天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2018年 05月 03日 ( 1 )

昨晩、ブログを休むつもりはなかったのだが、Wi-fiが繋がらなくなってしまった。
そういうときも今までなくはなかったのだが、すぐに復旧することが多かったのに、昨晩はだめ、また、朝起きてもダメ。
夜中に起き出し、私の場合、Wi-fiルーターを二台使っているので、二台とも色々調べると、原因は私サイドのルーターの方ではなく、フレッツ光サイドの問題のように感じた。
で、朝、身支度をして、10時頃からNTT東日本に電話して、待つこと40分強、何でも、ぷららというプロバイダーを使っているフレッツ光ユーザーに障害が起きているのだって。
で、障害の状況は、その電話ではだめで、障害状況を教えてくれる電話番号を教えてくれたけれど、どう考えても、また、そこから、1時間近く待たないと電話がつながらないことは予想がつく。

仕方ないと、PCをいじっていたら、緩くだけれど、メールだけ繋がり、HPもちょっとだけ表示されるなぞ改善が見られたかと思うと、平常に戻った。
あ~、疲れた。
何だかな~、ネット中毒かも知れないが、ネットがないと疲れる。(スマホでも、ネットにつなげるから、それ程不自由ではないけれど、ブログを書くこととか、画像の整理は、私の場合、PCでないとできないのだ)

---本題です---
昔、アメ横に、椅子とテーブルを出した飲食店はなかったけれど、数年前から、ずいぶん当たり前になった。
と言っても、私が関知していたのは、御徒町側から山手線高架の内側に入って、1つめの角、曲がったら、二木の菓子というところに、相当、椅子が出て、たこ焼き屋さんなぞが流行っている、ここは、どちらかというと、日本人向け?
そのまま真っすぐ行って、センタービルの横っ腹に、ケバブだ何だとエスニック風の料理を売るお店が数軒あって、皆、繁盛しているみたい。

とここまでが私の知っているアメ横の飲食店のエスニック化だったが、先日行ったら、もっとエスニック化が進んでいた。
御徒町側から行くと、
先程書いた二木の菓子へ行く角を曲がって、摩利支天の前あたりに、韓国風ホットドッグのお店ができていた。
土日は繁盛していた。

d0063149_15365961.jpg
うまく画像が撮れなかったが、これらが韓国式ホットドッグというのか?
日本のアメリカンドッグに近いのかな、中に入れるものを選んで、最後、出来上がりにかける粉を選ぶらしい。

d0063149_15551016.jpg


で、このお店を通り過ぎた横、二木の菓子との間を入って行くと左側に、台湾のカフェもできていた。
(台湾のカフェは、浅草ROXの三号館にもできたみたいで、今、ブームなのか)
何を頼めば美味しいと思うのか、ここは、入れそうだから、そのうち、研究してみよう。

d0063149_15370270.jpg
センタービルの外の食堂街になっているところより、もうちょっと上野寄りのセンタービルの反対側にある、「串串香屋」も、やたらに頑張っていて、面白かった。

d0063149_15371089.jpg

基本的には、日本の食べ物のお店なのだが、日本のメニューは中国人や韓国人には物足りないのか、もみじとか、あひるのネックを焼き鳥風にしているところが、面白かった。
こういうものの方が、中国や韓国の人には良いのだろうなと思う。


d0063149_15370604.jpg


おでんもあるけれど、「中華風」と書いてある、写真を見ると、おでんというより、焼き鳥や野菜の串を麻辣味の出汁で煮込んだものだろうか?
他に、アジフライとかとんかつなぞの揚げ物も並んでいたけれど、揚げ物は、そんなに変わったものはなかったかな?


d0063149_15370814.jpg
ま~、私の生活にあまり関係ないが、どこまで、アメ横のエスニック化が続くか、見て行こう。

[PR]
by mw17mw | 2018-05-03 15:57 | Comments(2)