天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の日記です。ご自分のブログやHPの宣伝はコメントではなくTBでお願いします。 by真凛馬


by mw17mw

2018年 02月 13日 ( 1 )


糖質制限ダイエットを続けていて、柳澤英子さんの「やせるおかず 作りおき」という本を参考にしているが、段々、野菜料理なぞは作りおきでは美味しいとは思えず、作り置きしなくなってきている。
それでも、お肉の料理は、作り置きして冷蔵庫で保管、食べるときに温め直せば、結構美味しく食べられるので、作っておくメニューもある。

その中の一つが、先日紹介した「鶏とくるみのカリっと炒め」なのだが、これって、先日紹介時には書かなかったが、いったん作ってから冷ましてから温め直した方が、鶏肉等に味が浸みて美味しいような気がしている。

その他、最近は、鶏ではなく2cm角くらいに切ったかじきまぐろを使って作ってみたが、美味しかったし、カジキマグロの場合は、簡単に味が浸みて、出来上がりを食べて十分美味しい。

(こちらの料理はそもそも使う油が程々だから、ダイエット食と定義しないで、普通の料理として作って食べても大丈夫と思う。)

その他、この本のレシピで気に入っているのは、「いなりギョーザ」というものなのだけれど、この料理は、油揚げを湯通ししないで使うので、結構油が強く、糖質制限を考えた献立の中で食べる分にはダイエット食になるけれど、そうではない血糖値が上がる食材のメニューの中で食べると、油揚げの油、ギョーザの挽肉の脂なぞ、皆、体内に取り込まれて肥満に繋がる料理ではないかと思うのだ。

何でも、油揚げというのは、糖質0で、糖質制限ダイエットの中では、抜群に優等生の食材。
でも、成分表を見ると、油揚げ半分くらいの大きさ(45g)で、脂質が15.5gもあり、カロリーが高いから、カロリーオフダイエットの人には向かないと思う。

ということで、そういうことを気にしない人か、糖質制限ダイエット中の人に向くレシピ。
美味しいことは美味しい。

d0063149_17571741.jpg

その前提でレシピを紹介すると、分量は二人分で「油揚げ2枚、ニラ半束、豚ひき肉150g 塩・胡椒適宜、ごま油大さじ1/2」

作り方

1.油揚げは二つに切って、稲荷寿司を作る時のように中を開いておく

2.みじんに切ったニラ、挽肉、塩・胡椒、ごま油を入れて混ぜ、4等分して、1に平らに詰める。

3.両面をフライパンでこんがり焼く。
(この時、中まで火が通っているか自信がなかったら、電子レンジで少々チンすると良い)

これは本当に餃子っぽい味で美味しかったので、こんなニラしか入れない具ではなく、私が餃子を作る時のように長葱・にんにく・干し椎茸なぞを加え、調味料にもお酒や醤油・生姜の搾り汁を入れた方がより美味しくなるのではと、作ってみたのだ。

そうしたら、見事に外れ。
具は、豚ひき肉にニラの方がなぜか餃子っぽい味で美味しかったのだ。なぜだかは不明。

そのことで、本のレシピが単純でしかも美味しいとわかったので、浮気せず、本の通りに作っている。

4切れできるので、一回一切れで、朝ごはんに温め直して、食べることが多い。
以前は、餃子と同じで、醤油&酢&ラー油で食べていたが、最近は、醤油&チヨダの洋がらしで食べることが多くなった。

そうそう、まだ、試していないのだが、油揚げを湯通ししてから使えば、油が少なくて、ヘルシーで美味しくなるかもと想像はするのだが、やはり、湯通ししてしまうと、油揚げがパリっと焼けなくなってしまうのではと想像している。
まだ、やっていないが、今度作る時、半量だけでも、湯通しをした油揚げでこの料理を作ってみよう。

[PR]
by mw17mw | 2018-02-13 17:58 | 料理レシピ | Comments(0)