2018年 01月 10日 ( 1 )

ダイエット-食事の初めに「酵素を取る」ことが良いらしい

1月1日と2日に体重が増えたものの、3日4日に炭水化物をきっぱり抜いて、増えた体重+0.2kgダウンにした。
その後、一進一退を繰り返し始めたので、改めて、参考にしている本を2冊読み直してみた。

そうすると、糖質制限ダイエットに基づく本に、「消化には酵素が不可欠なので、食事の初めに酵素を取ることが大切、食事の初めに生野菜を食べましょう」と書いてあったのだ。
何でも、酵素を取るには、発酵食品(ヨーグルト、納豆とかキムチ)を食べるか、生のフルーツ・野菜が良いらしい。(糖質制限の場合、フルーツは基本余り良くないよね、甘いから。ただ、どこに書いてあったか行方不明なのだが、朝はフルーツを食べても大丈夫らしい)

ということで、一応、キムチも買って来て、今、冷蔵庫でスタンバイOK。

最初に参考にした量より質を見直すダイエット本では、朝一番、苺、キウイ、リンゴのどれかを入れたヨーグルトを食べることになっているので、これは、このまま続けても、「糖質制限ダイエット」である「やせるおかず作りおき」でも問題なしと思った。
残るは、昼と晩、生野菜を取ると聞くと、手っ取り早いと頭に浮かぶのは、キャベツの千切りだけれど、一日に二回も、キャベツを冷蔵庫から出して、葉をはがし、洗って刻むのも面倒と思った。
その時に思いついたのが、大阪の焼肉屋さん。
大阪の焼肉屋さんは、今でもそうだと思うのだが、サービスで、キャベツの葉っぱがただなのだ、大雑把に切ったキャベツを縦に入れる容器に入れたものを一人一つずつ出してくれ手。お代わり自由。
焼肉を食べていて、口が脂っぽくなるとそのキャベツを食べて口の中をさっぱりさせるのだ。
キャベツには、何もつけないか、塩くらい?

面倒だからそのやり方がいいやと思って、キャベツを冷蔵庫から出し、葉を剥いて、洗ったものをお皿に並べた。
お塩で食べても良いのだが、あの「やせるおかず作りおき」の中に、ディップ代わりになるものが載っていて、簡単且つ家にある材料でできるし、作って食べてみたら、物足りなくなかったので、これを作っておいて、冷蔵庫に保管、食事の初めに、キャベツをちぎってはこのソースにつけて食べることにした、結構快適。(芯だけ残るので、溜めておいて、後日スープへ)

それは、プレーンヨーグルト大さじ4(60g)お味噌小さじ2(12g)とオリーブオイル大さじ1とガーリックパウダーを入れて小さな泡だて器などで良く混ぜれば出来上がり。(ガーリックパウダーはお好みで)

このディップと言うかソースなら、食べ過ぎても大丈夫そうな内容だし、味も中々良い。
糖質制限ダイエットの範疇では、サワークリームに明太子のディップとか、マヨネーズなぞで、食べて良いものなのだろうけれど、やはり、それは、プレーンヨーグルトにお味噌ディップの方がカロリー少ないだろうし、安心して食べられる。

ま、当分、このディップにキャベツをちぎりながらつけて食べるのを一日二回するけれど、飽きないか、ちょっと心配。
今日は人参があったので、細く切って、スティック野菜風にしてみた。(でも、人参って、他のビタミンCの摂取の邪魔をするって聞いたけれど、いいのかな?)


d0063149_17301359.jpg
このように、一昨日は、一日三食の頭に酵素を取り、最後の夕食は、実は、ずっと前に買って冷凍してある中トロの切り落としだったのだが、どう考えても脂っぽいよね~、そのことにつき、いちご、キウイ、りんごは、脂っぽい食事をした後に食べると、身体の大掃除をしてくれると書いてあったので、ま、糖質制限ダイエットからすると、食後にリンゴは違うのだろうけれど、もう一方の「量より質を見直すダイエット」の助言に従って、中トロの後にリンゴを食べておいた。(血糖値は上がるかも知れないけれど、食べた脂肪を分解してしまうことの方が重要に思えたから)

三食の頭に酵素を摂り、最後の脂っぽい食事のデザートにリンゴを食べたら、次の日の朝、ぐんと体重が減っていて、気分を良くした。
(思わず、ジョナゴールドが安く売られていたので、買って来てしまった。苺も買いたいけれど、今は高い)

当分、三食の頭に酵素を取り入れることと、脂っぽいものを食べたら、すかさずリンゴを食べることで体重が減るかどうか、試したい。
(そうそう、炭水化物は、できれば、三食ともなしで、ま、食べても1食にご飯80gか、焼きそば1人前の1/3を上限としている)


[PR]

by mw17mw | 2018-01-10 17:36 | ダイエット・健康 | Comments(0)