人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2019年 07月 01日 ( 1 )

金曜日の夜、弟と幸楽と言う近所のキタナシュラン中華で有名なお店にご飯を食べに行く約束をしたが、携帯での連絡がうまく行かない上で、一人でそのお店の前に行ったら、臨時休業していたのだ。
もう時間も遅いし、早くご飯が食べたい、え~いと、浅草橋の餃子の王将まで、自転車を走らせてしまった。

当然、金曜日の食事時の時間は結構混んでいて、名前を書いて、待たねばならず、その間に下の焼きそばのポスターと目が合ってしまった。
「極王焼きそば美味リニューアル」と書いてあったら、焼きそば好きな私は受けて立たないわけには行かない気持ちになった。

こだわりの素材「特製XO醤、北海道産小麦粉麺・香味豚ばら・餃子の王将こだわりの玉子」を使用し、「コクとうまみが凝縮された特製XO醤と白醤油の風味を加えたワンランク上の逸品」と書いてある。
こりゃ、食べてみなきゃと思えたのだ。(お腹が空いていた)

d0063149_15472293.jpg

暫くして、カウンターに案内され、メニューを見たら、極王焼きそばセットというのが、チャーハンセットの隣に載っていて、ビールも飲むから餃子3つとかから揚げ2つはおつまみにちょうど良いと思って取ってしまった。(ご飯が目に入っていなかった)←だって、お腹が空いていたのだもの

d0063149_15472648.jpg
下が実際に出てきたもの、何だか、見本の写真と比べて、海老1個は同じとして、玉子の焼いたものが、1つしかなくて、寂しい。
(と思ったら、麺の中に1つ焼いた卵が入っていたが、それでも、見本の3つには足りなかった。)

d0063149_15472916.jpg
食べてみると、塩味というのか、醤油味でないことは確かの塩焼きそば風、ただ、麺が信じられない程柔らかくて、焼きそばと言う感じがしない全然焼けていない柔らかい麺で、参った。
ただ、全体、不味いのかと言うと、具のキャベツ・白菜・ピーマンなどの野菜が、多分国産で新鮮なのか、また、香味豚ばらも美味しいお肉で、それらはとても美味しいのだ。(卵も海老も問題ないのだが、何といっても主役は豚肉と野菜と調味料)
味付けも、特製XO醤とか白醤油の他、油も 良質だと思うのだが、麺以外の美味しい素材が良質の調味料で味付けされて、「豚肉の野菜炒め」としては、最高に近い出来ではと思ったのだ。

だいたい、このセットが届いたとき、「わ、麺とご飯のダブル炭水化物だ」と気づいて、このおつけものも付いてこないセットで、どうやってご飯食べようか、悩んでしまったが、心配は無用であった。(餃子とから揚げはビールのお供)
この豚肉の野菜炒めとそれに絡まる調味料で白いご飯を食べると、すこぶる美味しいのだ。

「わ、餃子の王将って、焼きそば抜きにして、「極王豚バラ野菜炒め」で売り出せばいいのに、どうして、不味い焼きそばを加えて不味くして出すのだろう」また、「焼きそばだけが美味しくないリニューアル焼きそばを出すこと」が不思議であった。

この極王の焼きそばは、豚バラ野菜炒めとして見れば、相当良い点数ではあった、もし、そういうメニューがあったら、取りたいけれど、焼きそばが入っていると思うと、二度目はないと思う、残念。(やはり、そこに焼きそばがあると、勿体ないから食べてしまう、残したのは白いご飯になってしまった)

餃子の王将に投書しちゃおうかしら?(笑)

by mw17mw | 2019-07-01 09:49 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)