人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019年 01月 02日 ( 1 )

愛宕神社は素敵1/2

12月の初めに、東京駅丸の内南口から、東急バスの一日乗車券を買って、等々力行きに乗ってみた。
コースを考えたのだが、日比谷公園は別にこのバスで行かなくても家から交通便利なところにあるので、今回はパスして、愛宕山(愛宕神社)→芝公園・東京タワー周辺→最近できた白金にある港区郷土歴史館→八芳園→東京都庭園博物館か、国立博物館付属自然教育園に行けたらいいなと思ったのだが、ま、実際はその半分も歩けなかった。

で、そのコースの中で、私として、一番良かったのは、愛宕神社
以前、泉岳寺に行った時に、「東京の人が中々行かない観光スポットのお寺」と言われたが、この愛宕神社も名前は有名だけれど、行ったことのある人を知らない。どちらかというと、神社は、オフィス街や高級マンションのある場所にあるので、結構有名ながら、近隣の人しか行かない神社かも。(そうだ、「汽笛一声新橋を」という鉄道唱歌の一番に、「愛宕の山」が出てくるから有名なのだ。)

以前、等々力行きのバスの車窓から見た時、この神社の様子がわかった。(下りたのは、「愛宕山下」というバス停だと思う。)
何でも、標高が25.7mの東京で一番高い愛宕山の上にあり、ものすごく急な階段が「出世の階段」と呼ばれているよう。
当然、もう私と出世は関係ないし、否、関係があっても、こんな階段を上りたくないと思う。(笑)

d0063149_11495683.jpg
しかし、さすが、都心のど真ん中の一等地にある神社ゆえ、以前テレビで、その横にエレベーターがあると言っていた覚えがあったので探すと、下の画像のように、神社の左手に、愛宕山トンネルがあり、その左横にエレベーターがあった。(水色の星印をつけたもの)
以前から不思議だったのだ、このエレベーターって、愛宕神社が作って管理しているのかどうかって。
(エレベーターは設置にお金が相当かかるし、メンテナンスだって、ちゃんとやらないと怖いから、お金がかかる、愛宕神社がそこまで資金潤沢な神社かどうか、わからなかった)
そうしたら、エレベーターのところに、森ビルが作り、森ビルが管理していると書いてあった。
さすが、虎ノ門一帯の不動産と言ったら、森ビルだものね、それなら納得。

d0063149_11500069.jpg
エレベータは、どうも、地上が1Fで、山頂が2Fのよう。(それ以外に停まるところはないもよう)
動き出すと、エレベータのゴンドラの上半分くらいが透明で外の景色が見えるので、結構怖かった。

d0063149_11500843.jpg
2Fに到着すると、下の画像のような橋が渡っていた。
d0063149_11502128.jpg

橋を渡ると、その左手には、NHKの放送博物館があり、右手に行くと、神社に行けるようであった。(入館無料らしい)

d0063149_11502302.jpg
<おまけ>
好奇心で、愛宕トンネルを抜けてみた。

近づいてみると、遠くにトンネルの外が見えて、短いトンネルとすぐわかった。
(下の画像は、トンネルのどちら側から撮ったものかわからなくなってしまった)
d0063149_12461787.jpg
トンネルを抜けると、そこはまたまた高級住宅地ぽいマンション、ビルなぞの新しい建物ばかりでなく、古いお寺もあり、素敵なところであった。
誰かマンションをくれるというのなら、ここらへんが良いなと思う。(笑)
d0063149_12521824.jpg

by mw17mw | 2019-01-02 12:53 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)