2018年 03月 21日 ( 2 )

雨の日は、ケトン体入門の勉強 →Youtube→ココナッツオイル

今日は、せっかくの休日だというのに、朝から冷たい雨。
今日なら絶対空いているから、シャンシャンを見に行こうとも思ったのだが、ぐずぐずしていたら、家を出損なってしまった。
それに、行きはめぐりんだから良いけれど、今上野駅公園口が工事中で、帰りのめぐりんの駅が公園内にないのも面倒くさかった。

次に、では、ケトン体入門と言う漫画をちゃんとメモを取りながら読もう、それには図書館の学習室が良いと思ったけれど、雨だから、めぐりんでいくしかなく、これも帰りのめぐりんの駅まで遠いからやめて、自分の部屋で勉強をし出した、雨の日はこんなものかな?

そうしたら、私としては、最後までメモをノートに取ることができたし、粗方わかったような気がする。(わからないことはどこがわからないのかはっきりした、多分、糖新生がわからないのだ)
そして、その「ケトン体入門」の一番最後に、「ケトン体でガンと闘う14歳の少年こーたくん」という実話がでてきて、何でも、おととしの24時間テレビで取り上げられたとのこと。
だったら、Youtubeにある筈と思って探したら、あった。

脂肪肉腫というがんがお尻にできてしまった中学生の男の子、その切除手術の後、転移が見つかり再び手術をしたとのこと。
二度目の転移は肺の近くとのことで、放射線治療は無理、抗がん剤も効くかどうかわからないとのことで、看護婦であるお母さんと相談の上、ケトン食を食べて、がんと闘うことを決意。(何でも、ブドウ糖は癌の大好物で、糖質を癌患者が摂取することは、癌に餌をあげて成長させることになるとのこと。だから、食事で糖質を断つこと自体、抗がんの働きがあるのだ。糖質を取らないことで、癌を弱めると同時に、癌が苦手とするビタミンCの点滴を与えることで癌を弱体化する治療をしているとのこと。詳しくは下の動画を見てください)




この男の子は、お母さんが看護婦さんでケトン食のことをちゃんと理解し、お医者さんもわかっているからできることなのだなと思う。
本当に、ケトン食で癌と闘っている人の話を知って、何だろう、ケトン食はすごいかもと思う。

この動画を見たついでに、ケトン体について、どんな動画があるかと思ってみたら、世界ふしぎ発見!で取り上げられていた。
(この下記の動画は番組丸ごとなので、見るのに40分くらいかかる、ケトン体の部分だけだったら、ふしぎ発見ケトン体の凄さとは?newの方が12分なので、見るのが楽)



先程のこーたくんの動画でも、世界ふしぎ発見!でも、糖質制限をすると同時にココナッツオイルを取ると良いと言っている。
ということで、そのやり方をYoutubeで探したら、ケトン食の大家のお医者さんの下記の動画があった。(2に続くが)




で、動画を探すのも飽きたし、少し散歩でもと思い、家の近所のライフに行って、「ココナッツオイルはあるだろうか?」と見に行ったら、あったのだ、ココナッツオイルはとても高いのだが、本日限り2割引きとのこと。

こりゃあ、神様のお導きだわ、と思って、ココナッツオイルを買うことに決めた。ついでに、インスタントコーヒーも買ってきたので、乳化させて飲んでみようっと。
そうしたら、早くスリムになるかも知れない。(笑)
でも、沢山買って、口に合わなかったり飽きたら怖いので、大びんを一瓶だけ買って来た。
このココナッツオイルを併用するって、ずっと続けなくてはいけないのかしらね?

という休日でした。

[PR]

by mw17mw | 2018-03-21 21:38 | 日常生活 | Comments(0)

横浜中華街みやげ-「唐辛子山椒風味落花生」

先日、Kuramae-Aさんから、中華街土産とのことで、いかにも辛そうなピーナッツをいただいた。
私が良く作る鶏むね肉とカシューナッツ炒めのカシューナッツの代わりに使うと、また別の味になって、良いのではと思ったそうだ。

d0063149_20265625.jpg

画像を見てもわかるとおりに、落花生は、唐辛子の色に染まり、オレンジ色。
でも、唐辛子の輪切りを食べなければそんなにピーナッツ自体は辛くないのだが、唐辛子の輪切りと山椒と一緒に食べると、とてもとても辛い。
(辛いのが好きな人が食べたら、きっと病みつきになり、このピーナッツ以外物足りなくなるに違いない。)
何て言っていいのか、日本風の麻婆豆腐ではなく、本場四川の陳麻婆豆腐みたいな感じ、最上級の美味しい麻(しびれる)と辣(辛い)が口の中を支配する。
私は熱いお茶でこのピーナッツを味わったが、冷たいお酒だと、口の中がヒリヒリしそう。

で、料理にも使ってみた。
鶏肉を炒め、そこにこのピーナッツと唐辛子の輪切りと花山椒を袋からパラパラと入れたが、鶏胸肉の表面に麻辣の味を移すには、やはり、紹興酒とか日本酒を入れないとだめだと思って、入れたのだ。(一度目は余りの辛さに、甜麺醤も入れてしまったが、二度目からはやめた)
そうしたら、鶏肉には、麻辣の味が行ったとしても、一緒に入れたオレンジ色の辛い筈のピーナッツは色こそオレンジのままだけれど、味は普通の落花生になってしまった、美味しかったけれども。


d0063149_20270239.jpg

だから、炒め終わってすぐ食べた時より、出来上がって一晩お鍋に入れておいたものの方が、ピーナッツが麻辣の味を吸った状態になるので、美味しかった。
カシューナッツのときも、一晩おいた方が美味しくはなるのだが、落花生の方が固いせいか、一晩おいてから食べることが必要。
もう2,3回分残っているので、今度は、どう使おうか思案中。

余りの辛さに、残った唐辛子と花山椒の画像を撮ってみた、この二つとも強烈な味。
山椒は、茶色いのと緑色と二種類あるようにみえるが、同じ種類?
山椒の三つの粒が入っていた殻が可愛い。

d0063149_20404703.jpg

Kuramae-Aさん、ごちそうさまでした。

[PR]

by mw17mw | 2018-03-21 20:47 | 食材・食材のお店 | Comments(0)