人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2019年 06月 21日 ( 1 )

介護ホームのある場所は良くわからないが、甲府市内のどこか、しかし、最近、バスの路線が廃止され、タクシーでしか行けないということで、自家用車を出してくれた従弟に感謝。
しかし、路線バスもないとのいう割には、この施設の周囲に、大きな家がぎっしり建っていたのでびっくり。
近隣の皆さま、自家用車頼りで暮らしているのかしらね?

おじさんたちが入っている介護施設は、定員が15名で、全員個室で暮らす、その世話をする職員さんが5名というこじんまりとした施設で、温かい雰囲気を感じたが、広さは、その人数が生活するには十分以上の広さを感じた。(きっと東京の施設だったら、もっと狭いだろう)
この小さな規模のホームで、職員さんは皆女性だし、和やかな雰囲気、きっと、悲惨な事件とか起きるべきもない感じがして、「県外の私でも入れるか?」と聞いてしまった。(笑)

何でも、この土地の所有者が植木屋さんとのことで、外は、庭が広々で、緑豊か。(雨だったので、歩き回れないが)

d0063149_16120763.jpg

私たちが着いたとき、叔父さんは、起きていたけれど、ご自身のご家族、東京から来た私たち親戚の顔を見ても、残念ながら、無反応だった。
何だかね、昔からお世話になったお礼にせめてお見舞いと出かけたけれど、先方は全然私たちをわからず、今回の訪問はただの私たちの自己満足になってしまった、残念。

でも、お嫁さんであるおばさんは、私たちのことわかったみたいだし、明るく、笑わせるようなことを言ったり、してくれて、私たちが訪ねて行ったことを喜んでくれたみたいであった。

叔父さんと叔母さんが窓から見ると緑が多くて、部屋も広々した環境で落ち着いて和やかに暮らしていることを確認できて良かった。
最後、皆で、記念写真を撮って、叔父さん・叔母さんと別れ、甲府に住む母の妹である叔母の家まで、送ってもらった。

私たち4人とM花ちゃんとそのお父さん、甲府の叔母と長男さん(残念ながら、お嫁さんや妹さんは日程が合わず)で、合計8人、叔母が用意してくれた甲府の美味しい珈琲(わざわざ山の方に買いに行ったとか、でも、ごめん、名前を失念)とケーキを、ごちそうになったが、両方とも美味しかった。
特にコーヒーはドリップで淹れたとは思えない程、濃く抽出されて私好みの味であったが、多人数が一度に会話する環境では色々な話が交錯していてその感想も考えてみればその時叔母さんに伝えられなかった。
(LINEでやり取りしているM美ちゃんも「甲府のコーヒー、美味しかった~」と言ってきたから、あれは相当特別なコーヒー)

美味しいコーヒーとケーキを味わいながら、久々会う親戚同士で、和気あいあい話が弾むことはとても楽しかった。
ほんの1時間とか2時間だけだったが、従妹と、本当にこんなに盛り上がった親戚同士の集まりは久しぶりで、「自分の両親が健在であり、私たちが幼かったころの昔を思い出すね~」と感想を述べあった。
確かに、大人になってからのこの10年、20年の間、法事やお葬式で短い時間親戚が集まることはないことはなかったが、1時間や2時間でも、そういう悲しい儀式以外で楽しく会えることがどんなに楽しいものだったか思い出すことができた。

気づいたら、私が叔母の家に行くのも7年ぶり。(それ以外の東京の従兄弟たちは、もっと行っていない)
叔母は、同じ敷地に長男夫婦のお家と別棟に住んでいるのだが、そうだ、叔母はそこを2,3年前だったかに平屋に建て替えたのだが、私は気づいたら、新しくなって初めての訪問であった。
以前は、和風だったが、今回は、畳なしの白を基調とした洋風の家になっていたのだが、家も、光が沢山入る設計で素敵だったのが、何といっても、家の内外、花に囲まれて生活していることがとても素敵で印象的だった。(きっと私にはできないだろうけれど)

ここも雨だったので、余り歩き回れなかったのが残念。

玄関のところに、色々な色の鉢植えが並べられていた。
何でも、ちょうどバラの季節が終わって、ラベンダーの季節とのこと、一番右のラベンダーがきれい。

d0063149_10543550.jpg

この木は6月に咲く「ヤマボウシ」という名前とのこと、叔母の家のお茶の間から、見える木、とてもきれいだった。

d0063149_10543152.jpg
こちらは、叔母さんが、毎日朝5時に起きて、手入れしている植え込みとのこと。
四季折々色々な花が咲くのだろう、きっと。
d0063149_10544772.jpg
外の写真は雨でなかったら、もっと色々に撮れたのに、残念。

叔母の家の中に入っても、玄関先に、庭に咲いていると思われるお花がきれいに生けられていたばかりでなく....
d0063149_10544087.jpg
部屋の壁には、叔母が作ったドライフラワーと、ご長男のお嫁さんのお母様の趣味が「花を題材にした油絵」とのことで、この下の画像の壁だけではなく、至る所に、花の絵とドライフラワーが飾られていて、きれいで、羨ましかった。
こういう暮らし方もあるのね~。

叔母は、ちょうどラベンダーのドライフラワーができたばかりとのことで、プレゼントしてくれるとのことだったが、今、私はにゃんこの病気で大切にできそうもない環境だったので、全て、従妹にもらってもらった。(従妹は大喜び)

甲府のおばさんを初め、皆、幸せそうに暮らしている姿が、とても良かった。

d0063149_10544353.jpg
甲府の叔母さんちで、M花ちゃんとそのお父さんには、お礼を言ってここでお別れ、会えて、楽しかったし、とても助かった、歓迎してくれて有難う。

そうして、今度は甲府の叔母さんの長男さんの自動車で、甲府の駅まで連れて行ってもらっい、だいぶ様変わりした甲府の駅周辺を案内してもらうことになり、またまた、感謝。

予約を取ってあった4時半のあずさに乗って、帰りの電車の中で、従妹のM美ちゃんと昔話をしても結構お互い知らないことも多くて、新しい発見で、楽しかった。
とにかく、今日は、案内していただいたファミレスでの食事、叔父さん・叔母さんの介護施設訪問、その道々の自動車の中でのM花ちゃんとの会話、また、甲府の叔母の家で歓迎してくれたこと、素敵な花のある新しい家の暮らし方を見させていただいたことなど、M美ちゃんとこんな楽しかった一日って、久しぶりだねと、お世話になった方々、全員へ感謝を感じながら、東京に戻った。

ね、東京に皆がいらしたとき、反対のことをしたいのだが、運転免許も持っていないし、自動車もないし、家は狭いはで、何もできないのが、恥ずかしい。

by mw17mw | 2019-06-21 17:25 | 東京以外の遠出・温泉 | Comments(0)