットの大きな勘違い!ライザップで学んだ正しく痩せる方法という記事を見つけ、やはり、糖質制限で苦労するのは「便秘」ということで、「武田漢方便秘薬」の名前が...、これ、spot的に使うために買ってみようかな?

[PR]

by mw17mw | 2018-05-25 15:58 | ダイエット・健康 | Comments(0)

ヨーグルトに、冷凍バナナが一番?

ダイエットを始めた頃、ダイエット中に食べて良い果物は、「リンゴ、キウィ、苺」と、ダイエット本に書いてあって、冬の間はリンゴを冷凍、苺が安く買えた時は、苺を冷凍するようになった。

両方とも美味しかったけれど、やはり、リンゴ(ジョナゴールド)より苺の方が美味しいかな。
勿論、両方とも、それ以上の甘味を加えなくても、それらの冷凍果物40~50gで十分美味しくヨーグルトを食べることができる。

今は、夜にオリゴ糖入りのヨーグルトを食べるようになったので、午後8時半頃に、夜食べるヨーグルトと次の日の朝の果物入りのヨーグルト2つを作って、夜ヨーグルトはすぐに食べ、冷凍果物を入れたヨーグルトは蓋をして、冷蔵庫に入れて、翌朝食べている。


d0063149_22325166.jpg

ま~、一日どのくらいヨーグルトを食べるのが良いのか、朝晩食べることに意味があるのか、良くわからない。
効果は、夜ヨーグルトに感じるものの、朝のヨーグルトも美味しくてやめられず、今は、夜120g、朝80g、合計一日200gを食べている。

で、先日のハリー王子の結婚式の時、ハリー王子がバナナが好きだと聞き、私もバナナが食べたくなった。
3本100円くらいの安い時、小振りのバナナを買って来て、皮を剥いて、真ん中から2つに割って、冷凍してしまい、朝のヨーグルトをセットするときに、その冷凍バナナを入れた後、周りからヨーグルトをかけて、ヨーグルトでバナナを覆ってから、蓋をして、冷蔵庫に一晩保管するのだ。(でも、ヨーグルトでバナナを覆うには、真ん中から半分ではなく、2,3㎝の長さに切った方がやりやすいと思う)


d0063149_22324770.jpg

こうして、次の日の朝、取り出すと、バナナから水分が分離していて、バナナ本体も若干薄茶色になっているかな?
(冷凍から冷蔵庫で解凍すると、バナナだけでなく、リンゴも苺も水分が出てしまう)
これを完熟というのか、腐りかけの相当前の段階と言おうか、抜けた甘い水分も水分が抜けたバナナも両方とも甘くて美味しい。
生のバナナをヨーグルトに入れて食べるのとは全然違う美味しさで気に入ってしまった。

ただね、やはり、これだけ甘くて美味しいというのは糖分が強いのだから、続けて毎日食べるのは止そうと思っている。
バナナの栄養成分表を見ると、100gあたりの糖質は、21.4g、私は一度に40g程度しか食べないから、摂取する糖質は、8.6gくらい?
何だかね~、時々にしようかとは思うものの、余りの美味しさに、これはやめられそうもない。

何かで、「朝、起きた時から30分以内に摂取する糖質は、身体が糖質として摂取しない」とか何とか読んだことがあって、その説だと、朝ヨーグルトに果物を入れて食べるのは問題がなさそうと思っている。(この部分、ちゃんと書けなくて、ごめんなさい。明日以降ちゃんと調べます)
しかし、実際にそういうことをしながら、「朝、起きて30分以内」というのは、目が覚めて布団の中で30分グダグダしていたら、もうアウトなのか?もしくは、布団の中でグダグダした後でも、布団から出て30分以内ならOKなのか?いつも、わからないと思っている。

[PR]

by mw17mw | 2018-05-24 22:36 | 調理・料理研究 | Comments(2)

今戸の鳥清他、焼き鳥テイクアウトのお店

この前の土曜日、そうだ、浅草のタジマヤの近くにも、鶏肉屋さんが焼き鳥を売っているところを見かけたっけ、と思い、オーケーストアから、浅草のタジマヤを目指すときに、ウロチョロそこらへんを走って、その「鳥清本店」というお店が見つかった。

d0063149_12485396.jpg
北めぐりんの今戸二丁目という停留所に近いところにあり、大通りに面している窓を大きく開け、焼き鳥を色々焼いていた。
その他、お弁当もずいぶん頑張っているお店のよう。(改めて、そういえば、個人のお店でここまでお弁当に頑張っているお店が減ってしまったことに気づいた)

d0063149_12485568.jpg

お弁当に力を入れている鶏肉屋さんだから、揚げ物やお惣菜も各種揃っていた。

d0063149_12490286.jpg
で、ここは、焼き鳥メニューの画像は撮れなかったのだが、110円のものもあったかな。私が買った普通の焼き鳥は120円だったので、量はたっぷり。
実際に買って食べてみたが、味はというと、たれが甘めかな。

d0063149_12490726.jpg
温かいうちに食べるより、すっかり冷めてから食べた方が美味しかった。(特に皮は温かいうちはフニャフニャだったが、焼き鳥の皮って一度茹でるのかしらね?)
そのことと、醤油たれ味しかなく、塩味がないのが、このお店の欠点。

その他、このお店をもうちょっと北の方に進むと、奥浅草寺町通りという浅草病院と地方橋を結ぶ道路と交差するのだが、その交差点近くに、「炭火串焼き四分一」というお店もあって、焼き鳥・焼きとんのテイクアウトも可能そうなのだが、営業が夕方からなので、時間が合わず行ったことがない。(そうだ、昨年開店直前に見つけたのお店、画像はこちらの記事の最後にあります)

<おまけ>
また、西城秀樹さんが亡くなられ、テレビのニュースで特集を見ていたら、脳梗塞を起こされてから通ったリハビリ施設の名前「JRWORKOUT」と出ていたので、ネットで検索したら、何と、台東区日本堤という住所。
あら、それならと地図を検索したら、いつも仕入れに行く浅草のタジマヤの近くでびっくり。
そのことがわかったので、先週、仕入れに行くとき、探してみたら、タジマヤの近所にある「いろは会商店会」という商店街の中にあった。
ほ~、週に3,4回、ずっと長い間、横浜在住の西城秀樹さんがここまで通っていたのかとびっくり。
きっと、ワゴンカーで来て、ワゴンカーで帰ってしまうから、見かけることはなかっただろうけれど。横浜に住んでいる有名人がわざわざ通うくらいなのだから、リハビリで定評のある診療所なのかも知れない、覚えておこう。(でも、リハビリ費用を見ると高くて、私には使えないかも。事故に遭わないようにしなくては)

[PR]

by mw17mw | 2018-05-23 12:34 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)

合羽橋本通りの焼き鳥テイクアウトのお店&オーケー近くで見つけたもの

私は、糖質制限をしているので、「おにぎり、甘いもの、パン」なぞを売っているお店に行けないのだ、グスン、グスン。
自由に買い食いをするとしたら、焼き鳥が一番、しかも、塩が望ましい。

で、今まで、土日に仕入れに行くタジマヤに近くて、定休日が火曜日の下谷の「肉のえびすや」で週に一度、買うことが多かったのだが、焼き始めるのが3時なのは良いのだけれど、夕方近くになってしまうと、混んできて、「今、注文を受けると30分後に焼き上がり」と言われてしまい、待ってられないので、「そうだ、かっぱ橋本通りにも焼き鳥のお店がある」ことを思い出し、そこで買ってみた。
お店の名前は、三春商店?(それが、食べログとかに載っていなくて、画像ののれんが同じだから、この情報しかないみたい)
食べた人の記録は、こちら
d0063149_12484183.jpg
ここは一本80円だから、100円、120円の焼き鳥に比べたら、当然量は少な目だけれど、値段にしては肉質が良いし、コスパが良い感じ。
ついでに、つくねとか皮も買ってみたが、私が気に入ったのは、普通の焼き鳥。
また、時間によっては、塩味もあるらしいが、余り量を作らないみたいで、いつも売り切れていて食べたことがない。

d0063149_12484583.jpg

その他、合羽橋本通りの道具街と交差する近くに「栃木家」さんという鶏肉屋さんがあって、ここも焼き鳥を焼いているのだが、タイミングが合わずまだ買ったことがない。
他、田原町駅近くにも、夕方から、炭火で焼いている焼き鳥屋さんがあるけれど、昔よく買っていたけれど、最近は買っていない。(美味しいけれど、高い)

<橋場の相撲部屋>
オーケーストアの前の路地を入って行ったら、歩いて1,2分のところに、何と、「相撲部屋」があって、びっくり!
その名は、「千賀ノ浦部屋」で、貴乃花一門なのだって。
wikiを読むと、南千住駅から徒歩15分になっている、それは良いとしても両国までどういうルートで行くのだろう, 隅田川を船で下れば、両国に早く行けそうだけれど、無理だろうな)
今、大阪場所で全員留守なのか静かだけれど、この部屋は、近所にオーケーができて、食費が相当安くなったのではと思う。(笑)

d0063149_21021853.jpg
もう一つ、「安藤東野」というお墓を発見。
家に帰って、調べると、「あんどうとうや」と読む、Wikiにも載っている有名な江戸中期の儒学者らしい。
Wikiによると、千賀ノ浦部屋右隣にある大きな福寿院というお寺が墓所と載っているが、実は、福寿院の向かい側の角に独立して墓所があった。
これほどのお墓を作ってもらえる人なのだから、余程、偉い儒学者だったに違いない。


d0063149_21022465.jpg

[PR]

by mw17mw | 2018-05-22 21:19 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)