人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2019年 08月 16日 ( 1 )

ゴミ袋の研究

先日も書いたように、このお盆休みに私に課せられた課題は、ただひたすら「地下の片付けと掃除」。
ということで、この一週間、朝のまだ涼しいうち、自分の体力があるうちに、2,3時間、軍手をして片づけをしている。
成果が上がったかと言うと、う~ん、今日はその命令をした人がチェックに来るのだ。
多分合格しないので、この土日も掃除の日々かな?(でも、いつまでそれが続くの?というと、これから当分の間、掃除の日々になると思う)

ということで、1か月くらい前だったか、ゴミの出し方を清掃局に聞いたのだ。
事業用のゴミは、ゴミの券を貼って出すことは知っていたが、例えば、酒屋の帳簿とか問屋からの請求書みたいな紙ベースの書類も、その対象なのだって。(なぜ、今まで知らなかったかと言うと、地下にためてあったのだ)
で、有料のゴミ券は、普通ゴミのものと一緒とのことで、種類をチェックしたら、10リットル、20リットル、45リットル、70リットルで、70リットルは5枚単位だけれど、その他は10枚単位なのだって。(今まで母が残した券を使っていたので、自分で買ったことがなかったのだ)
ふ~ん、30リットルがないのが不思議、それと、これらの処理券を使おうと思ったら、その大きさのポリのゴミ袋がないと使えない気がして、10リットルとか、20リットルの袋を探してみたが、殆どなかった。
ようやく見つけた20リットルは、薄手で、紙のゴミをごそっと入れたら破れそうな薄さ。
う~ん、これじゃ、実用的には使えないかもとその時判断。(後日、シモジマに厚手の20リットルを発見したが、シモジマでしか手に入らないとなると、実用的ではない気がした。)

仕方がないので、45リットルの券を10枚買ってしまった。

ゴミ袋を色々買い集めて使ったとは言え、そんなに多くないから断定的なことは言えないのだが、ポリのゴミ袋って、本当に厚さが色々、そして、ちゃんと書いてある袋もあれば、書いていない袋もあった。
私が通常使うのは、多慶屋で売っているUSEという手提げごみ袋30リットルの50枚入り、薄手ではあるけれど、普通の生活で出るごみを週に二回捨てるには問題のない厚さだし、手提げ型なので、縛りやすくて好き。
色々ゴミ袋を買ってみて、結構どこの売店でも同じような袋を売っているように見えるが、実は、一軒一軒、それぞれ似て非なる袋を売っているように感じた。
どこで買ったか覚えていないと、同じものを買うのは大変かも。
d0063149_09373931.jpg
私はポリのゴミ袋を冬物、夏物をしまうときに未使用の袋を利用しているのだが、衣類の整理や書類の処理袋に一番使いいいと思ったのは、下の手提げ型の45リットル。

それが、表の袋を捨ててしまったし、ゴミ袋本体にも、余計な情報が載っていないし、どこで買ったかすっかり忘れて、また、同じものが買えなくて困っている。(多慶屋とシモジマは見に行ったが、この袋を売っていなかった。)
手提げ型で、厚さが薄すぎず厚すぎず、例えば、0.04㎜という70リットルより使いやすい。

d0063149_09374853.jpg
唯一、ヒントになったのは、袋に印刷されていた「NZV-42G」という記号。
これで、検索したら、どうも「日本技研工業」という会社のものだとわかった。
d0063149_09375149.jpg
通販だと送料を取られて、すごい値段になりそうだが、多分、家の近所のコンビニを回れば、見つかりそうな気がする。
重たいものを捨てる時のゴミ袋と、その他、衣類の整理等にお勧め。

by mw17mw | 2019-08-16 09:54 | 道具 | Comments(0)