天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の日記です。ご自分のブログやHPの宣伝はコメントではなくTBでお願いします。 by真凛馬


by mw17mw

2018年 04月 05日 ( 1 )

私の弟は、以前から、野球の大谷選手が活躍すると、「あいつはすごい、天は何物も彼に与えた。(見かけも格好いいし、性格も良さそう。また、ずば抜けた野球の才能がある)」と絶賛していた。
また、このところ、アメリカでの活躍を聞いて嬉しそうなので、どうせ生まれるなら、顔良し、身体良し、運動神経抜群の男の子に生まれたいのかと思い、「今度、生まれ変わるとしたら、大谷?」と聞いたら、「う~ん」と少し考えてから、「いや、それより、大谷のお父さんになりたい」とのこと。
あくまで、本人があくせく努力する運命には行きたくなくて、陰で、出来の良い息子の活躍にほくそ笑むお父さんになりたいなんて、さすが、努力嫌いな弟らしい。(笑)

それにしても、昨日の初ホームランを打った後、ベンチでニコニコしながら、後ろから同僚の肩を「ねえ、ねえ、僕打ったよ!」みたいな感じで揺らしている姿は、シャンシャン並みの性格の良さがなせる可愛さであった、確かにあ~いう息子が欲しい。(笑)

---本題です---

わ~い、二週間糖質を極力食べないようにしたココナッツオイルを摂るダイエット、終わった~。
今日から、夜ご飯には糖質を摂らないようにするけれど、朝昼に、ご飯をほんのちょっと食べたり、一日に一食、まともな丼物や麺類を食べることも可能になって、嬉しい!

ここで懺悔です、糖質を摂らないと言っていたけれど、実は、スリムアップ スーパーフードキューブという一個につき2gの砂糖が入っているお菓子を一日一個は食べていました。(涙)

Youtubeのココナッツoilダイエットの秘密1という番組を見て、ココナッツオイルを使ったダイエットを真似して2週間頑張ったけれど、結果、殆ど痩せなかった。(涙)
何が原因かは定かではないが、この2週間、極力糖質を摂らなかったのにね、何で、だめだったのだろう。
ま~、Youtubeの番組の中で、ココナッツオイルを使うとお腹が空いたと感じなくなるということは私も味わったけれど、2週間で5㎏痩せたという記事は、私の場合、夢のまた夢。

それに、ココナッツオイルのせいかどうかはわからないが、多分、余りお腹が空かなくなったせいで、総じて、糖質以外の食べる量も減ったのか、便秘がきつくなったのがつらかった。

さて、実際のダイエットだが、動画では、「1・ココナッツオイルをコーヒーに入れて飲む 2.飲むタイミングは食事の3時間前 3.食事の糖質制限」が、ココナッツオイルダイエットのルールと紹介されていたので、このルールに従ったのだ。

う~ん、この番組でわからなかった点は、一日何gのココナッツオイルを飲むべきかということ。
世界ふしぎ発見では、一日100gと言っていたけれど、それは金銭的にもきついし、不味そう。(ココナッツオイルは飲んでもすぐエネルギーになるので、多少多く摂取しても大丈夫とのこと)
私の場合は色々なことを自分なりに計算して、一日大さじ2杯とした。
で、結果的に425g入りの瓶を11+1/4日で全てお腹に入れたから、平均して1日38g摂取したのかな?
(ただね、この量でも、一瓶で11日強だから、二瓶買わないと14日持たないところが辛い)

摂取のタイミングは、食前3時間とYoutubeで言っていたので、当然、朝タイミングよく摂るのは非現実的で無理と思い、昼夜ご飯のために10時半と4時半に、下に書く「ココナッツオイルをコーヒーに入れて乳化させたもの」を飲んだのだけれど、美味しいので、抵抗は全然なく、むしろ、楽しみで飲んでいた。
本当に、味は、無糖で、脂肪分が軽めのウィンナーコーヒーという感じで、美味しかった。

Youtubeで色々な動画を見た時、インスタントコーヒーのような濃いコーヒーの方がいいかなと思って、小さなインスタントコーヒーの粉を買ってしまったが、実際に飲み比べたら、ココナッツオイルが軽い油のせいか、普通に自分で淹れるドリップ式のコーヒーの方が合っていた。

d0063149_16571240.jpg

「コーヒーにココナッツオイルを入れる」やり方なのだけれど、ドリップで140㏄程度の普通に熱いコーヒーを作り、そこに大さじ1のココナッツオイルを入れて、粗方油を溶かしてから、ミキサーにかけると、10秒もしないうちに、強く乳化されたコーヒー牛乳色の飲み物ができる。
そうなのだ、油を細かく攪拌して、しっかり乳化させることが重要。
Youtubeの中で、ダイソーで売っている牛乳をホイップする電動の泡だて器を使っているのがあって、真似したけれど、すぐに飲むには良いけれど、2,3時間後に飲むことを考えると、ミキサーでないと水と油の分離が早いとと思う。

d0063149_17002563.jpg

この飲み物を長く飲み続けるコツは、飲み物そのものではなく、なるべく洗い物を出さないこと。洗い物が多いと嫌になる(笑)
私の場合、ドリップでコーヒーを作る時の受ける容器は、ミキサーの小さなボトル(最高攪拌できる容量が400㏄との大きさだったので、洗う手間も大したことなくちょうど良い大きさ)とし、その中にココナッツオイルを直接入れるようにして、ミキサーのボトルと大さじ以外、油が付着しないようにした。

d0063149_16564129.jpg

(別に必須条件ではないけれど、私のはミキサーの蓋の真ん中が外れるタイプで、外した状態でスイッチを入れた方が、コーヒーがこぼれなかった。真ん中が外れないタイプだと、しっかり押さえていないと、スイッチを入れると、コーヒーがこぼれることがあると思う、機種によってちがうかも知れないが)

で、ちょうど10時半や16時半近くにできた時は、ミキサーのボトルから直接飲み、飲む時間まで2,3時間あるときは、350㏄の保温できるステンレスマグに入れておいた。(勿論コーヒーを作るまでは普通の容器とかメジャーカップでもOK,要は油が触る食器を以下に少なくするかと言うこと)

そして、その熱いココナッツオイルを乳化させたコーヒーを少し暖かくなってきた時期に飲んだのもラッキーと思う。
というのは、ココナッツオイルって、25度以上で、液体になるのだ。
だから、25度以上というのは、春の常温のコーヒーと一緒に攪拌すれば乳化して、常温の飲み物ができる。
でも、もし、もっと気候が暑くなって、常温のものは飲みたくない、冷たい飲み物しか嫌と思っても、ココナッツオイルが25度以下では固体になってしまうので、冷たい飲み物にはなってくれないのだ。(だから、我慢強い人以外は真夏には向かないダイエット法ではないかと思う)

ま、まだ、気候としては、常温の飲み物を飲んでも十分美味しい時期だし、う~ん、よ~く考えれば、この二週間、ココナッツオイル入りのコーヒーを16時半頃飲むことで、確かに食欲が抑えられ、夕食の量が減ったかも知れない。
だから、当分の間、二瓶目の残っているココナッツオイルを、量を減らし、一日大さじ1とし、常温に冷ましたコーヒーに入れて乳化させて午後に飲もうと思っている。(その他、亜麻仁油小さじ1は、朝のヨーグルトに混ぜて摂ろう)

どうなるか、乞うご期待、今度こそ、良い結果が出ますように。

[PR]
by mw17mw | 2018-04-05 17:13 | ダイエット・健康 | Comments(0)