2018年 03月 05日 ( 1 )

三ノ輪駅界隈-「ワイン食堂 フレール」でランチ

私は、糖質制限ダイエットを頑張っているし、やめる気はないのだが、実は無意識のうちに、自分で作る糖質制限食に飽き飽きしているみたいで、土日のランチは外食したくなるのだ。(ま、以前からそうではあったが)
なるべく、糖質を余り食べないで済むメニューとなると、ラーメン屋さんと和食の丼物とか定食は無理で、どちらかというと、フレンチとか洋食でデザートがつかない感じのものが対象となる。(イタリアンも、パスタランチは無理だけれど、前菜とメインだったら、大丈夫そう)

そんなとき、Facebookの日暮里~根岸~三ノ輪界隈飲食店紹介グループで、ワイン食堂 フレールと言うお店を知り、そのお店の食べログのコメントに、そのお店が、17年前、かっぱ橋道具街の現在風和里になっている建物の横を入ると、現在、絹炉土(シルクロード)というお店になっている場所に以前あったお店とわかる。
私は十数年前、合羽橋をうろちょとしていた時代に、このお店に入ってみようと思ったのに、入らないうちになくなっていた、実はその後、谷中の全生庵の近くで、同じようなお店を開いていて、昨年、また、三ノ輪駅近くに引っ越してきたのだって。

お~、それから十数年の間、谷中の全生庵の前を通り、千駄木駅に通じる通りにあったらしいので、良くめぐりんで通り抜けていたから、その谷中時代のお店を見たことがあるかも知れない、ただ、かっぱ橋のお店との繋がりを知らなかったから、全然目に入らなかったのだ。

でも、今度こそ、そのつながりも分かったし、三ノ輪駅の近所だったら、ようやく 食べられると思って、だいたいの位置を覚えて行って、お店を探してみた。
三ノ輪駅の先の常磐線の線路を超す手前、東側に「浄閑寺」という江戸時代、吉原の女郎さんたちが亡くなると投げ込まれたことで有名な大きなお寺があるのだが、そのお寺の近くと覚えて行けば何とかなるかなと思って仕入れの前に出かけたのだが、思ったよりたどり着くまで大変であった。
しかし、行き方がわかってしまえば簡単、要は、日光街道を北に向かって進むと、三ノ輪駅を超すと、常磐線の線路が見えてくるのだが、その手前、日光街道の東側に「味の横綱」と書いた紫色のテントが目立つお惣菜やさんがあるのだが、その手前の路地を入って行くと、すぐに道が右に曲がるのだが、その曲がっているところ左側にある建物が、「ワイン食堂フレール」さんであった。

住所は、荒川区南千住になるみたいだけれど、再開発が全然進んでいない高い建物が見えない地域で、交通量の激しい日光街道からちょっと路地に入ったところの木造のお店は、その先がお寺の塀だし、何だか、浮世離れしているというか、とてものんびりした雰囲気。


d0063149_12352521.jpg

ランチメニューは色々あるようだが、サラダ付きパスタランチが800円で、、プレートランチ(前菜5種+半パスタ)とランチセット(日替わりメインとスープ、サラダ、パン)が千円。(消費税抜き)
中に入ると、L字型カウンター10席だけのお店で、ご主人が作って、奥さんが配膳するお店のよう。
う~ん、前菜5種に魅力を感じつつも、ハーフパスタより、パンちょっとの方が糖質少なそうと、ランチセットにした。
(入ってくる人の注文を聞いていると、女性は、ハーフパスタのプレートランチ、男性はランチセットを頼む人が多かった)


d0063149_12352860.jpg
最初にスープが出てきたら、「かぼちゃのポタージュ」、かぼちゃって、糖質制限的には、食べない方が良い野菜なのだ、でも、食べてしまった、美味しかったけれど。(涙)
パンは、フォカッチャとバゲットとのこと、小さかったけれど、お代わり自由らしく、メインが運ばれてきたら、ちゃんと、「パンのお代わりはいかがですか?」と聞いてくれる。


d0063149_12353258.jpg

パンの横に置いてあるピッチャーはオリーブオイル、その隣りは、岩塩。
パン皿に、オリーブオイルを垂らし、その上に、岩塩を乗せ、それをパンにつけて食べてくださいとのこと。
サラダは思ったより量があって、びっくり、生野菜の上にかかっている茶色いものは色々なキノコを炒めて、多分、バルサミコ酢で味付けしたもの。

d0063149_12353445.jpg

今日の日替わりのメイン料理は、「グリルチキン 新玉ねぎソース」
普通に美味しかった、こちらは、バルサミコ酢かなと思ったけれど、実はマデラー酒が入った甘めのデミグラスソース?

d0063149_12353776.jpg

結構量もたっぷりで、これで1080円なら、とてもコスパが良いと思う。(後、コーヒーがついていたら、最高)

何ていうか、このお店のランチは、今まで、三ノ輪界隈にこういうビストロ料理みたいなものを出すお店がなかったと思うので、とても希少価値。(洋食屋さんなら、一軒だけ思い浮かぶ)
凄く美味しいとか、このお店ならではと言うものは見つかっていないけれど、普通以上に美味しいし、カウンターなので、調理場が丸見えで、何でも手で丁寧に作っているのが見えて、安心できるし、三ノ輪界隈でお昼を食べるのに貴重なお店と思う。
同じように感じる若い人が多いのか、次から次へと若い人たちが入って来た。

家に帰って、三ノ輪界隈にフレンチとかビストロのお店がなかったかと検索したら、もう一軒昨年6月に開業したお店が見つかったので、近々行ってみたい。

[PR]

by mw17mw | 2018-03-05 15:33 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)