人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2019年 07月 31日 ( 1 )

月曜日の12時過ぎに、味農家に行ったら、満員で入れなかった。
外の直射日光の強いところで待つのもなんだと思い、自転車でその周囲のお店をチェックして、気に入ったところがなかったら、戻ってこようと思ったのだ。(その日、ティアナックは1時スタートなのだって)
で、清州橋通りの西側を走ったのだが、讃岐うどんも四川料理も気が進まないなと考えていたら、饗 くろ喜(もてなし くろき)の近くまで来て、どう見ても10人くらいの行列だったので、12時半近くの10人なら、大したことがないと思い、並ぶことにした。

熱いものは食べたくないとか考えていたら、あっという間に、食券を買う順番が回って来たので、食券機の前で、冷たいおそばがないかチェックしたが、浅蜊和えそばのところに、「冷・温」と書いてあったので、これしかないと思って、これを選んでしまった。(席についてから改めて考えたら、塩つけそばでも良かったかもと反省、でも、周囲の人の注文を聞いていると、90%以上皆「特製塩そば」であったし、焼売も良く売れているみたいだった。皆、気候が暑くても熱いおそば食べられるのだ、エライな~)

d0063149_09310147.jpg

これが、浅蜊そばの冷たいもの。
どんなものか全然思い浮かばなかったけれど、むき身の浅蜊の茹でたもの、細長い九条ねぎ、トマト半分に茹で玉子。(上にかかっている粉はわからなかった。)

d0063149_09305564.jpg

運ばれたときに、「レンゲでトマトと卵を細かく切って、おそばや汁と混ぜて食べてください」と言われる。
きっと、汁が浅蜊からの塩でしょっぱいから、トマトと玉子の味でやわらげるのだと想像は着いた。
確かに汁だけ飲むと、しょっぱい!
浅蜊は全ての塩分が汁の方に行ったのか、全然しょっぱくない。
言われたとおりにトマトと茹で玉子を切って混ぜて食べると、良い具合の味になった。
(でも、これって、パスタの冷製にも応用できる料理だと思う、今度家でやってみよう、九条ねぎを貝割れに変えたりしてね)

麺は平打ち麺になるのだろうか、でも、腰があって、私好みの固さの美味しい麺であった。

d0063149_09305863.jpg

癖になるほどの美味しさはなかったが、冷たい麺がこれしかなかったら、再度食べても良いなと思えた。(もっと何度か食べ込むと癖になるかも)

そんなとき、私の前の調理場で、見たことのない麺を組み立てていた。
涼しげなガラスの器に麺から具を積み上げていた、あれはなんだろうと、メニューと照らし合わせると、「富士幻豚和えそば 限定5食 1800円」しかないのだ、確かに、特製塩そば1300円に焼売300円をつけるのがデフォルトだったら、この1800円も高くないかも。
そのうち、一度は食べてみるかな~。

今回並んでいる人10人で大して時間がかからなくお店に入れたのに気を良くして、今後ちょくちょく饗くろきには行くかも。(でも、きっとこの余り混んでいないのは、真夏の平日、12時半近くだからだと思う、真夏はねらい目かも)

by mw17mw | 2019-07-31 14:03 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)