天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の日記です。ご自分のブログやHPの宣伝はコメントではなくTBでお願いします。 by真凛馬


by mw17mw

2018年 02月 27日 ( 1 )

何かの記事で、今、チーズタッカルビという新しい料理が人気があり、新大久保の韓国料理店やデニーズで食べられると読んで、一度食べたいと思ったのを忘れていた。

しかし、土日のランチはできるだけ自分で作りたくなかったからか、それを思い出して、日曜日のお昼、東浅草にデニーズがあるので、仕入れの前に寄ることにした。
その前に、ネットでデニーズのページを開き、チーズタッカルビについて調べたら、使っている鶏肉は、ブラジル産のマテ茶鶏というものとのこと、これって、先日、橋場のOKストアで冷凍品があって、「美味しいのかな?」と思っていたので、ちょうど良いと思った。
ただ、トッポギが入っているということは、糖質制限には向かない食材が入っているわけで、画像を見ると、2つしか、トッポギが見えないけれど、鶏肉の下に沢山入っていたらどうしようと、ちょっと不安になったが、ま、その時はその時だと思い、デニーズに行ってみた。

鶏肉と野菜をキムチの漬け汁のようなもので味付けして焼き、そこに、「モッツアレラチーズ・ゴーダチーズ・エメンタールチーズ・パルメザンチーズ」の4種類を溶かしたチーズソースがついてくるので、それをかけて食べるみたい。

勿論、単品で注文。

d0063149_11333583.jpg

実際に出てきた料理はこちら。(余り、メニューの画像と違わなかったので、ホッ)
また、トッポギは画像に写っている2つだけであった。

野菜は殆どがキャベツ、上にナスが少々、鶏肉は一枚切り身のまま入っていた。
ここにチーズをかけて、絡ませながら食べたけれど、キムチの漬け汁みたいなソースとチーズソースが合わさって、新しい味になることもなく、両方とも馴れた味だなと思って食べた。
不味くはないけれど、ま、こんなものでしょうというレベル。
また、鶏肉は、普通に美味しいけれど、分厚い皮がついているところがちょっとと思った。
多分、ちゃんと焼かないで、電子レンジか何かで火を通すからか、皮が焼かれることによって、脂が抜けるようなことがないわけで、それが不味かった。

d0063149_11333891.jpg

OKストアで、「ブラジル産のマテ茶鶏」という冷凍食品を見た時、私としては、マテ茶に浸けた鶏肉かな?と想像したのだが、良くわからないので、ブラジルに詳しいKuramae-Aさんにお聞きしたのだ。
そうしたら、Kuramae-Aさんは、見たことも買ったこともないし、ブラジルの外に住むブラジル人のための通販のお店でも、そういうものは扱っていないし、輸出用の鶏肉では?とのこと。

でも、デニーズで使っているのを見て、確かに、このマテ茶鶏は、ブラジル人用ではなく、非ブラジル人用に輸出するための鶏肉だとわかった気がする。
きっと、「ブラジル産の鶏肉」というだけでは、どんな飼料を食べさせているか、丁寧に育てているか伝わらないし、イメージが安かろう、悪いかも知れないというものだから、「健康に良いといわれるマテ茶配合の植物性飼料100%の餌で育てた特別に手をかけたブラジル産の鶏肉」を考え出したのかも知れないと思った、多分、Kuramae-Aさん、ご名答!
(日本からも、お肉なぞの輸出をするなら、何の特徴も書かないより、「緑茶を含む植物性飼料を食べさせた○○」とした方が、外国人から見て、安全そうだし、健康に配慮したというイメージがつくものね。)←日本でも、ハーブを食べさせた豚肉とかあるものね←私は嫌いだけれど。

このデニーズ風チーズタッカルビをまた注文するかというと、キムチソースみたいなものの味がくどいのとまたチーズソースにコクが余りない感じがしたので、多分二度目はないと思う。

ただ、チーズタッカルビ自体は、今回食べたものはあくまで「デニーズ風」だから、他の一般的な韓国料理屋さんにあったら、是非食べてみたい。

その他、デニーズのメニューを見ると「ハーブ三元豚のみぞれ鍋」(こちらは五穀米ごはんつき)とか、白飯がついていることに難はあるが、丸ごとトマトと鶏肉の鍋があって、こちらを食べるかな?(でも、一回で終わるかも)
ま、先日、デニーズに行った時より、デニーズは、偶然かも知れないが、糖質制限に対応できるようなメニューが増えていた感じ。


d0063149_11334101.jpg

[PR]
by mw17mw | 2018-02-27 12:11 | 飲食店・菓子店 | Comments(5)