天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の日記です。ご自分のブログやHPの宣伝はコメントではなくTBでお願いします。 by真凛馬


by mw17mw
カレンダー

カテゴリ:ダイエット・健康( 167 )

今日は過ごしやすいけれど、昨日まで猛暑が続き、何ていうのだろう、昼間起きて動いているのが精いっぱいで、どうも夕食を食べた後で、暑さに耐えた疲れが出るのか、昨晩は、素直に早く眠ってしまって、ブログが書けなかった、ごめんなさい。

---本題です---

先日、テレビで、内臓脂肪を減らしたいのなら、もち麦が良いと、言っていた。
もち麦というのは、「お米にもうるち米ともち米があるように、麦にも、含まれるデンプンに粘り気が少ないうるち性(粳性)の品種のものと、粘り気が多いもち性(糯性)の品種があり、もち性のハダカムギはもち麦と呼ばれる」とのこと。

暑くなってきて、熱いココナッツオイル入りコーヒーは嫌ではないけれど、できたら、飲みたくないとは思うので、もち麦を試している。

テレビでは、白米7に対してもち麦3を足して炊くとか、もち麦だけを茹でて使う方法を紹介していたが、味とか食感なぞ、白米に混ぜても、もちっとしているのか、余り違和感は感じない。
押し麦なぞは、つるっとした食感だけれど、もち麦はそれ程つるっとしておらず、うるち米になじむ感じだし、味的にもそんなに自分を主張しない。
結構美味しいし、五穀米を混ぜたものとか、玄米を炊いたものに比べると、一番、難が少なくて食べやすいかも。

テレビで色々言っていたが、だったら、毎日どれだけ食べれば良いのかは教えてくれなかった。
でも、ま、だいたいは、朝と晩にもち麦を食べると良いという感じの紹介で、「もち麦は、白米7に対してもち麦3で炊いたものを食べるか、テレビで見る限り、朝40gの茹でたもち麦のスープ等を飲むとか」だった。

で、私は、下の画像のはくばくの50g単位で12本入っているもち麦を買ってきたのだが、この袋の裏に、白米1合に対して、もち麦50gのレシピが載っていたので、それ通りに炊飯器で2合の白米+100gのもち麦で炊いた。
テレビの番組では、慣れないうちは、7:3の30%もち麦ご飯から初めて、最終的には、5:5の半分もち麦ご飯を勧めている。
その点、このはくばく風は、3:1だから、25%もち麦ご飯。
25%と30%でどの程度効能が違うのか?

このはくばく風のもち麦25%のご飯は、試しに一度だけ炊いて、全部食べ終わった。
私は、今、白米も玄米ももち麦も持っている状態なので、今後、当分、白米:玄米*もち麦を1:1:1でご飯を炊こうかなと思っている。

d0063149_08521143.jpg

と言いながら、もち麦に凝ろうとした前に、玄米だけとか、玄米+白米で炊いて小分けしたごはんがまだまだ冷凍庫にあるので、実は、当分、もち麦を入れたご飯は炊けないのだ。

当分は、Cookpadを参考にした、茹でたもち麦を常備し、冷凍してあるもち麦の入っていないご飯に混ぜて、食べることにした。
この茹でたもち麦は、飽きたら、スープの素とお肉とキャベツの刻んだものと一緒に茹でて味を調えれば、もち麦スープになるし、40gをチンして温めてから、塩鮭の焼いたものをほぐしたもの、三つ葉とか海苔を刻んだものと一緒にお茶とかお湯をかけて、塩で味を調えてお茶漬けにして食べるのも美味しい。(晩御飯のしめは、最近、もち麦スープか、もち麦お茶漬け、というのは、ま、もち麦だけを食べた方がカロリー的に良いし、もち麦は水分と一緒に取ってこそ価値があるとのことだから)

あ、そうそう、茹で方は、もち麦100gに対して水400㏄を加えて、一時間浸しておいた後、火にかけて、15~20分水が殆どなくなるまで煮て、火を消したら、ふたをしたまま、殆ど冷めるまで放置しておく。
(もち麦は、無洗麦にして売られているらしいので、洗う必要がないみたい)

明日また書くが、テレビによると、朝もち麦を食べておくと、昼間、糖質を食べても、そのもち麦が糖質を吸収して体外に出してくれるとか。
万能ではないし、お昼に食べる糖質の量をたくさん食べると、無理と感じるときはあるけれど、やはり、もち麦を食べておくと、糖質をある程度食べても、体重に影響がないと実感している。

それと、これは、もち麦のおかげかどうか、不明だけれど、起きて30分以内に食べる糖質は体は糖質として扱わないとか何かに書いてあったと思うのだが、朝、スーパーで買ってきた大きなピザパイ一切れを朝3日続けて食べたり、今は、バナナジュースを朝いちばんで作って飲んだりしているけれど、それが体重に反映しないのが不思議。


d0063149_08521690.jpg


[PR]
by mw17mw | 2018-07-25 17:17 | ダイエット・健康 | Comments(0)
実は、従姉がさくらんぼを送ってくれたので、朝起きがけに3粒食べているが、「朝一番の果物は影響がない」というのが本当なのか、3粒のさくらんぼの糖質は大したことないのか、体重に全然関係ないようでうれしい。

そうそう、2,3週間前、甥1が、上野桜木のイナムラショウゾウのチョコレートケーキを一つくれたので、5等分して、毎朝食べてしまったけれど、これも、体重に関係なかった。

その他、アイスクリーム類は、小さくして食べられるものが良いと思った。
pinoは、1つ糖質2.9gなので、ちょっと甘めだけれど、1つずつ食べている。
チョコモナカジャンボは、全体の炭水化物が34.1gだったかな、18個に割ると、1つ2g弱なので、1つか2つ口に入れてしまう。
(我慢ができれば、一日で、pino1個か、チョコモナカジャンボ1/18個)

d0063149_16274347.jpg
その他、ヒットだと思ったのは、1枚糖質1gのロカボクッキーの間に、冷たいKiriのクリームチーズを一つはさんで食べること。
これはまるで、チーズケーキですごく美味しく、暑い気候の中歩き回って帰ってきた後、部屋で食べて感激した、まるで、簡易チーズケーキ。

余りに美味しかったので、翌日も組み立てて食べたのだが、その直前に、我慢ができずに、冷凍庫にあるチョコモナカジャンボを食べてから、この簡易チーズケーキを食べてしまったのだ、そうしたら、市販のアイスクリームでは、そもそも甘さがすごいみたいで、一つ食べただけで口の中が甘くなっていたせいで、簡易チーズケーキの甘さがわからなかった、勿体ない。
甘いものを食べてから、こういう甘さが弱いチーズケーキを食べるのは、勿体ないとわかった。(涙)

ダイエット本に、よく、どうしてもケーキを食べたくなったら、チーズケーキがお勧めと書いてあるし、チーズケーキを買ってきてもいいのだけれど、普通サイズの大きなチーズケーキは大き過ぎるときなぞ、このロカボクッキーとクリームチーズのチーズおやつは、糖質2gだし、お勧め、一日に1個だけで。

[PR]
by mw17mw | 2018-06-27 18:42 | ダイエット・健康 | Comments(2)
腸の調子をよくするために、ヨーグルトなぞを食べることで腸に乳酸菌を送り込むことが大切と、ネットの記事にたくさん書いてあるが、きっと、冷え性の人だけのことかも知れないが、その上、その乳酸菌の棲み処である腸という大きな器自体を温めて、乳酸菌が働きやすい温度にしておくことが必要なのだ。

色々やってみて、冷え性の人は、夜の気温が下がったり、寒かったら、さっさと、布団を多くしたり、パジャマを厚くしたりする必要がありそうだということに気づいた。
とにかく、眠るときにお腹を冷やさない、なるべく冷たいヨーグルトを腸に入れないことも重要であるくらいだから。

早い話が「眠るときに、腹巻きがあれば便利だな」と思ったけれど、腹巻きをどこで売っているかわからないし、夏場でも使える腹巻きを探したいと思い、急いで買うのはやめて、その後も、気温が低い晩が続いたので、とりあえずは、眠るときに、夏のタオルケットを下半身に巻き付け、その上からニトリの化学繊維綿の布団をかけて、眠ったら、これは成功で、翌朝からちゃんとヨーグルトの効果が出てきたのだ。

(まだ、一週間にも満たないけれど、色々試したら、ヨーグルトは毎晩200g食べるとして、一番重要なのは午後9時という時間に食べることとお腹をちゃんと温めて眠ることの2つだと思う。
一度10時頃に食べた時、効果が表れるのが朝2時間くらい遅れた経験と、10時半頃に食べた時は結局効果が表れなかった経験をした。
食べる時のヨーグルトの冷たさは余り関係なく、10時半に食べたヨーグルトは7時から3時間半も常温に置いておいたけれど、その効果はなかったようなのだ。)

ということで、腹巻きを探すことにした。
最初、どこで売っているのか覚えていなくて、結局、Amazonで、腹巻きで検索したら、たくさん出てきた。
特に「ベストセラー」という印がついている「(グンゼ) GUNZE 愛情腹巻 綿リッチ リブ 男女兼用」というのが、値段も安く、圧倒的人気で良さそう。

でもね、実物を見ないで買うのは怖かったので、ライフ神田和泉町店には、グンゼの製品が沢山並んでいたのを思い出して見に行ってみた。
そうしたら、腹巻きに関してはグンゼのものがなく、プライベートブランドのものだけであった。
それでもよいか買ってしまおうかとも思ったのだが、サイズを計ってこなかったし、お店にもメジャーが置いてなかったので、計ってからにしようと、買うのをその時はやめた。
ただ、その時、やはり、実物を見て、サイズが色々あること、材質も、ウールのほか、綿が80%、60%のものとか、色々あることがわかった。

ま、ライフに見に行った経験を踏まえて、Amazonのグンゼの綿リッチを見ると、値段も一番安いし、評判も良いし、買うときのアドバイスもあって、なんだか、失敗しない気がして、大きめのサイズを注文をしてしまった。
(きゃ~、恥ずかしながらのLL 実際、ウエストは94とかではありません、念のため。どちらかというとヒップのサイズで選びました~。色は皆気に入らなかったので、黒)

d0063149_23475524.jpg
で、使ってみて、ゆったり締め付けない且つ大きすぎないし、綿95%なので、さらっとして、今の季節、ちょうど良い感じ。
(また、今晩は、梅雨寒みたいな気候だから、この腹巻きをつけて、しかも夏掛けなぞを掛けて眠るのが腸のためには良さそう)

で、最初につけて眠ったとき、あまりに具合が良かったので、朝起きてからも外さず、一日中、腹巻きをしたままでいた。

夜になって、ネットで「腹巻き 一日中」で検索すると、一日中腹巻きをすることに否定的な意見がほとんどであった、そんなことをすると、体が自ら温かくなろうと努力しなくなるから、最高でも、1日4~5時間しか使うなと書いてあった。
な~るほどとも、思ったのだけれど、ちょうど今日「カラダの不調が消える奇跡の「腹巻き健康法」」という本が図書館から借りられたのだ。
これを読むと、この筆者の石原新菜先生は、「24時間腹巻きをして、おまけにホッカイロを入れろ」とまで書いてある。
ま~、どちらが良いのか今のところわからず、どちらにしても、良いところ、悪いところありそう。(笑)

しかし、この本にもネットの腹巻きのページにもよく出てくるのが、「お腹は血液がとても多い場所で、血液は約45秒で体を一周するので、腹巻きでお腹を温めれば、温められた血液が全身を回るので、徐々に全身がポカポカしてくる。体温が1℃上がれば、代謝は12%上がり、免疫力は5~6倍になる」ということ。
糖尿病、高脂血症、肥満予防、ダイエット効果が期待できるらしい。

ふ~ん、私はどうしよう、良くわからないけれど、ダイエット効果が欲しいので、夜、どこも行かないで部屋に戻った時から朝まで、腹巻きをして、なるべく、代謝を上げて、ダイエット効果を狙おうかしら?(笑)

この石原新菜先生のご本、一番最後の章に「自然の腹巻きは腹筋」と書いてあって、「あ、そうか」と感心。
私は多分腹筋がないから、冷え性だし、腹筋がないから体幹がしっかりしないで、卓球が上達しないのだと実感。
冷え性の原因は、「体を冷やすから」だとか色々言われるが、究極、腹筋を鍛えればいいのだと納得した。(笑)
頑張れるものなら、頑張ろう!(笑)

(もう、1,2枚買いたいが、これは一枚864円で「あわせ買い対象」なので、単独だと3枚一度に買うか、何か他のものと組み合わせて2千円以上にしないと送料無料にならないのが不便。あ、でも、7/4までが安いらしい。)

[PR]
by mw17mw | 2018-06-15 23:55 | ダイエット・健康 | Comments(0)
ヨーグルトを、朝80gを冷凍バナナやイチゴと一緒に、夜120gはフラグトオリゴ糖15gとともに、合わせて一日200g食べるようにしても、何の効果もない日が続き、ちょっと途方に暮れ、仕方がないので、ネットで、「ヨーグルト 効果的に食べる」で検索したら、苦労している人が多いのか、色々なページが出てきて、その中の知恵も取り入れることにした。

「ヨーグルトを効果的に食べる時間やタイミング」などいろいろなページが出てきた。
ぱっと読むと、「夜9時に200gのヨーグルトを37~40度に温めて食べる」ことを推奨しているページが多いような気がするので、まずは、ぬるい程度の温度の200gのヨーグルトにフラクトオリゴ糖を入れたものを夜に食べたら、完璧ではないけれど、良い結果が出るようになった。

ここにきて、初めて、「ヨーグルトって、便秘に効くのだ!」と実感した。

話は飛ぶが、テレビで、お医者さんがヨーグルトの効果的な食べ方を解説している番組を見たら、例えば、朝食べるヨーグルトは眠る前に冷蔵庫から出して常温に置いておくと、乳酸菌の数が増えるので、冷蔵庫から出したまますぐに食べるより、断然乳酸菌の数が多いから、効果があるり、お勧めと言っていた。
冷たいままのヨーグルトを食べるのは、効果が薄くて、勿体ないのだって、ふむふむ、経験上納得。

素直な私はそれを真似て、冷蔵庫から80gのヨーグルトと冷凍バナナの輪切りをかき混ぜて、蓋つき容器に入れて常温で置いておき、朝食べたけれど、酸っぱ過ぎてまずくて食べられる味ではなかった。
ま~、ヨーグルトは常温とか、37~40度が効果的で、乳酸菌が相当増えているかも知れないが、あまりにまずかったら、続かないよね。
ということで、今、常温で何度までだったら、美味しいか研究中。(また、同時に、冷蔵庫から常温に移して何時間で何度になるかも)
冷蔵庫から出したばかりのヨーグルトはマイナス1度だったけれど、1時間常温で、途中、時々かき混ぜながら置いておくと、10度くらい、3時間半、かき混ぜないで置いておくと17度くらいだった。

話を戻して詳しく先ほどの話を解説すると、私は、思い切って、朝ヨーグルトをやめて、夜9時から10時の間に200gのヨーグルトをできるだけ常温にして、フラクトオリゴ糖を混ぜて、食べることにした。
10度から17度程度のヨーグルトなら大丈夫、一晩常温に置いておいたもの程は発酵が進んでいなくて、普通に美味しく食べられる。(ぬるくなると、液体ぽくなる)

そうしたら、初夏くらいの気温だった初めの2日は、見事、ヨーグルトが効いたのだ。(するっと効くのではなく、うんうんウエストをひねればという効き方)

でもね、3日目、雨が降って気温が下がり、テレビの天気予報が「昨日より10度も気温が下がっています」と言っていた気候に変わったら、翌朝、前日に同じ量同じやり方でヨーグルトを食べたのに、全く効果がなくなったのでびっくり。
その時は、何も考えずに、前日と同じように10度くらいのヨーグルト200gにフラグトオリゴ糖を15g入れたものを食べて、暑かった前の日までの寝巻と夜具で寝たら、全然効果がなかったのだ。
どう考えても、前日までと、気温しか、違った要素はないと思うのだ。

腹巻きがあれば、それで寒さをカバーできるけれど、その時は持っていなかったので、その次の夜から、タオルケットを下半身に巻いてから、ニトリの化学繊維綿の布団を掛けて眠った。
そうしたら、効果てきめんで、また、最初の初夏の陽気の日のように、ヨーグルトが腸に効いたことを実感できるようになった。

そうか、ヨーグルトで便秘を直そうと思ったら、それなりに色々な知識を持って食べないとうまく行かないことを実感した。

自分なりに考えた「ヨーグルトで便秘を直す方法」だが、

1.食べる量と時間は「一回で200g、できれば午後9時頃」を毎日
  冷蔵庫から出したばかりではなく、できるだけ常温に置いておいたものがベター。
  (冷蔵庫から出して何分とか何時間と決めるのは無理、その時の気温に左右されるから)
  多分、正しくは甘味をまるで入れない方が良いみたいだが、控えめにする必要はあるかもしれないが、無理をすることはないと私は思う。
  (私の場合はオリゴ糖を加えて食べているが、オリゴ糖なしで食べたら、効果があるのかないのかはやったことがないから、不明)

2.冷え性・隠れ冷え性の人は、眠るとき、気温が下がったら、寝巻や寝具を増やしたり、腹巻きを使うことをお勧め。(そうすることにより、便秘解消にも役に立つし、基礎代謝が上がるので、ダイエットの効き目もあるとのこと)

  腸は、乳酸菌の棲み処である大きな器で、乳酸菌が活躍しやすい温度の器かどうかは、大きな問題。

私は目立った冷え性の症状はなく、ただ、考えてみれば、ヨーグルトを食べても便秘解消に繋がる経験もなく、今回みたいに、気温が高めなら、ヨーグルトは腸に効くが、気温が低めの日には効かないということが発覚し、「そうか、私は隠れ冷え性なのだ」と自覚した。

と色々書いたが、もっと基本的なこと、どのヨーグルトが自分に合っているかなんて全然わかっていない。
もうちょっとで2週間食べ続けているビビタスが終わるから、その次、ほかのものに変えてみようかな?
(あ、今、画像を撮ったら、「ビビタス」ではなく「ビヒタス」が正しい名前だと知った。<笑>)


d0063149_22000557.jpg

[PR]
by mw17mw | 2018-06-14 22:03 | ダイエット・健康 | Comments(0)
今は、毎朝80gの冷凍果物入りのヨーグルトを楽しみで食べる他、夜にフラクトオリゴ糖15gとアマニ油5gをヨーグルト120gに混ぜて食べるようになった。
食べる時間は、食後少し落ち着いてからの午後8時半とか9時くらいかな?
何故かというと、何かで、消化機能は、午後10時~午前2時までが最高に働くゴールデンタイムとか、読んだ記憶があったので、やはり、10時に間に合うように腸内環境を整えるとしたら、やはり、9時くらいまでにヨーグルトとフラクトオリゴ糖をおなかに送り込むのが正しいと思えたのだ。

で、それは正解だったようで、確か、最初に2,3日はだめだったが、段々腸内環境が良くなったのか、その後はきちんきちんと、朝起きると、ちゃんと、それらの効果を感じるようになったのだ、ラッキー!(でも、それで万々歳かというと、体重には余り影響が出ず、ちょっとがっかり。)

そういう日々が続くと、お腹が軽いような気がしてまた自分の胃腸が正常なような気がして、気持ちが良かったのだけれど、一昨晩、借りてきたDVDを、食後に見だしたら、ついうっかり、午後9時くらいまでにヨーグルトを食べるのを忘れてしまい、眠る前の11時くらいに食べて眠ったのだけれど、朝、何の効果がなかったので、びっくり。

本当、この経験で、「え!ヨーグルトやオリゴ糖を食べる時間でそんなに効果が違うの?」と思った。
やはり、胃腸のゴールデンタイムを大切にする食べ方が良いのかも知れない。

それが、昨晩はいつもどおりに午後9時前に、オリゴ糖やヨーグルトを食べたら、今朝、腸が快調だったことには救われた。

面白いね~、ヨーグルトとかオリゴ糖の腸に対する効果って、少しは腸の中で毎日毎日積み重なるのかも知れないが、本当に最後新しいものを投入しないと最終的に効果ないようなのだ。

ただ、毎日必ずそんな早い時間にヨーグルトやオリゴ糖を摂れるとは限らないので、何か、スポット的に私を助けてくれるものを探してみようかなと思ったところ、炭水化物だけ抜く糖質制限ダイエットの大きな勘違い!ライザップで学んだ正しく痩せる方法という記事を見つけ、やはり、糖質制限で苦労するのは「便秘」ということで、「武田漢方便秘薬」の名前が...、これ、spot的に使うために買ってみようかな?

[PR]
by mw17mw | 2018-05-25 15:58 | ダイエット・健康 | Comments(0)

すき家の牛丼ライト

4月の終わりだったか、すき家で「牛丼ライト」をランチで食べてみた。
これは、何でも、ダイエットしている人向きに、すき家の牛丼からご飯を引いて、ご飯の代わりにお豆腐を入れているというもの。
糖質制限者にも良いかなと近隣の新御徒町店に初めて入った。

そもそもすき家の牛丼を食べたことのない私であったが、最終結論は、「お料理自体は結構美味しい、でも、お腹はいっぱいにならない」という感想であった。(だって、カロリー268kcalで、380円だもの)

丼の中は、一番底に、お豆腐一丁が寝そべっていて、その上にキャベツ・人参の細切りにコーンの粒のサラダがのり、多分、ポン酢がかかっていて、その上に、甘辛く煮た牛肉と玉ねぎが乗っている。(ブロッコリーも入っていたかも)

d0063149_16064393.jpg
これを三位一体一度に食べると、色々な味、色々な食感で結構美味しいのだ、成功している。
正直な話、こういうお豆腐の食べ方があったんだと、新鮮なアイディアに感じた。
(麻婆豆腐を生のお豆腐にかけてどうするのだとは思ったけれど、例えば、麻婆豆腐とか麻婆茄子を生のお豆腐にかけて、キャベツのサラダに添えるのもよいかもと頭に浮かんだ)
お料理としては気に入ったけれど、でも、食べ終わった後、お腹がいっぱいにならないというのが正直な感想。
また、糖質制限をしているものとしては、コーンの粒とか玉ねぎとか、できれば、人参も不要と思う。
ただ、生のお豆腐に直接牛丼の頭がかかっているより、間にキャベツをはじめとするポン酢サラダが間を繋いでいる方がきっと美味しいだろうと思った。
後、どうすれば、お腹に溜まるようになるかというと、お豆腐を生揚げにするとか?お豆腐を2丁にするとかくらいしか、頭に浮かばない。

この牛丼ライトは、確か、お漬物もお味噌汁もつかなかったので、あさりのお味噌汁をつけてみた。(お漬物は、ご飯がないので不要)
あさりのお味噌汁は、やたらに大きなお椀に出て来てびっくりしたが、お椀の大きさに負けず、あさりの大きな殻が沢山入っていた。

こういう糖質制限の人に向いていると聞いているメニューは、他に「リンガーハット」の「野菜たっぷり食べるスープ」という長崎ちゃんぽんから麺を抜いたメニューがあるらしい。(ちゃんぽんは、通常は麺が200gだけれど、麺を150gまで減らしたものはあるみたい、麺50gとか100gのメニューがあったらいいのに)
今度、これを食べてみよう。

[PR]
by mw17mw | 2018-05-21 16:08 | ダイエット・健康 | Comments(0)
(私は今回チョコチョコAmazonで、オリゴ糖を買ってしまったけれど、実は、自分では忘れていたけれど、どうも、昨年12月末Amazon Primeの会員の手続きをしていたのだ。
それがわかったので、配送料無料なので、Amazonで2回もオリゴ糖を買ってしまった。)

4.カイテキオリゴ(各種オリゴ糖混合タイプ)

その後、今度は、オリゴ糖ランキング2018みたいなページに、「日本一売れている」という「カイテキオリゴ」が気になった。「ラフィノース ミルクオリゴ糖 乳糖 フラクトオリゴ糖 イソマルトオリゴ糖 環状オリゴ糖」が混ざっている粉状の商品のよう。そうだよね、私の腸内に住んでいる菌がどんな種類でどんなオリゴ糖を求めているかわからないし、Amazonのレビューなぞ読むと、合う人が多そうだし、これを飲んでみようと、一番少量サイズを購入したのだが、これも、2晩飲んで寝たが、全く私に合わなかった。(涙)←スプーンがついてきて、それですり切り1杯ずつ摂ってみた。興味のある人は、カイテキオリゴのページで100円モニターを募集しているから、これで試してからが良いと思う。

d0063149_11524160.jpg

そして、この商品は、オリゴ糖100%の商品か、それに近いものだと思うけれど、ほぼ甘さがなかった、ま、辛いわけでは勿論ないけれど、小麦粉よりは一段ふんわりした甘さを感じないわけではないという印象。

だから、ネットの中のページに、「オリゴ糖は100%のものが良い」と書いてあったけれど、オリゴ糖100%でなくて、何らかの糖質が入っているものは甘くて使いやすいという長所があると実感した。

でもね、難消化性100%のオリゴ糖なら、カロリーや糖質の量は関係ないけれど、そうでない糖質が入っている場合、知らず知らずに、余分な糖質を摂ることになるのが辛く、どちらが良いのだろうと迷う。

5.オリゴ糖ではないけれど、「ラカントシロップ」紹介

そして、全然甘くないカイテキオリゴをヨーグルトに入れて食べるのに、思いついたのが、先日、オーケーストアで買ったラカントのシロップ。
ラカントの顆粒状の甘味料は、通常のスーパーだと150g入りが一般的だけれど、オーケーの橋場店では、通常の150g以外に、600gにラカントSの顆粒状にこのシロップをおまけに付けたセットで売っていた。(でも、もうすぐなくなりそうだけれど)
ほら、下左の画像を見ると、熱量0kcalでしょう?
ラカントSの顆粒状は、人工甘味料というより、植物性の自然は甘味料、多分、シロップもそうだと思う。
これを補えれば、カイテキオリゴも美味しく使えると思ったのだけれど、カイテキオリゴは、二晩眠る前についてきたスプーンで指示通りの分量を体内に入れたけれど、朝、お腹や腸に何の反応もなかったので、一応今のところは、残念。

d0063149_21233894.jpg
6.フラクトオリゴ糖

また、売れ筋をみて、今度は、フラクトオリゴ糖でトクホのマークのついたものを試してみた。
これは、日本オリゴのHPを見れば、すぐわかることなのだけれど、シロップの名前が「フラクトオリゴ糖」だし、原材料も「フラクトオリゴ糖」だから、100%フラクトオリゴ糖なのかも知れない、それだったら、効きそうと買ってみたのだ。

d0063149_18005866.jpg

でも、この製品は、先程のHPにも、ついてきた小さな説明書にも、100gあたり「水分30g フラクトオリゴ糖40g ぶどう糖20g てんさい糖10g」とちゃんと書いてある。(でもね、原材料に「フラクトオリゴ糖」しか書いていないのに、栄養成分にぶどう糖とてんさい糖が現われるって、シロウトにはちんぷんかんぷん)

毎日大さじ1杯15g摂ると、ぶどう糖とてんさい糖を4.5g摂ってしまうことになるけれど、量的には許容範囲かも。

d0063149_18010175.jpg
で、きいたかというと、最初2日間は効き目を感じ、「さすが、トクホ」と思ったのだが、その後、3,4日目はダメ。
良く分からないけれど、日本オリゴのQ&Aに「1~3週間前後で、変化が出始める」とあるので、当分、このフラクトオリゴ糖で頑張ってみようと思う。

その他、カイテキオリゴも長く試す必要があるみたいだし、オリゴのおかげも、効果を感じなかったわけではないから、捨てない。

だから、フラクトオリゴ糖と、カイテキオリゴ、オリゴのおかげは、順番に試して行こうかと思う。(無駄にはしないと思う)
ただ、「沖縄・奄美のきびオリゴ」だけは、入っているフラクトオリゴ糖の量が余りに少なく、使うと、欲しい効果より、ほぼ摂りたくない普通の糖質を摂ってしまうことになるので、これだけが頭が痛い。

それにしても、厚生省は、こういうシロップの名前の付け方について、どういう基準で許しているのか、是非知りたいものだ。
そうでなければ、買う前に色々調べないと、というか、調べ方のコツなぞを知らないと、ニーズにあったものを買えないことが良くわかった。

また、フラクトオリゴ糖で、当分頑張って、結果、ご報告いたします。

あ、そうそう、今回、カイテキオリゴを初め、全て、2日くらい使っただけで、「効かなかった」みたいな書き方をしたけれど、それはあくまで私の短期間の結果であって、他の人が使ってみて、同じ結果が出るとは限らない。
Amazonなぞのレビューなぞを読んで、色々研究してからご購入ください。

でも、自分の腸内細菌がどうなっているかなんて全く分からないから、難しいよね。

[PR]
by mw17mw | 2018-05-18 11:52 | ダイエット・健康 | Comments(0)
糖質制限すると、便秘になりやすいらしい。
色々な方のアドバイスで若干は改善したものの、完ぺきではなく、そうなると、ムクムクっと潔癖症的症状が現れ、「ヨーグルトも食べ、食物繊維も摂り、何だらかんだら、色々努力しているのに、完ぺきではない」という状態であることから心の中で、「そこから救われたい」と思いが浮かんでくる。
後、残る改善すべき点と言ったら、教科書的には、善玉菌の餌である「オリゴ糖」?
自分に合ったオリゴ糖を見つけて食べて、腸内環境をよくするしかないと思ったのだ。
でもね、殆ど何の知識もない私は今回初めてオリゴ糖に取り組んでみて、色々失敗したので、その記録をば、ご紹介。

1.「オリゴのおかげ」
で、私は「オリゴ糖」に頼ったこともなく、知識もなかったが、以前、「オリゴのおかげ」という粉末タイプを買ったものの使わなかったので、残っていると探したがなかった。
ネットで見ると、この粉末が良いみたいだけれど、近隣のスーパーには、シロップ状のものしかなかったので、シロップ状の小さい方の300gのペットボトルを購入。

d0063149_11523531.jpg
これは、夜、夕食後にヨーグルトに入れて食べたのだが、容器の裏に書いてあるように一日8gずつ摂ったら、2日目くらいから、完ぺきではないが、改善してると感じられた、さすがトクホ製品。
この時、私は何も考えず、オリゴのおかげは、オリゴ糖100%のシロップなのだろうと勝手に思い込んでいた。

完璧ではないけれど、「オリゴのおかげ」で、オリゴ糖の働きを実感できたので、オリゴ糖のことをネットで調べたら、ビフィズス菌の餌となる難消化性のオリゴ糖には6種類あると書いてあったのだ。
そして、オリゴのおかげも、乳果オリゴ糖だと気づいた。
救われたい私は、違う難消化性のオリゴ糖を飲めば、もっと良くなるかも知れないと思ってしまった。

2.「沖縄・甘味のきびオリゴ」(フラクトオリゴ糖)
そんな時、スーパーに行ったら、「消化をされずに腸まで届くフラクトオリゴ糖」というキャッチフレーズの「沖縄・奄美のきびオリゴ」というボトルが目に入った。

d0063149_11523897.jpg
何だか便秘のせいで、すっきりしない気分の私は、フラクオリゴ糖も難消化性だと思い、わらをもすがる思いで、それを買ってしまった。
でもね、家に帰って「栄養成分表示」を見たら、100g中炭水化物は73gで、そのうちフラクトオリゴ糖は15g」と書いてあるのを発見。
「え、それしか入っていないのに、フラクトオリゴ糖シロップを名乗れるのだ」とびっくり!
100gあたりのシロップの中で炭水化物が73gで、うちフラクトオリゴ糖は15gということは、その差は何だろう、何も書いていない。(でも、きっと、果糖とか、しょ糖だと思う)
炭水化物というか、糖のうち20%だけフラクトオリゴ糖でも、フラクトオリゴ糖シロップを名乗れるのって、信じられないと思った。
(厚生省が指導しているのだろうか、どういうルールなのだろう?)
どうも、この「沖縄・奄美のきびオリゴ」の売りは、「普通の砂糖に比べて、同じ量ならば、きびオリゴの方がカロリー30%少ない」ということらしい。
そうか、糖質制限をしていて、便秘しているものには関係ない商品だったみたい、がっかり。
(だって、100gのうち、フラクトオリゴ糖は15gだけ、このボトルは、350mlだから、フラクトオリゴ糖の量は、たった32.5g。
他の商品の表示によると、便秘に利くようにフラクトオリゴ糖を摂取するとしたら、6gらしい。
そうすると、「沖縄・奄美のきび糖」だと、フラクトオリゴ糖で5回分、でも、一回一日70gも摂らなくてはいけなくて、非現実的)

確かに、このシロップ、一回にどのくらい摂れと書いていないので、適当にヨーグルトに入れて夜食べて眠ったが、2.3日、何の効果も感じなかった。(涙)
やはり、余りに、フラクトオリゴ糖の量が少な過ぎるのではと思う。

3.「オリゴのおかげ」(乳果オリゴ糖)に戻る
「沖縄・奄美のきびオリゴ」で学んだことを頭に入れて、私の持っている「オリゴのおかげ」を見てみたら、オリゴのおかげも、100%乳果オリゴ糖ではないことがわかった。

オリゴのおかげは、2種類あって、(本当は3種類、1つはライトタイプなので省略)

トクホ<オリゴのおかげ>
  300gと650gのシロップ状のみ
  甘さは砂糖の80%
  乳果糖フラクトオリゴ糖を30%含んでいる

トクホ<オリゴのおかげ         
ダブルサポート>
  顆粒状と500gのシロップ状
  甘さは砂糖の半分
  乳果糖フラクトオリゴ糖を顆粒状は55%、
  シロップ状は40%含んでいる

と一見、顆粒状が優れているように思えるが、シロップ状は水分も含んだ全体量のなかの割合、顆粒状は水分がない状態での割合なので、実質、飲むと、シロップ状のダブルでないものを大さじ1(15g)を飲むと4.5g、ダブルサポートのシロップは、6g、顆粒状は、1スティック6gなので、3.3g摂れることになり、ダブルサポートのシロップが一番乳果糖が摂れそう。

結果、乳果オリゴ糖が働いていくれたという実感があったものの、あ~あ~、こういう風に計算しないと使えないシロップは、余り好みではないと思ってしまった。

ということで、ここで止まらず、もうちょっとオリゴ糖を探すことにした。<続く>


[PR]
by mw17mw | 2018-05-17 17:44 | ダイエット・健康 | Comments(0)
昨日の鳩の続きだけれど、「ベランダで鳩が卵を産んだ」という記録を発見。
読むと、やはり大変、孵化して巣立つまで40日かかるらしい、それに、我が家のベランダや給湯器の上は全く広くなくて、鳩が一人前に大きくなるのに向いていないし、大きくなるまで、ずっとそこにいるから、いたるところ、鳩のフンだらけになるのは見えているし、長い間、アパートを開けておくのもいかがなものかと思ってしまう。(お金持ちでないし)
やはり、業者に頼んで、「親鳥は傷つけないこと」を条件に、卵と巣を取り除いてもらおうかしら?と思いつつある。
だって、私も子供を生まなかったし、うちのニャンコも、生まれてすぐ、野良猫を保護する会みたいなところに捕まえられて、自分の意思とか関係なしに不妊手術を施されてしまって、子どもを産んだことがなく、私たちは今後とも母になることはないのだ。

ということで、鳩さんは、今回、卵の段階で、人間に邪魔をされたとしても、これから、何度でもいくらでも、卵を産んで環境さえ良ければ孵せると思ったら、今回、卵だけ諦めてもらおうかという気になってきた。
やはり、成鳥になるまで40日間は長過ぎる。

---本題です---

4月1か月は殆ど体重が減らず、結果的には、0.4kg減で終わってしまった。
良く言えば、停滞期?原因が良くわからなかったのだ。

ただ、ライザップの本を読んだら、お昼ごはんより夜ご飯を減らさなくてはいけないと書いてあって、確かに私は、糖質制限はしているものの、それまで、たん白質をたくさん摂らねばと、昼と夜、食べる量は同じくらいだったと反省。
それがヒントになり、4月下旬くらいから、お昼にお肉料理(例えば、ステーキっぽいもの)を食べ、夜ご飯はお豆腐とかごぼう料理(細かい鶏肉は入っているが)、動物性たんぱく質を夜食べるとしたら魚とか卵を食べるようにした。

それでは、お腹が空いて困るだろうと思うかも知れないが、「ココナッツオイル入りのコーヒー」が助けてくれた。
今まで、色々な効能の色々な飲み物を試してきたが、「空腹を抑える」効能ということでは、「ココナッツオイル入りのコーヒー」は一番信頼ができると思っている。


d0063149_20392396.jpg

ココナッツオイル入りコーヒーは、3月末から4月初めまでの2週間、完全糖質制限しながら、早く痩せるために飲み続けていたのだが、ケトン体関連のことを心配する人が多く、もしかして、怖いダイエットかも知れないと思い、一応、2週間でやめたのだ。(効果は余りなかった)

しかし、その後、やはり、ココナッツオイル入りのコーヒーを飲まないと体重が増えやすいことを実感し、すぐに、再び復活したのだ。
(復活しても、体調は良いので、そのまま、ずっと続けている)

ココナッツオイル入りのコーヒーは、色々な効能が言われているが、私の場合、「ココナッツオイル入りのコーヒーを飲むと、お腹が空かなくなる」という効能だけは、はっきり感じていたのだ。

で、以前、Youtubeで、ココナッツオイル入りのコーヒーを勧めているお医者さんが、「食前3時間前に飲むようにと言っていた」ので、朝は飲むのを諦め、午前中は、10時頃飲んで、お昼を12時半とか1時くらいに食べ、夕方は4時半にココナッツオイル入りのコーヒーを作って飲み、7時半か8時頃に夕飯を食べていた。(出かけるときとか、部屋にいないときは、小さな魔法瓶に入れて持ち歩き、ほぼ時間通りに飲んでいる)

しかし、いつも決まった時刻に飲めるわけではなく、色々な時間に飲むことも多かったのだが、夕方、特に5時半とか6時にこのココナッツオイル入りのコーヒーを飲むと、7時半頃、そんなにお腹が空いていなくて、ちょっと食べ物をつまむだけで十分で、眠るまで、また眠った後も朝までお腹が空かないことを発見したのだ。(もしかして、朝ごはんも以前より食べなくなっているかも)

だから、最近は、5時半とか6時頃に、ココナッツオイル入りのコーヒーを飲み、その後7時半頃、軽い夕飯、例えば、特濃豆腐にキムチ、ごぼうと鶏肉とこんにゃくの煮物を適当に食べ、最後、ヨーグルトにオリゴ糖なぞを入れたものを食べるだけで、満足できるようになった。

お昼は、10時半頃、買い物から帰って来て、一休みの時に、このココナッツオイル入りのコーヒーとアーモンドくらいあれば、十分満足で、余計なものを食べたりしなくなったし、多分、お昼に、食べる量も前より減っているかも知れない。

そういう食べ方に変えたら、5月に入って10日間で1kg程度、体重が減った!
(今まで、壁となっていた体重を軽々破ったので、びっくり、こうなると、後5㎏でも10kgでも痩せるのも夢ではないという気持ちが起きてきた。何だかな~、最近、体重が減ることを目的として生きている感じ)

停滞の原因が正しいかどうかわからないが、糖質制限はカロリー制限がないので、知らず知らずに、多分食べ過ぎていたのだろうと思う。(本当に糖質制限だけで痩せるのか、疑っている。極端に減らすことはないけれど、やはり、糖質制限をしていても、食べ過ぎていれば、中々痩せないのではと思う)
実際に、もう半年近くダイエットをしていて、やはり、動くことと、食べ過ぎないことがダイエットの必須条件なのだと思った。
そうして、私の場合、「空腹にならないこと」、「空腹でも我慢して量を食べないこと」が難しかったのだが、ココナッツオイル入りのコーヒーがそれを助けてくれることがわかって、ラッキー!

何故、ココナッツオイル入りのコーヒーを飲むとお腹が空かないのか、また、実際に空腹にならないというのは、多分、ココナッツオイル(中鎖脂肪酸)が体内に入ると、体内の脂肪がケトン体になることを推進するのだそうだ。
で、その結果、「脂肪からできたケトン体が消費される=脂肪が減っている=体重が落ちている」ということなのかも知れない。(この話のすべての前提は、「糖質制限をしている」だが)
また、ココナッツオイル自体は、すぐに消費される油であり、体内に溜まらない性質とのこと。

後は便秘が問題。
そらままさんとくろうさぎさんのアドバイスを実行、確かに、以前より改善がみられるのだけれど、もう一歩、すっきりしない日が続いている。
毎日、めかぶを食べ、お腹を動かすことや散歩を心掛け、時々、スクワットをして、ヨーグルトを夜も食べ、ごぼう茶も飲み始めたから、それなりに良くはなっている。
でも、雨空より曇り空になった感じ、まだ、晴天に行っていない感じ。
ただ、毎日完璧に便秘対策ができているかというと、いい加減であることは否めない。

ただね、こうなってくると、後足りないものは、腸内環境の整備かなと感じている。

多分、動物性たんぱく質を良く食べていて、食物繊維の働きもするご飯を殆ど食べずにいるから、食物繊維が足りないから、悪玉菌が頑張っているのだと思う。

それを善玉菌環境に換えるには、オリゴ糖かなと思い、今、色々なオリゴ糖を夜のヨーグルトに入れて試している最中。
来月の結果に乞うご期待。

[PR]
by mw17mw | 2018-05-11 18:02 | ダイエット・健康 | Comments(1)
糖質制限の本を読むと、「食べて良いパン」として、ローソンのブランパンだけが載っている場合が多い。
(その他のパンは、糖質制限を気にしないで作られているので、糖質制限的には推薦されない。)
ローソンのページによると、既に「累計1億5千万個売れたと書いてあるので、私が知らなかっただけで人気のある商品のよう。

好奇心から、そのパンを買ってみたいと思って、家の近所のローソンに見に行ったのだが、陰も形もなくて、諦めていたのだが、昨日、家からちょっと離れた台東三丁目店に行ったら、その日は売り切れだったけれど、「毎日、夜中に届くから朝早めに来れば買えるわよ」と教えてくれた。(だいたい、パンの棚にはブランパンと言う文字と写真が沢山あった)

そうか、お店の考えで、糖質制限パンを揃えて大々的に売っているお店と無関心で揃えないところがありそう。
ということで、台東三丁目店からずずっと春日通りに向かうと、春日通りにぶつかる角に新御徒町店があって、ここはまだチェックしていないと、中に入ると、こちらのお店では、ブランパンが売れ残っていたのでお買い上げ。
見かけ、すごく小さな茶色いパンが2つで、税込み125円、ま、高い方でしょうね~。
製造者は、山崎製パンであった。


d0063149_21341415.jpg

家に帰って重さを計ったら、袋のままで120gだから、一つ60gで、縦7㎝×横5.5㎝×一番高いところで4㎝くらい?
本当に小さなバターロールくらいの大きさ。

栄養成分を見ると、一つ60gにつき糖質が2gとのこと。(糖質量ハンドブックによると、60gのトーストには糖質9.1gとのことだから、1/4程度に)
原材料のところに本当に色々な材料が書かれていたが、ま~、当面、我儘は言えない。(笑)

開封してみると、ふわふわの茶色っぽいパンで、味は、小麦の味ではないけれど、そんなに個性的な味でもなく、食べやすい。
何ていうか、ふすまの味が若干するような気もするし、偽物のメープルシロップを思い出させるような味が微かにするようにも感じるが、それが微量であるので、嫌な感じはない。
ま、最近、パンを食べていないから、何でも美味しいと思ったのかも知れない、パンの横腹を切って、少し、トースターで温めて、kiriのチーズとロースハムを挟んで食べて、至極満足。

このパン1つで糖質2gだから、今後、家にあったら、朝ごはんが物足りない時に手が伸びてしまいそう。

[PR]
by mw17mw | 2018-04-16 21:45 | ダイエット・健康 | Comments(2)