2018年 01月 16日 ( 1 )

上野精養軒で新年会高級ランチコース 2/2

ドン・マクリーンのヴィンセントという歌の訳詩が、見つかったので、ご紹介。ヴィンセントの訳詩

---本題です---

次は、肉料理と言うか、小振りのステーキ、多分、牛肉のヒレ。
ミディアムレアか、レアか、柔らかくて味があって、美味しかった、これが私にとっての今日の一番。
付け合わせは、さつまいも、さやえんどう、人参、さつまいもだけ半分残した。(糖質カットの本に食べるの厳禁と書いてあった。)


d0063149_16053702.jpg

ま、西洋料理のコースの場合、お肉とともにサラダが出てくるのだが、これが、一番最初だったら、嬉しいのにねと思う。


d0063149_16054057.jpg

最後、デザートの盛り合わせなのだけれど、この前に、パンをバターをたっぷりつけて2つとも食べてしまった。
デザートは、本当は全部食べたいのだけれど、見栄張って、ティラミスのケーキだけ殆ど残させてもらった。


d0063149_16053189.jpg


精養軒の2階のお部屋だったが、不忍池とは反対側に面しているお部屋だったので、ロビーから、不忍池をパチリ。
動物園の方の不忍池が良く見える。


d0063149_16053558.jpg
さて、食べる順序としては、最後に糖質をまとめて食べたのは正しかったよう。
というのは、夕食で、まず、キャベツを2枚、ヨーグルトと味噌のディップをつけて食べ、冷凍枝豆を皮つきで100gチンしたものを食べ、少し、鶏胸肉のふっくらしたものを口に入れ、ブロッコリーを柔らかく茹でたものをミキサーにかけてポタージュにしたものをたっぷり飲み、最後小さなリンゴを半分食べた。(寝る前のホットミルクはその晩は忘れた)

そうしたら、次の日の朝、最後に糖質まで手を出したのに、体重が全然増えなかったのだ。
上記の「キャベツ、枝豆、ブロッコリー」のうち、何が良かったのだろう?
また、糖質も、色々な食物繊維や動物性たんぱく質を食べた後、コソコソと少量を食べる分には、血糖値に関係ないのだろうか?

また、今朝も、前日、糖質を抜いていたということもあり、体重が0.2kg減っていた。

何だかな~、その体重が減ったり増えたりする理屈がわからないのが、辛い。

当分、自分の身体を使った人体実験の日々が続きそう。


[PR]

by mw17mw | 2018-01-16 11:13 | 飲食店・菓子店 | Comments(4)