天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2018年 11月 11日 ( 2 )

日田のいとこが、かぼすを再び送ってくれた。
そうなると、果汁を絞ることになるので、果汁を入れる瓶を焼酎で消毒するための道具を探しに行った。

そうしたら、ダイソーに、「ペットボトルを有効利用」という霧吹きヘッド2個入りがあったので、買ってきたのだ。
350mlのペットボトルに対応するとあり、空いている350mlに取り付けてみた。

d0063149_20345447.jpg

でも、だめ、結局、パイプが水を上まで吸い上げないみたいで、それが原因で、全然、液体が出てこない。

ネットで検索すると、500mlの同じ形のものが何回かしゅぱしゅぱすると使えると書いてある記事 を初め、私と反対に使うのに成功して褒める記事が結構見つかった。

私の何がいけないのでしょうか?

明日、ダイソーに聞きに行こうかな?

と書きましたが、ノズルで霧の細かさを調節したら、無事、出てきました!
お騒がせいたしました。

[PR]
by mw17mw | 2018-11-11 21:09 | 道具 | Comments(0)
さて、菜の花を出た後、上野駅に向かったら、結構ライトアップがきれいだった。
藝大はごく普通の照明だったのか、何も印象に残っていない。
東京国立博物館の旧池田藩の門がきれいにライトアップされていた、この門はいつ見ても立派。

d0063149_20344455.jpg

東博は、どうも金曜日は、午後9時まで開館しているので、このようなライトアップがされているのかも。

d0063149_20344723.jpg

同じく、西洋美術館も金曜日の夜は9時まで開館しているので、ライトアップが煌々としている以外、国立博物館と違って、入口が奥なので、入場券を持っていなくても、庭に入れるところがとても良い。
ふと、玄関上の壁を見ると、何やら人影が映っていた。
その先をだどると、庭にあるロダンのカレーの市民の銅像の影が映っていて、何だか、日本の美術館の前で、昔の西洋人が何やら相談している風に見えたのが、素敵であった。(下の画像は、今、明るさを調整していたら、明るすぎてしまった、本物はもっと暗い)

d0063149_20345066.jpg
科学博物館や東京文化会館は、ごく普通の照明だったかな?
ま、とりあえず、上野の山の中は、金曜日の9時までは確実に明るい。(他の時でも暗くて怖いということはないと思う、ま、自転車で走り抜けるくらいの経験しかないけれど)

[PR]
by mw17mw | 2018-11-11 20:48 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)