2018年 05月 27日 ( 1 )

上野駅界隈-新しい「スシロー」でランチ

私って、糖質制限を真面目にやっている印象があるだろうけれど、実は、週に一二度、やはり、ご飯とか麺類を食べてしまうみたい。

ちょっと情報は古くなるけれど、5月12日の土曜日に、上野の120円のスシローに行ってみた。
アメ横の線路沿い、真ん中より上野駅に近い方にあり、もうちょっと上野駅寄りの向かい側には、上野の回転寿司ナンバーワンと言われる「グルメ廻転寿司 まぐろ問屋 三浦三崎港 上野店」 があって、行列ができていた。
ま、こちらは、デカ盛りとか、握り中心のお店であることは確かなので、糖質制限が終わったら、入ってみたい。

d0063149_12253419.jpg

一階にも、待つコーナーは用意されているけれど、実際は、地下のお店に行くと、その入り口にも待合室があって、そちらの椅子に待っている人が並んでいた。
勿論、受付の機械があって、「1名、カウンター」で申し込んだら、ちょうど1席空いていたみたいで、すぐに番号を呼ばれた。


d0063149_12260405.jpg

お寿司はレーンを流れてくるし、また、注文すると、特別レーンを通ってすぐに来て、その点は問題ないのだが、何ていうかな、お店にとってのコスパを考えているのか、もしくは、都心店は、郊外店に比べて規模が小さいからか、お寿司以外のメニューが少ないのだ。
お刺身みたいなものとか、サラダみたいなものが全然なくて、お寿司以外で取ったものは、茶わん蒸しと枝豆くらい。
お寿司も、郊外店では、100円のものが120円だから、最後高くなるかなと思ったのだが、どういうわけか、「エリア限定」で「三貫120円」というセットが3つもあって、そのうち、2つ取ったら、大変安く済んだ。(でも、まさか、三貫全てで120円というのはあり得ないような気がして、お店の人に確認してしまった。<笑>)←今でもあるかどうかは良くわからないが。


d0063149_12294953.jpg

だから、このお店に来たら、握り中心で食べるしかないと思った。
その点、はま寿司の白山店なら、もうちょっとお刺身とか、糖質を含まないものが摂れるのになと思った。

また、スシローの方がはま寿司より握りが大きいことは良いのだが、今回久々食べたら、酢飯が、結構温かくて、しかも、合わせ酢が甘い気がした。(一番最初にスシローに行った時、酢飯の甘さが気になったことを思い出した。その後慣れてしまったのか、余り感じなかったが、今回、最初に行った時の「大阪系江戸前寿司の酢飯の甘さ」的感想を思い出した。)
う~ん、上野スシローは近いし、思ったより高くないので、悪くはないのだけれど、やはり、メニューの少なさで、遠くてもはま寿司の方が良いかな?

でも、近隣にスシローが一応あると、忙しい時に便利だとは思う。

[PR]

by mw17mw | 2018-05-27 12:48 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)