2018年 02月 03日 ( 1 )

ダイエット-2018年1月の結果

1月はお正月や新年会があったりもしたし、自ら進んで、一人だったり、お友達と一緒だったりで、お昼に外食もした。
そんなダイエット一途ではなかったけれど、1月1日の朝の体重より2月1日の朝の体重は、1.9kg減、ダイエットを始めてから約2か月強で、4.1kgダウン。(と言っても、最初の体重測定は、診療所で洋服を着たままだったので、衣服がどのくらいの重さか良くわからないので、暫定衣服の重さを2kgとした。)

1か月の2kg近くの体重ダウンも、実は20日目くらいに達成していたので、その後、月末までは3kgのダウンを目指したが、その後、体重がグズグズ上がったり下がったりして、それ以上は減らなかった。

でも、私はそのダイエットで減った体重の数字に目を奪われて購入した本なぞに書かれているダイエットの結果減った体重をかかった月数で割ってみた。
「食べても食べても太らない法」に書いてある「9か月で13kg減、4か月で8kg減、6か月で7kg減」の体重減を月数で割ってみると、「月に1.4kg、2kg、1.2kgマイナス」、「やせるおかず 作りおき」という本では、「1年で26kg減だから、月に直すと、2.2kg減」だったのだ。
月に何㎏痩せれば成功と計算してみたら、2kg減れば上等なことがわかり、2kgで良いのだと納得、私の今までのダイエットは成功していると考えても良いと思った。

で、ダイエット法なのだが、やはり、「食べても食べても太らない法」より「糖質制限ダイエット」に傾いている。
やはり、糖質を我慢すると、着々と体重が減ってくれるし、食後眠くならないし、私にとっては良いことばかり。

最初の一か月で、毎食のごはんの量を半分にしたことに慣れたせいか、その次の月から、原則、ご飯を取らない食事にしても全然苦しくなかった。
ご飯とか糖質は食べられないけれども、その他の野菜やたん白質、脂等は、制限なしで食べられるし、汁物を飲んだりするから、我慢している感じはない。
それでも、食後、もうちょっと何か食べたいと思うときも多く、そういう時には、アーモンドとか、ミックスナッツを口に入れている。

まるで、ご飯や糖質を食べないかというと、そんなことはなく、自宅で食事をするとき、週に一二度、ご飯を食べてしまうこともあるし、外食の時は、大抵、パンとかご飯を少量食べてしまう。
そういう食事を一日一食したとしても、思ったより体重が上がらず、上がっても0.2kgくらい?
だから、「食べても食べても太らない法」に、「食べ過ぎたら、3日かけて体重を戻しましょう」と書いてあったが、私の場合は、この1か月の経験では、1日糖質制限をすれば、体重は戻ると実感している。

甘いものを食べたくなる時もあり、多慶屋のレディス館の地下の健康食品売り場におやつを探しに行った。

買ってきたものは、下の画像の2種類。中でも、ロカボクッキーは本当に甘くて美味しい。
小さなクッキーが2枚ずつ入った小さな袋が5個、とても小さなクッキーなのだが、糖質が1枚1gとのこと、全部食べても10g。
何でも使用する小麦粉の35%をアーモンド粉に置き換えて作ったクッキーなので、糖質1gが実現したとか。
(だったら、材料がまともかというと、マーガリンが入っているところが気になる。)

アサヒの黒糖きなこビスケットは、やはり、小さなビスケットが沢山入っているが、余り甘くない。
こちらは、沢山小さなビスケットが入った22gの袋が4つ入っている。糖質はその袋で12gというから、一枚あたりの糖質が少なくて優秀なのだけれど、甘さが弱いから次々に食べてしまう。(笑)

d0063149_09034856.jpg
どちらにしろ、こういうお菓子は、今回限りにしようと思う、多分、手元にあったら、絶対食べてしまうし、癖になりそうな気がするから。

他、色々書きたいが、ちょっとだけ。

必ず続けていることは、

  朝 ヨーグルト100gに冷凍りんごか、苺を
    入れて食べる。
    (これも酵素を取るためとのこと、また、
    果物は朝なら摂っても良いとのことで)
    (冷凍リンゴの場合は、前の晩から
    セットして常温で置いておく)
    その他、冷蔵庫に残っている夕飯の残り
    と汁物を食べる
    便秘防止で、そらままさんに習った
    めかぶの刻んだもの40gに、
    お醤油かめんつゆをかけて食べる。
    (これが結構お腹を膨らませるのにも
     役立っている気がする)

  昼・夜 酵素を取るには生野菜が良いとの
      ことで、キャベツを一枚一枚
      剥がして洗ったものを袋に入れて
      冷蔵保存。
      それに、味噌ヨーグルトをつけて
      必ず食べる。
      量は、大きい葉だったら1枚、
      小さかったら2枚
      今のところ、飽きていない、
      美味しく食べているが、これも、
      腹持ちが良い感じで、空腹を防いで
      くれている感じがしている。
    
      その他の食べ物にかんしてはまた
      個別に。
      (腹持ちを助けてくれる食べ物に
      ついては、生揚げの焼いたものとか、
      お湯に納豆を入れ、醤油で味付け
      した納豆汁も役になっていると
      思っていることだけ、ここに書く)

  眠る前  小さなカップに明治のおいしい牛乳を
       100g入れて、電子レンジでチン
       して、ホットミルクにして、ゆっくり
       飲んでから、眠っている。
       (そうそう、熟睡するために、眠る
       2時間前には、コーヒーやお茶なぞ、
       カフェインの入ったものを飲んでは
       だめということもだいたい守って
       いる)

何かね~、眠る前に、ホットミルクを飲んで大丈夫だろうか、心配だったが、全然体重には影響ないと実感している。
また、牛乳の栄養成分を見ると、200mlあたり、炭水化物が9.9gもあり、不安だったが、ネットで調べたら、「Q.炭水化物ダイエットで牛乳を飲んでもいいのでしょうか?A.牛乳の炭水化物は「乳糖」で、働きが違うので大丈夫です」というページが見つかり、牛乳の炭水化物は、乳糖というもので、これは、普通の糖質と働きが全然違うから、適量なら飲んでも肥満に繋がらないとのこと。
ま、だから、続けているというか、これが自然な牛乳の甘さが美味しいことが眠る前の楽しみになってしまったのが一番の理由、二番は、「食べても食べても太らない法」に、「熟睡すると脂肪を分解する成長ホルモンが分泌される、その熟睡を助けるのがホットミルク」と書いてあるから。
ま、ここらへんは、成長ホルモンが出ているとか、全然実感できないところが辛いが、実際、ホットミルクを飲んでから眠ると、すぐに眠りについて、朝にニャンコに起こされるまでぐっすり眠っているから、きっと、効果が出ているのだと思う。

[PR]

by mw17mw | 2018-02-03 21:49 | ダイエット・健康 | Comments(0)