天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー

2018年 02月 04日 ( 1 )

台東区橋場にできたOKストアは、1月31日にオープンしたけれど、私が行けたのは、2月3日の土曜日。
お店は、1Fは自転車置き場なぞで、2F,3Fが売り場、その上の階は駐車場。(レジは3Fのみにある)


d0063149_20472711.jpg

エスカレータで2Fに上がると、果物野菜売り場、魚売り場、肉売り場の冷蔵棚が繋がっている。
苺が安いといいなと思って行ったのだが、真っ赤なあまおうは近隣スーパー並みの価格、あまおうほど赤くないとちおとめは、100円くらい安い感じ?
魚は、冷凍を解凍したものばかりのように見えた。
お肉は、牛肉は黒毛和牛なぞも売っていて、高級路線もあるという感じ?
豚肉は、黒豚とか書いてあったが、皆、100g145円くらいであったと思った。
(100g145円の豚肉を買ってきたが、そうすると、私がいつもお肉屋さんで買うお肉が100g250円くらいと、価格差がすごいのだ。
食べてみたら、OKの145円のお肉はまともだと思うのだけれど、やはり、250円のお肉に比べたら、味が薄いと感じた。しかし、今まで食べたスーパーの豚肉の中では一番美味しいというかまともだと思った。<温度管理がうまくいっている感じ?>)

ま、とにかく普通のスーパーに置いてあるものは何でも揃っていて、それ以上の品揃えという感じ。
フロアはただ広くて、しかも、2層に分かれているから、物量が凄い。
当然全部は見て回れなかったけれど、大抵、普通のスーパーより相当安いように思えた。
例えば、猫餌も安かったし、そうそう、いつも40g×3パックのめかぶを180円で買っているのが、OKでは、120円、余りの価格さにびっくり!
また、すごいところでは、味醂が普通のタカラとかもあるのだが、福来純、三河みりん、赤酒なぞが揃っているのだ。
それも、あのお高く留まっているイメージのある福来純が低下の二割引きで売られているなんて、信じられない!
とか、見出したら、色々「ヒエ~、この安さ、この品揃え」と言うところは感じたが、ま、全部は見切れなかった。
で、エレベータで3Fに上がり、見物を続けるのだが、3Fは、隅田川に面しているところはガラス窓で、隅田川と対岸の墨田区、そこに走る高速道路が見えるのだが、そこは、イートインコーナーになっている。


d0063149_20473079.jpg

その右側には、ベーカリーがあり、また、その横には、お弁当やお惣菜売り場になっている。
(パンだけはパン屋さんにレジがあるのかな? どうすれば、そのイートインコーナーで食事ができるかは見損なってしまった。)
当然、イートインコーナーの席からの見晴らしがよいので、人気があって、席は中々空かないみたい。
それにしても、ここから、隅田川の花火は本当に良く見えると思うけれど、花火の日はどうするきだろうか?
(ということに気づいたら、このOKの建物ができて、隅田川の花火が家から見えなくなった人も多いだろうということにも気づいてしまった。あ、でも、元々ここには何か建物があったのかも知れないが)

一回行っただけでは見損なっているところが多いと思い、今日も浅草方面に行く用があったので、ついでに足を伸ばしてみた。
そうしたら、今日の方がお天気が良かったせいか、3Fの窓の外がその前の日よりきれいであった。


d0063149_20473468.jpg

ちょっと家から遠いけれど、何でも、相当安そうで、う~ん、1,2週間に一度は通ってしまうかも知れない。
何だか、昔の元気だったころの多慶屋みたいな雰囲気。(昔の多慶屋は何でも他所より安く提供することをモットーとしていたところがあったが、今はそんな気概はないと感じている)

というか、OKストアの価格を見た後、近所のスーパーの高い値段を見ると、買う気がおきないのだ。

ただ、こんなただ広いスーパーって、ちょっとしたものを買うだけだと無用に広すぎて疲れる、やはり、1,2週間に一度まとめ買いに行くためのものだと思った。

あ、そうそう、インストアベーカリーができて良かったとは思ったものの、フォカッチャは作っていないのだって、残念。
(ま、糖質制限だからどうでもよいのだけれど)

そうそう、200円出して、OKカードを作ると、酒類を除く食料品のみ3%引きとなる。
(値札も、カードを持っている場合と持っていない場合の二つの価格の税引き前を表示)
もらったレシートを見ると、食料品には、Fマークがついていて、わかりやすい。
ニャンコ餌は、食料品でないらしく、Fがついていないのが残念。(笑)

[PR]
by mw17mw | 2018-02-04 21:12 | 食材・食材のお店 | Comments(0)