人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2018年 11月 23日 ( 1 )

水曜日のランチは、どんな料理を出しているか気になるTianakへ。
下の画像は、帰りに写したものだが、左端に、クリスマスツリーになるモミの木?もうそういう季節なのかという感じ。
また、確かに、下の画像を見ると、メニューが出ていないのがわかるでしょう。(笑)

d0063149_20454079.jpg

お店の中に入ると、また、メニューを表に出す時間がなかったとお姉さんが言う。
で、お店の中に置いてあった手書きのメニューを見ると、ランチが3種類もあって、しかも...

d0063149_20454563.jpg

下の方に、「今日のお野菜」という題名で、8種類もの付け合わせになる野菜について、どんなふうに調理したか書いてあった。
これだけ、下ごしらえしたら、確かに、表に出すメニューを書く暇はないと納得。(でも、損だよね、素晴らしいのだから)
d0063149_20454935.jpg

今日のお野菜は、「木曽紫蕪の蒸し煮」「ふじ化粧蕪と海老、アボカドマヨ和え」「黒大根マレ風」「ブロッコリー バルサミコドレッシング」「紅芯大根のラペ」「紅くる〃大根トリュフ塩浅漬け」「金柑の甘露煮」「バジルポテト」だって、何と、8種類、皆、切っただけではなく、手を加えているところがすごいし、この野菜の量、これにメインのお肉料理とパンがついて、千円で採算が合うのかしら?と思ってしまう。

こちらはその日のパン、盛り合わせ。
そういえば、席に座っていたら、女性二人が入ってきて、少しで帰ってしまった、どうしたかと思ったら、「パンしかなくて、ご飯がない」というのが予想外だったらしく、帰って行ってしまった、ま~、外から見たら、何が食べられるお店かわからないから、致し方ないかも。
d0063149_20455335.jpg
私が選んだのは、ブランケット「鶏もも肉のクリーム煮 小さなマツタケ添え」
頼んだ時は、マツタケについて特有な風味が頭に浮かばなかったし、期待していなかったのが、いざ食べ出したら、クリーム煮の鶏もも肉の上に乗っている割いたマツタケがちゃんとマツタケの香りと味をもたらしてくれて、良い風味を与えてくれていた。(高くないのかしらね?)
何だか、マツタケというものを食べるチャンスが中々なかったので、マツタケの風味を思い出せて、大変良かったし、洋風にも合うのだとわかった。(というか、洋風のものにちょっと和のテイストをつける感じ)

d0063149_20455666.jpg
その他、8種類の手をかけた野菜の付け合わせもとても美味しく、生の野菜と火が通った野菜の量のバランス、良く噛まなくてはいけない料理、柔らかくて余り噛まなくて良い料理の量のバランスが取れていて、食べていても楽しかった。

鶏肉のクリーム煮の塩分が私には薄すぎたというのは、私の特殊事情としたら、今回パーフェクト以上の出来と思った。
ここを一人で仕切っているお姉さん、こんなに色々料理をして、どんな職歴だろうかとこちらは興味津々だが、教えてくれなかった。(笑)
料理好き、研究好きであることは良くわかった。

何でも、Tianakに行った記事を書いているのは私だけと言う話を聞いていたが、今、チェックしたら、【蔵前】西日暮里の人気ブーランジェリーianak!がカフェをオープン! Tianak! という記事が見つかったので、ご紹介。
後は、食べログ登録だよね。(それがないと、紹介するとき、住所や電話番号、地図を細かく紹介しなくてはいけないから)

そもそもの素材としての野菜にこだわりがあって、手間暇を惜しまないで料理する姿勢、まるで、洋風の味農家みたい。
こういうお店が見つかって、嬉しい。

by mw17mw | 2018-11-23 08:15 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)