人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2019年 05月 10日 ( 1 )

先週、パルコヤの利久にタンを食べに行った時、松坂屋の北海道展のチラシをもらう。
そういえば、こういう北海道展なぞに興味を持たなくなって、何年経ったろう。
ざっと見ても、私がこういう物産展に興味を持ったのは20年くらい前だろうか?その頃は、「北海道から空輸のホタテ貝とかイカ、お一人様5個ずつ」とか、原材料が売られていたが、今のパンフを見ると、その場で食べられるものか、お弁当で持って帰れるものばかり。(もう完全に、誰も料理しないこと前提の物産展)

d0063149_23300791.jpg
イートインで一番高いものが「四大ガニを盛り付けた20種類の豪華海鮮丼」が3240円なのだが、こんな豪華なもの、お酒とかビールなしで、催事場の味気ない椅子で食べるのはやはり抵抗を感じる。
その他、お弁当もチラシに画像が載っているのは、2千円台から4500円まで。(申し訳程度に文字で、「980円弁当もご用意!」と書いてあるが、当然だよね)

その中で、ラーメンのイートインで、チャーシューたホタテとバターコーンが沢山入っているラーメンの写真が美味しそうだったし、値段的にもリーズナブルで、催事場の簡易のテーブルと椅子で食べるのにちょうど良い感じがしたので食べに行った。

d0063149_23301437.jpg
有名かどうか知らないが「菜ヶ蔵」(ながくら)というラーメン屋さんのもので、麺は西山製麺、西山製麺の名前は札幌ラーメン関連で昔良く聞いた覚えがある。

d0063149_23301795.jpg

若干、並んだ後、先に食券を買ったのだが、食券売り場にはホタテバターコーン味噌の写真しかなく、他の味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、新得地鶏醤油ラーメンなぞ、具として何が入っているのか全くわからず。
食券売っている人に聞くのは面倒だと思うと、自動的にホタテバターコーン味噌を注文することになる。

これが、運ばれてきたホタテバターコーン味噌、やはりね、チラシの写真に比べると貧弱、でも、ちゃんと入るものは入っていたし、良かった。(多分、写真用のは重い具がスープに沈まないような工夫をして撮っているのだ、きっと)

d0063149_23302082.jpg
ちょっとしょっぱかったけれど、美味しかった。
お味噌が煮込んでない感じで、生味噌っぽい味がしょっぱく、そこに甘めの帆立とかバターコーンの味が絡んで、甘さとしょっぱさの対比が美味しかった。
他、チャーシューもトロットロで量も多くて美味しかったし、メンマも入っていた。

私は何十年北海道に行っていないだろう、だから、本場の札幌ラーメンについて語れないのだけれど、このラーメンの麺をすすったら、太くて、ちょっと揉んであって、固さがあり、「スーパーで売っている札幌ラーメンと同じ」と思った。(笑)
いや、それで悪いとは言えないけれど、スーパーで売っている札幌ラーメンより一二段美味しい麺だったら、良いのにと思った。

ただ、久々の生味噌臭い味噌ラーメンで、とても満足した。

by mw17mw | 2019-05-10 07:43 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)