人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2019年 08月 24日 ( 1 )

この前の日曜日、酒販組合の暑気払いであった。(私は8月中に酒屋を廃業し、酒販組合もやめるので、これが最後の宴会であった。こういう組織に属していないと、暑気払いとか、年始の会が中々ないので、その点淋しい)

今回は、蔵前の今井、暑い中家から近いので助かった。
また、今井さんは、日曜は定休日なのだが、大きな宴会とか法事は休みの日でも引き受けてくれるらしい。

最初は、先付?
左は、ラタトゥイユ、右は、とんびの焼いたもの。
(とんびって、何かと思ったら、イカの口の部分なのだって、確かに、イカを解体すると、こういう部位があるのを思い出した。そうか、それをこうやって食べるのだと勉強になった。柔らかくて、イカっぽい味であった。)

その後は、お刺身、まぐろとサーモン。
d0063149_17575952.jpg
下の写真の上の画像は、コース外のサービスということで、一人一本出された手羽。
下は、冷やし茶わん蒸し、蟹が少し入っていて、冷たくて美味しかった。
d0063149_17580547.jpg
下の写真は、出てきた順序としては反対。
まずは、下の写真の岩牡蠣の揚げ立てのフライが出てきたが、大きくてふっくらしていて、とても美味しかったし、ボリュームもごちそうであった。

最後は、ミニの鰻丼、肝吸いつき、美味しかった。
d0063149_17581253.jpg
デザートは、豆乳プリンとのこと、軽くて美味しい。
それが乗っているお皿、私が持っている昔むか~し合羽橋で売っていた「ロイヤルコペンハーゲン風の小皿」ではないか。(その後、物まねは良くないということで、製造中止になった)
初めて、私以外の人が持っているのを見た。
物持ち良いと思う、もう20年くらい前に売っていたものだと思う。
d0063149_17581690.jpg
以上で、3800円のコースとのこと。
例えば、「包丁の技が光る」とか、「さすが長年の修練のなせる業」みたいな方向ではなく、「家庭的な優しくて楽しい料理」が多かったけれど、全て美味しかった。(3800円で何を言っているのだ!>自分)


by mw17mw | 2019-08-24 08:14 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)