天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

育ち盛りの男の子にはカツ丼

d0063149_22375686.jpg昨晩、甥2とその母が泊りがけで出かけていたので、甥1とその父に、夕飯を作った。
甥1に「何食べたい?」と聞くと「カツ丼」。

ちょうど、ためしてガッテンのカツ丼を試したかったので、良い機会、ガッテン流をアレンジして作ってみた。
(写真は、今日の私のお昼のカツ丼。
太ってしまうので、一枚のカツを1/2ずつにして、昨晩と今日のお昼と二回に分けて、ご飯少なめで食べた)

それにしても、育ち盛りの男の子って、すごい。
一枚100gくらいだと思うのだけれど、そのカツ丼の頭で、何と、どんぶり1杯半のご飯を食べた。
それで、太らないのだから、羨ましい~。

さて、ためしてガッテンのカツ丼の特徴は、

1.たれが濃い。
2.卵は余りかき混ぜない。
3.揚げ立てのカツで、余り煮ないで、卵でとじてからも、強火で30秒。

だと思う。

で、3については、多分私はこなせない。
ガッテンのレシピでは、油で揚げた後、その熱い油を出して、フライパンを拭いて、そのままカツ丼の頭を作るのに使うらしいが、熱い油の処理を短時間で、パッパ行うのは、私の性格上(オッチョコチョイ)、ちと怖いので、お昼に、カツを揚げておいて、オーブントースターで温め直して、カツ丼を作ることにした。
(お昼過ぎに揚げたカツを、和紙に挟んで置いたら、相当油が取れて、反ってこの方が良いかも)

たれは、4人分で、お醤油&味醂それぞれ大さじ4(60cc)、お砂糖大さじ1とお水65cc。
一人分ずつ作るので、この材料を合わせて火にかけ、お砂糖を溶かしておいた。
ガッテンによると、一人50ccらしいが、計算しなおすのが面倒なので、この4人分のたれを3人分で使ってみた。

卵は、割って、2往復箸を動かすだけで良いらしいが、トングで、「白身を持ち上げては切り」を数回繰り返して、白身を分断した後に、黄身を潰して、同じく3回くらい、持ち上げたりして、広げた。

オーブントースターでカツを温め始めると同時に、フライパンにたれと長葱を入れる。(そうだ、ここも違うのだ、我が家は、こういう卵とじに、玉ねぎを入れるのを嫌い、長葱なのだ)
で、火をかけたのだが、長葱と玉ねぎでは、長葱の方が柔らかくなるのに時間がかかるのか、少し煮詰まって来たので、少しお水を足した。
(この間に、オーブントースターからトンカツを出して、切っておくのと、ご飯をどんぶりによそっておく)

長葱がだいたい柔らかくなったところで、トンカツを入れる。
そして、すぐに卵液を流し込み、蓋をして、強火で30秒加熱。
蓋を取ると、卵が良い具合に火が通っていて、お店のカツ丼みたいにできた。

ようそろ、フライパンから、どんぶりにカツ丼の頭を滑らせて移し、出来上がり。

食べてみると、我が家のカツ丼より、やたらに甘い。
味が濃いのはいいのだけれど、甘いのはちょっとね、という感じ。
卵の感じは、ガッテン流がとても良いことはわかったが、たれの配合は変えた方が良いみたい。

我が家のカツ丼は、「母の味」で母のやり方を思い出すと、あの人は、カツをたれで煮ているときに、一筋、カツに醤油をかけていたっけ。

今度作るときは、お醤油と味醂大さじ4ずつとお水80ccにしてみて、味見して、甘さが足りなかったら、ちょっとお砂糖を足してみるという風にして、味を決めたい。
そして、母のように、一筋お醤油をたらそう、その方が味にメリハリがつく筈。

ガッテンの卵の扱いはとても参考になった。
卵は余り混ぜないで強火で加熱するとふんわりすることがよくわかった。
実際に、親子丼の有名店の卵はそういう感じであることは知っていたが、自分でやってみて、うまく行く自信がなかった。
でも、やってみたら、とても簡単だった。
[PR]
Commented by えみぞう at 2007-04-07 01:04 x
うちは二人とも西日本出身なので、ガッテンのタレは「美味しいんだけど、味が濃いね」と
いう感想でした。
関東風の味なのかと思っていたのですが、江戸っ子には甘みが強すぎますか・・・
どの辺りをターゲットにした味なんでしょうね??
Commented by mw17mw at 2007-04-07 13:15
>えみぞうさん
先日、私が「関東では」と書いたら、北関東出身の方から、「東京が関東を代表しているわけではなく、味が違う」と言われました。
また、東京独自の味というのも、わかりにくいですね。
はっきりしているのは、江戸時代は、武士と町民の二重構造の町で、味の好みも違ったようです。
おそばも山手線の内側のつゆは甘くて、浅草・神田あたりは辛いらしいです。
甘ったるい古い東京の食べ物で有名なのは、扇家の玉子焼き、南千住尾花の鰻のたれとかあることはあります。
ま、東京の味、関東の味は、濃い口醤油が基本という点では共通していますが、結構バリエーションがあります。
このNHKのたれは、どこのでしょうね?
皆で試食して、一番人気のあったものにしたのかもね。
by mw17mw | 2007-04-04 22:39 | 料理レシピ | Comments(2)