天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

2009年 05月 03日 ( 1 )

私は、最近、何かと外食している。
というのは、家計簿付けが3か月続いているのだが、、4月になって初めて1か月の出費が予算内で済んでいたのだ。
しかも、何と4月は5千円も余裕を残したのだ。(これで、少しは楽しい連休が過ごせそう)

そういう余裕があることが実感できると、あれ食べたいとか、今まで抑えていた欲望(大げさ)が色々頭に浮かんでしまう。
本当に、私は、余程自分を抑えつけないと、美味しいものを食べることしか頭に浮かばないタイプのよう。(笑)

それも、カフェ系への欲望は全然浮かばない。
玄米とかパンケーキにお金を使う気にならないのは、貧乏だからだろうか?(笑)
(お腹に溜まるものばかりを食べたくなってしまう、太りそうな私ではある。)

それで、この前の金曜日、連休前に仕入れた方が良いと思える商品ができたので、お昼休みに、竜泉の現金問屋に出かけた。
出かける前は、「リトルキッチンでランチ」と思っていたが、余りに良い天気、汗ばむ手前の日差しと気温に、気分は、「冷たい麺類」に変わって行った。

千束通りの大三で、天ざるとか、ねぎどんで冷えたものというのも頭に浮かんだが、やはり、台東区の言問通りを渡った北側で、最強の麺類は、「角萬の冷や肉」だと思ったのだ。
ちょうど、時間も一時過ぎで、空いているに違いない。

この竜泉の現金問屋には、寒い季節以外良く行くのだが、たいていは、角萬が開いていない間か、開店したばかりの時間に行くことが多い。

それに、角萬の冷や肉が大好物と言う程ではないのだ。
でも、何だか、癖になる美味しさがあり、1年に一度以上は食べてしまう。
(mixiに出ていたが、「食の記憶は味より脂っこさ」と出ていたけれど、確かに豚バラの脂がそうさせるのかしら?)

お店は結構空いていて、1Fのカウンターに座る。(また、2Fに行けなかった。2Fに行く人は、グループで来る人が多い)

d0063149_10573895.jpg冷や肉が出てきて食べたが、やはり、美味しいよね。
七味唐辛子を振る。
冷たいお蕎麦に生温かい汁と具。
この固くて厚くて幅広のお蕎麦を良く噛んで食べる美味しさなのだ。
良く噛んで食べるお傍に絡まる濃い汁と豚肉の味、満足。

本当に量が多い。
私は普通の人に比べたら、量を食べられる方だと思うけれど、私でちょっと食べ過ぎと思える量なのだ。
それなのに、男性は、「冷や大」を頼む人が多い。
食べ終わって、お会計の段になったら、850円かと思ったら、950円だったのだが、夕方まで全然お腹が空かないし、コスパは良いかも。

うどんだったら、これだけ食べても、すぐ消化されてしまう感じだが、お蕎麦は、腹持ちが良いし、噛み応え・食べ応えが素敵。
角萬のお蕎麦って、本当に男性ファンが多くて、どんどん、男性が入って来る。
噛み心地の美味しさと、腹持ちの良さが勝因かな?

さくらさんは、うどんに置き換えて、冷や肉のレシピを作られたようだ。

また、この太い冷や肉は、角萬でしか食べられないのかと思ったら、このお店でも食べられるようだ。
(千束通りの大三にも、冷や肉はあるが、細い普通のお蕎麦の冷や肉だった。角萬の冷や肉を知っている人には、物足りないものであった)

他に癖になる麺類というと、上野警察の向かいの翁庵のねぎそばもたまに食べたくなる。
今度はこれを食べに行こう。
[PR]
by mw17mw | 2009-05-03 10:57 | 飲食店・菓子店 | Comments(7)