人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2018年 08月 25日 ( 1 )

5月21日に、偶然、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を、なんていう題名だか忘れたが、題名に惹かれて、見てみたら、タサン志麻さんという家政婦さんの話であった。(タサンは、フランス人の旦那さんの姓)

フランスでフランス料理を学び、日本に帰ってきても、ずっとフレンチのシェフだった志麻さん、詳しくは忘れたが、人に任せずすべて自分で何でもこなす性格であることに気づき、結婚とともに、フレンチのシェフをやめたのだっけな?(ここは良く覚えていない)
今は、乳飲み子を育てながら、料理専門の家政婦として、活躍していて、「予約の取れない家政婦さん」なのだって。

プロフェッショナルの話も面白かったし、どんな料理を作るのか興味があって、その時に、図書館で志麻さんの本を予約したのが、2週間前に回ってきたのだが、結局殆ど利用しないで、返すことになりそう。(今でも、24人待ちの人気)
ざっと見たところ、目新しい料理はなかった。
ただ、今、検索したところ、NHKのプロフェッショナルの志麻さんのページに、4つ動画入りのレシピがあった、これを利用しよう。


d0063149_20490446.jpg
ざっと自分の冷蔵庫を見て、それらで何食もお料理をしてくれるって、憧れるけれど、実際は、台所をきれいに保っていないと、人を入れるのも憚れる気がする。(この人に来てもらうために、台所を使わないようにしたりして<笑>)

ただね、テレビを見て感じたのは、共働きのご夫婦の場合、両方とも忙しく、両方とも美味しいものが食べたいわけだけれど、どちらかしか料理ができないと、料理ができる方ばかりに負担が来るわけで、こういう料理上手の家政婦さんに、出前代わりに料理を作ってもらえたら、夫婦平等に疲れないで美味しいものをニコニコしながら食べることができるわけで、それが家庭円満の秘訣に見えた。

こういう方を頼めるくらいの年収、仕事を持ってみたい。(笑)

by mw17mw | 2018-08-25 21:10 | 調理・料理研究 | Comments(0)