2018年 04月 19日 ( 1 )

新御徒町駅界隈-「うどん屋 はやし亭」で、いなり寿司&うどんランチ

昨日、意を決して、うどん屋 はやし亭に糖質ランチを食べに行って来た。
ただ、行く前に、一生懸命、家でサラダを食べてからなのだが。(笑)

午後1時前に行ったのだが、壁沿いのカウンター5席に4人の男性が座って食事をしていた。
その他、6人掛けの大きなテーブルがあったが、そちらは空いていた。

セルフサービス・前金制ということで、奥の調理場手前まで行って、注文を頼み、お金を払うシステム。
お店の中は、サーフィン関係の絵とかで飾られ、若っぽいけれど、中年という感じの男性二人のお店のよう。

d0063149_12280511.jpg


下のメニューの中から何にしようと思ったが、このお店の基本がわかるのは、やはり、いなりとうどんと思って注文した。
(お店を出るときに、「この①から④のうどんは、小ではなく、普通のサイズ?」と聞いたら、普通のサイズとのこと。
セットメニューにも二つあって、

d0063149_18203130.jpg

暫くして、渡されたのが、下記画像。
ただ、うどんの中の揚げ玉と、葱の隣にあるお漬物は、受け渡しのテーブルに置いてあったものを入れたもの。
素うどんかと思ったが、ほうれん草と卵焼きが入っていた。

うどんの方から評価すると、うどんを食べた時に「この美味しいモチモチ感、知っている」と思ったけれど、すぐには思い出せなかった。
でも、そのうち、間違ったら悪いけれど、テーブルマーク(加ト吉)の冷凍うどんを食べた時とそっくりと思い出した。
美味しいのだけれどね、冷凍かな?(もし、自家製うどんとか、手打ちなら、そう書いてあるけれど、メニューにもお店にもどこにも書いていない、ということは、製麺所で打ってもらったものか、冷凍かな?でも、今どき、製麺所は縮小傾向だし)


d0063149_12281011.jpg


こちらが拡大した画像。
うどん汁は、透明感のある一見関西風かなと思うのだけれど、それはそれ、東京に合わせて、きっちり、関西風よりは醤油多めだと思うのだけれど、甘みも結構あるタイプ。
不味くないし、くどくないけれど、やはり、甘い。
化学調味料感は殆ど感じなかったし、でも、本当の出汁を使っている感もなかったが、砂糖感は残った。(笑)

全体、うどんとうどん汁は清潔感があって美味しいけれど、わざわざ遠くから食べに来るという感じではないと思う。
もうちょっと個性があるうどんがあったら、推薦できるけれど、素うどんを食べた感じでは、そこまでの個性を感じなかった。



d0063149_12281346.jpg

いなり寿司は、裏返ししたジューシーな油揚げの中に、薄っすら甘酢の味がくどくない酢飯が入っていた。
驚いたのは、作りおきではなく、今、作ったばかりと言う感じのものだったこと(酢飯はまだ温かい感じだから、注文を受けてから、甘酢を振ったのかも知れない)、美味しかったけれど、リピートしたいという感じではない。

素うどんといなり寿司の味のバランスは良かったと思う。

糖質制限でなかったら、まだまだ、カレーうどんとか食べてみたいけれど、残念、これ以上、深入りしないと思う。

ダイエットに関する影響については、なかったわけではなく、昨日、この糖質ランチを食べなかったら、きっと、腸の調子も絶好調だったし、夕飯も少なかったしで、500gくらい体重が減っていたかもと思う。(実際は+100gだった。)


[PR]

by mw17mw | 2018-04-19 12:50 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)