天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の日記です。ご自分のブログやHPの宣伝はコメントではなくTBでお願いします。 by真凛馬


by mw17mw

2018年 03月 01日 ( 1 )

先週末、根岸に仕入れに行くときに、久々ジョイフル三ノ輪まで足を伸ばした。

<マルヨシ増英>
チヨダの洋からしを売っている店を探していて、見つけた北千住の練り物屋さんマルイシ増英 さんの支店がジョイフル三ノ輪にあることを知り、一応見に行って来た。
実際に行ってみると、昔からあったわけではなく、最近、新たに出店したお店のよう。

d0063149_12310458.jpg

暖かい日だったせいもあるけれど、余りお客は入っていなかった。
色々な種類の練り物が並んでいるし、チヨダの洋がらしも、ちゃんと並んでいたのだが、1袋定価の100円だった。

先日、テレビで、砂町銀座の練り物屋さんを写していたが、そこはただの「増英蒲鉾店」と言う名前だった。
「増英」というのは、古い元祖のような練り物屋さんかなにかの名前で、皆、そこののれん分けなのだろうか?

<お餅カフェが消えていた>
その日のジョイフル三ノ輪という商店街は、以前より活気がある雰囲気で良かった。
確か、私がジョイフル三ノ輪に最後に来た時は、つきたてのお餅カフェに行くためだった記憶があって、そのお店を探したら、消えていた。
あらら、良いお店だったのにと思って、家に帰って検索したら、そのお店は、ジョイフル三ノ輪から、根岸三丁目の鶯谷駅前に近いところに移転していた、ホッ。(こちらが新しい根岸での食べログ情報)
そのお店の名前は、「お餅とお茶の専門店 月光」(三ノ輪時代の食べログ)、2016年12月に移転したらしい。
今度、見に行って来よう。(お餅は食べられないけれど)

何だかな~、ジョイフル三ノ輪の中と、鶯谷駅前路地裏と、どちらが、商売に向いているか、観光客が来るか、難しいところ。
(ただ、その近所のグラタントーストで有名なDENという喫茶店なんて、土日近所を通るが、常に行列できているものね、頑張れば、どうにかなるかも。

<下谷の肉のえびすやの焼き鳥>
安い海鮮丼で有名なさいとうさんの近所にある、昔ながらのお肉屋さんが「肉のえびすや」さん。
私は外から見るだけで買ったことがなかった、外から見ると、「太田ハムあります」とか書いてあって、太田ハムは、ここでも買えるということだけ覚えていた。
(太田ハム以外沖縄ハムありますと書いてあったので、今回、「沖縄ハムってどんなものですか?」と聞いたら、「普通のちょっと柔らかめのハムで、ただ単に沖縄が製造場所と言うだけ、特別なハムではない」とのこと)
また、外から見ると、揚げ物に力を入れていることが良くわかって、近所の人に聞いたら、ハムカツが美味しいらしい。
でもね、揚げ物は、太るからと近寄らないことにしていた。(下の画像を見てもわかるように、種類豊富なところも素敵)


d0063149_12310893.jpg

しかし、先日、根岸で仕入れした後、土曜日の午後4時くらいだったのかな、このお店の前を通ると、焼き鳥が並んでいたのだ。
メニューには豚のかしらとか、豚肉関係の焼きとんもあるみたいだが、その時は、鶏肉関係のものが数種類並んでいた。
私からすると、お肉屋と言ったら、牛豚を扱い、鶏屋さんと言えば、鶏肉と思っていたので、「えびすやさんはお肉屋さんなのに、焼き鳥を売っているのだ」とカチコチの頭で考えてしまった。

d0063149_12311034.jpg
しかし、家でえびすやさんについて、調べると、このページに、「お肉各種、鶏、豚、牛と豊富に取り扱っております。」と書いてあって、鶏肉も扱っているお肉屋さんであることがわかった。(浅草橋の池田屋さんというお肉屋さんも、ほんのちょっと鶏肉を扱っているが、あくまでほんのちょっとだし、専門ではないという感じがぷんぷんしている)

何でも、上の画像の段階では、何の味付けもしていなくて、注文を聞くと、手前の焼き場で温めてくれて、注文に応じて、塩かたれの味をつけてくれる。
で、小腹が空いていたので、ねぎま2本と皮を2本、塩味にしてもらって買って来て、家で、チヨダの洋からしをつけて、食べたけれど、美味しいし、まとも。
皮が100円で、ねぎまが120円、値段がスーパー並みだけれど、量もたっぷりで良かった。
わ、嬉しい、また、まともな焼き鳥を安く売っているお店を発見して、幸せ。
今度から、仕入れの帰りに買う癖がついてしまうかも。(笑)

[PR]
by mw17mw | 2018-03-01 12:42 | 色々な情報 | Comments(0)