人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2019年 04月 07日 ( 1 )

先日から、気になっていた佐竹通り春日通りの入口にある魚旬でランチができた。
ずっと行きたかったのは、海鮮丼が気になっていたからなのだけれど、気づいたら、メニューから海鮮丼が外れ、ユッケ海鮮丼だったかに代わっていたのだ、
それはどうも食べたくなかった。
しかし、先週前を通ったら、海鮮丼ではないけれど、天然ぶり丼に代わっていたので、入って食べて来た。

元々、安くて新鮮で有名なお店だから、初めてのランチもとても美味しかった。

d0063149_11244689.jpg
メニューはこちら。
カナガシラって魚屋さんで見たことはあるけれど食べたことなくて惹かれたけれど、今回は初志貫徹で、天然ぶり丼。(全部美味しそう)
そして、ご飯半分は50円引きと書いてあったので、ご飯を半分にしてみたが、女性だったら、十分の量だったので、ホッ。

d0063149_11245180.jpg

実際に出てきたのはこちら。(ま、お漬物は大したことないが)
全て美味しかった、ぶりが美味しいことは当然ながら、その下のご飯がとても美味しく、私好みであったのでびっくり!
ま、炊いたばかりとか、タイミングが良かったので、とても美味しく感じた可能性はあるけれど、お米の選び方・炊き方にも神経を使っているお店かも知れないと思った。
大満足。
d0063149_11245593.jpg
ま、このお店について、潔癖な人は、調理場が全然見えない地下に行くことをお勧め。
私は調理場に向かい合ったカウンターで食べたのだが、汚いという程ではないけれど、ロースターの後ろとか見えて、そこが完ぺきに掃除が行き届いているという程ではないので、そういうことが気になる人は、地下のお店に行ってしまったほうが良いと思った。(勿論、不潔ではないのだ。例えば、先日行った焼鳥トリビアンなぞは、全く完ぺきに掃除が行き届いているお店であったが、魚旬はそこまで完ぺきではない感じ<完璧ではないだけで、不衛生ではない>)

あ、そうそう、もう1軒、気になっているけれど、行けてないお店をご紹介。
清州橋通りの白鴎高校西という信号のところにある、気づかない間にできていた「小料理 東山」というお店。
ランチの「天然魚丼」(限定三食)、刺身定食が1500円で、ポークソテーとか鯖味噌のランチが1000円とのこと。
名前からすると京都風なのかとも思うし、それをどう生かしているか興味津々ながら、まだ、行っていない。

d0063149_11250095.jpg

by mw17mw | 2019-04-07 12:02 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)