2017年 04月 27日 ( 1 )

最近、男性で目に付くことと魚弥太さんのお刺身

最近、二つばかり、男性について思ったことがあった。

<小型犬と若い男性>

まずは、犬の散歩なのだが、昔というかちょっと以前は、小さな可愛い洋服を着せた犬を連れて散歩するのは、中高年以上の男女と若い女性やヤングミセスみたいな人が相場だったのが、最近、結構若めの20代とか30代と思われるこざっぱりとした身なりのお腹がまだ出ていない若い男性が、可愛い洋服を着せて、髪の毛もきれいにトリミングしてある小さな犬を散歩させているのを良く見かけるようになった。
以前は、若い男性が犬を連れている時、たいていは大きくて、力強い犬が殆どだったような気がする。

ま、可愛い子犬を可愛がる層が厚くなったと言えば、それまでだけれど、いそいそとおしゃれさせた犬を散歩させる若い男の人を見ていると、この忙しい世の中、たまの休みに、気が強い人間の女性と気を遣いながらお付き合いするより、自分がコーディネートしてあげた服を着てくれて、静かに自分に寄り添ってくれ、つぶらな瞳で自分を見つめてくれる犬の方が可愛いと思っている風に見えてしまう。(笑)←そういう男の人たちが皆独身であるとは限らず、連れている犬も雌とは限らないのだけれど。

何だか気持ちはわかるような気がする。

<魚屋さんと中高年のサラリーマン>

魚弥太さんを教えていただいてから、週に2,3回夕方になると買いに行っている。

このお店は、一皿とか一切れ500円以内に抑えてあるので、手頃で買いやすいこともあるけれど、やはり、品物が良いことと、おじさんが昔ながらのお魚屋さんで、商売の姿勢が良いのだ。お客が立て込んでいる時は無理だけれど、私の興味を持ったものにこれは今日は品物がいいよとか、食べ方なぞを教えてくれる。(私はお刺身類とあら、鮭の切り身しかまだ買ったことがないのだけれど)
やはり、個人商店で、肉だの魚だのとずっと長く付き合って来た人のお店は楽しい、以前は、鳥越おかず横丁のお肉屋さんの大黒屋さんのような「お肉屋のマイスター」みたいな人とお話しながら、その人が昔ながらの方法で丁寧に保存してカットしたお肉を買うことができて、その私の気持ちは満たされていたのだ。
しかし、大黒屋さんのおじさんが亡くなり、お店も閉められて、そういう人と接することがなくなっていて、今は、実はスーパーに買い物に行っても、つまらなかったことに気づいた。(じっと値段と品質を睨んで、買うかどうか決めるだけ)

それが今年に入って、魚弥太さんを教えていただき、やはり、ご主人が魚屋のマイスターみたいな方なので、私の「プロと思える人から生鮮食品を買いたい」という気持ちが満足するようになった。

私が買いに行っている時、何人かの他のお客さんとバッティングすることも多いのだが、意外なことに、6時半頃行くせいか、会社帰りの背広とかコートに黒いかばんを持ったサラリーマン風の男の人が一人で買いに来るのに良くぶつかるのだ。
う~ん、あの人たちは、何だろう、自分で自分のお刺身を買いにくるのだから、単身赴任の人かしらね?と思っている。
でも、何人かの方を見たけれど、皆、嬉しそうな表情をして、昔ながらの魚屋さんの冷蔵ケースを覗きに来るように見える。
やはり、男の人だって、ちゃんとした魚屋さんの美味しいお刺身が食べたいし、今日はどれにしようかと見繕うのも楽しみなのかも知れない。

ということで、いつも買いに行って、お刺身を見るのだけれど、大抵、買うのは、まぐろのぶつ、でも、これはすぐなくなってしまうのだって。
で、サクを切るのなら、まぐろはあると言われたけれど、高くなってしまうし、私としては、ネバリスターというお芋を擂ってとろろにして、そこにまぐろを淹れたかったから、高いまぐろを入れてまでとは思わなかったのだ。
で、そこで、目に入ったのが、イサキのお刺身、おじさんに「イサキのおさしみもとろろに合うかしらね?」と聞いたら、「どんなお刺身もそれなりに合うでしょう」ということで、イサキのお刺身を買って帰り、わさび醤油に少しつけておいてから、とろろと合わせて、ご飯にかけて食べたけれど、イサキはイサキでとてもとろろに合って美味しかった。
d0063149_16560367.jpg
イサキって、まぐろほど脂はないけれど、それなりに美味しい魚なのだって、発見。
また、マグロに拘らず、他のお刺身も買ってみよう。

他、ぶりのアラは煮ても焼いても美味しいと言われて、4つに切ってもらって、冷凍してある。
解凍して照り焼きにしたり、大根と一緒にあら炊きにして食べたら、美味しかった~。

紹介してくださった方、本当にありがとうございました。
週に一二度、仕事が終わってから、自転車で乗って魚弥太さんに行って、美味しいお刺身やアラを買うのが楽しみになりました。
良い魚屋さんが近所にあると、肉より魚を食べるようになるみたいで嬉しい。

[PR]

by mw17mw | 2017-04-27 17:03 | 日常生活 | Comments(0)