2018年 04月 10日 ( 1 )

ブロッコリーは電子レンジで

本日、ライフの神田和泉町店に行ったら、先日、オーケーで売っていて、近隣スーパーにはないものと紹介したもの等、結構揃っていた。
私が日常的に行くライフの新御徒町店は、神田和泉町店に比べて、小さいので、品揃えが良くないのだと良くわかった。
「さとの雪」という徳島のお豆腐屋さんのお豆腐は、神田和泉町店には、充填豆腐ではないものもあったし、鳥越のココスナカムラというスーパーは小さいけれど、さとの雪の充填豆腐が2,3種類揃っていた。(男前豆腐も3種類くらいあったかな?)
ライフの新御徒町店を見ただけで、物を言うのはこわいと思った。(笑)

---本題です---

最近、糖質制限ダイエットを色々研究しているうちに、夕飯は、ワンディッシュで、ブロッコリー沢山、わかめ沢山、ベビーリーフ少々、忘れなければトマトに、アジやサーモンをサイコロに切ったものを乗せて、食べている。

で、ブロッコリーとトマトは、必ず、浅草橋の野菜スタンドで購入。

ブロッコリーに関しては、「ブロッコリーの茹で方?蒸し方?」という私の2012年の記事が良く検索されていたのだけれど、本人はずぼらでずっと茹でていた。(なんちゃって、私が一番遅れているタイプで、皆さまは既に、ブロッコリーは電子レンジで茹でてらっしゃるかも知れない)

が、それでは美味しくないとようやく思えて、この度、Cookpadで検索しながら、自分なりの「ブロッコリーを電子レンジでチンする」方法を決めた。

1.買って来たブロッコリーは、房のところに包丁を入れ、切り離し、幹にあたる部分は、粗く皮をむき、2つ割りか3つ割りにする。

d0063149_18213936.jpg
2.それらをざるに入れ、軽く洗い、水気が付いたまま、ビニール袋に入れるが、口は開けっ放し

3.500Wの電子レンジで、4分チンして、取り出しては、花柄というのだろうか、枝にあたる部分に竹串を刺してチェック。
  (私は柔らかく茹でたブロッコリーの方が好きなので、この花柄が柔らかくなるまでチンをする)

4.4分で柔らかくならなかった部分をビニール袋に戻し、再び、1分なり2分なりチンしては、竹串を刺して、柔らかさをチェックする。
  (今日もやってみたが、最後の太い幹の部分まで柔らかくするのに、7分くらい、かかった)

d0063149_18214262.jpg

(上の画像に写っている赤いお尻が尖っているトマトは、ファースト種、生で食べると美味しい。最近、桃太郎に負けて、余り見なくなったが、先日、浅草橋の野菜スタンドにあったので、買い求めた、勿論、美味しい~。)

皆柔らかく加熱終わったら、ビニール袋から出して冷まし、触れるくらいに冷めたら、好みで大房を小房に分け、ビニールの袋に入れ、冷蔵庫で保管、3、4日で食べ切る。(芯の皮を剥いた部分は適当な大きさに切って、別袋に保存、スープや炒め物に使う、それ以外はサラダに。<芯の部分でも皮を剥かないでも食べられるものは、緑色のつぼみ部分と一緒の袋に入れてサラダとして食べる>)
このまま使わないのなら、冷凍すべき。
でも、冷凍するよりしない方が美味しいので、私はこのブロッコリーの電子レンジ茹でがあると、毎晩、サラダを食べてしまう。

d0063149_18214930.jpg

このやり方だと、ブロッコリーが緑色鮮やかに茹で上がり、しかも、水っぽくなくて、甘くて美味しい。
(ブロッコリーは新鮮なものかどうか、小房なり大房なりに分けた大きさによって、また、好みの柔らかさによって、電子レンジにかける時間が決まってくると思う。私の場合、5分から始めてもいいと思うし、途中一回ひっくり返すのも有用だと思う)


[PR]

by mw17mw | 2018-04-10 18:44 | 調理・料理研究 | Comments(0)