人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

二年連続で間違えていた「はちみつと砂糖」

昨日、非公開メールでご指摘いただき、ようやく気付いたのだが、梅甘酢の「はちみつと砂糖の換算」を間違えていた。

何と私は、砂糖は、「g」、はちみつは「cc」で比べていたのだ、それも二年連続で。

で、今朝、「カップ・スプーンによる食品の重量とエネルギー」という表を見ながら、考えている。
まず、砂糖を重さから容量に変換したいのだが、「お砂糖」に関しては、「上白糖」「グラニュー糖」「ざらめ」しか載っていないのだ。
私が梅甘酢に使用するお砂糖は、「氷砂糖」
グラニュー糖が近いか、ざらめが近いか迷うところ、え~い、真ん中を取ろう。

そうすると、氷砂糖1kg÷(12+15)/2g×15cc=1111cc
(12=グラニュー糖大さじ1の重さ、15=ざらめ大さじ1の重さ)

はちみつ500ccの甘さは、500÷0.57=877ccのお砂糖相当。

その差は、1111-877=234cc

そうか、今度の梅甘酢を、レシピ通りの甘さにしようと思ったら、後234ccの氷砂糖(210g相当)を加えなくてはとも思うし、そもそもの「ためしてガッテンの砂糖と蜂蜜の甘さの換算率0.57」自体が、はちみつと上白糖の換算率なのではないかと思う。

こうなるとどうして良いかわからない。
ま、今回作った梅甘酢(梅2kg:千鳥酢1・8リットル:はちみつ500cc)では、甘さが足りないであろうことは確かなのだが、どう調整したら良いのか、今のところ不明。

もうちょっと寝かせておいて、はちみつが溶けて、梅が沈んだところで、味見して、味を調整することにしたい。

<追記 2009.07.04>
後でアドバイスをいただき、調べたら、去年は、はちみつを重さで使っていたし、今年も入れたはちみつは、500ccではなく、500gであることがわかった。
ためしてガッテンの「砂糖ははちみつの0.57倍の甘さというのは、同じ容量での話」であることは間違いない。
だったら、重さではどうなの?ということは、まだ、わかっていないので、今年の梅甘酢については、「梅:酢:はちみつ=1:0.9:0.25」のまま、進んでみようと思う。(甘くなかったら、後から砂糖を足せば良いのだから)
Commented at 2009-07-03 15:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-07-03 15:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mw17mw at 2009-07-03 23:28
>匿名希望さん
先程、多慶屋に先日購入して使った「国産はちみつ」を見てきたら、おっしゃるとおり、500gでした。
(そして、去年の記録を見たら、去年もはちみつや氷砂糖をgで計っていました)
昨日のお話では、同じ重さでは、砂糖もはちみつも変わらないのですよね?
ということは、本当に甘さが抑えられた梅甘酢ができるかも知れません、ま、いいです、当分このまま寝かせてみますね。
(梅甘酢は今容器の一番上まで入っていますので、梅が完全に浸かっています)
お騒がせしました、今年の分量を書くとき、私が勘違いしただけのことでした。
でも、砂糖とはちみつは同じ容量では重さの関係で甘さが違うけれど、同じ重さでは変わらないというのは勉強になりました。
Commented at 2009-07-04 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-07-04 23:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by mw17mw | 2009-07-03 09:09 | 調理・料理研究 | Comments(5)