人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2019年 05月 16日 ( 1 )

先日、卓球帰りの涼しい日、メンバーの人たちと、まずは、徳太楼にきんつばを買いに行くことに決まった。
で、そこに行く道々、その近所にたい焼き屋が一軒あって、美味しいから、一匹ずつ買って、その場で食べましょうということで話がまとまった。

で、実際に行ってみると、徳太楼さんの横の路地を言問通りに向かって、言問通りに出る寸前右側に「たい焼き」という看板が見えた。(場所としては、大学芋の千葉屋の横)
d0063149_18273982.jpg

写楽というたい焼き屋さん、以前、合羽橋本通りを国際通りに出た今半の反対側に支店があったけれど、そういえば、最近目に入ってこない、撤退したのかな?(と思って先程検索したら、西浅草店は閉店したらしい、あちらは、国際通りを挟んだはす向かいに浅草浪花屋があるし、競争が厳しい)

私は、徳太楼さんできんつばを3日分買い、その後、ステーキ弁当を買う予定だったので、その場でたい焼きを買って食べる話にはパス。
二人の友人が注文したたい焼きが焼き上がるのを一緒に待っていた。
そのお店は、本当に狭くて、店左半分がたい焼きを焼くスペースでおじいさんが一人座って黙々と焼いていた、あの一丁焼きというのか、天然ものと言おうか、一匹単位の焼き型。
お店の前には、3人用の狭い縁台といおうか、ベンチ代わりになる縁台が置いてあり、そこで、座って待ったり、食べたりすることができるみたい。

メニューを見ると、熱々のたい焼きだけではなく、どら焼きアイス、ずんだシェイクみたいなものの他、一番左に「白玉、あんこ乗せ、抹茶くずシャーベット」だって、美味しそう!

d0063149_18274291.jpg

ちょっと先客が2,3組いたのと、一匹単位で焼いていたので、5分くらい待ったのかな、そうして、出来上がったら、何と、私の分まで買ってくれていたのだ!
ま、それならと一緒にいただいたが、とても薄い皮がパリッと焼かれていて、その中に熱々のつぶあん、練習帰りのお腹に美味しかった~!
浪花やとどちらが美味しいとか、最近、全然たい焼きを食べていないからわからない、ただ、この極薄の生地がバリンと焼けた、焼き立てのたい焼きは最高!

d0063149_18274675.jpg
「今度、気候がもっと暑くなったら、抹茶くずシャーベットだわ」と心に誓う私であった。

家に帰ってブログを書くために色々調べていたら、西浅草の路地奥にたい焼き屋ができたのは知っていたが、どうもこの写楽さんの支店で、自分でたい焼きを焼けるお店みたい。(その話はまた今度)

by mw17mw | 2019-05-16 18:37 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)