人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

大人として必要なこと

この前の金曜日、お店を閉めた頃、高校生になった甥1が帰ってきて、「あ~、疲れた、お店で一服していく」というのに、付き合った。
「一服」というのは、お店のコーラが飲みたいということ。

電車通学になったせいか、家に戻ってくる頃、疲れてしまうみたい。
甥1と何やかや話していたら、塾から甥2が帰ってきて、「僕もコーラ」ということになり、珍しく、お店で三人で話していた。

まるで私は小学生なら駄菓子屋のおばさん、中高生なら、パン屋のおばさんかな?

面白かったのは、甥1。
もうすぐ行われるお祭りの予定について話していたのだが、「まり、今年はアイスクリーム売らないのでしょう?」という。
「うん」と答えると、「あれはやめたほうがいいよ、全然売れなかったものね」と言うのだ。
ブログなどには書かなかったが、2年前、母が死んでお店を閉めっぱなしだった時期のお祭りのとき、私がつい色気を出して「アイスクリームだけ売ってみようか」と売ってみたのだ。
結果、見事失敗。
お祭りのとき、アイスを食べたいと思う人は少ないようだし、そもそも我が家の前は、昔に比べて人通りが減ったみたいで、前を通る人の数がまばらであった。

その時、甥1にも手伝えと言ったのかな?
彼は、そのときのことを覚えていて、仲間かお兄さんみたいに、私に仕事上のことを注意してくれた。
それは、私が甥1の本業である学校生活や勉強について、アドバイスするのと対等の行為に思え、面白かった。
16歳の甥にそう言われて、不愉快かと言えばそんなことはない。
いつもは酒屋のことなど何も言わない子なのだが、彼は彼なりに、私の商売を見ていてくれて、気にして、アドバイスしてくれる姿勢が嬉しかった。

ま、私たちが本来の伯母と甥の上下関係になるのは、おばちゃんがお金か食べ物か物をあげるときだけかも。
でも、私の商売を家族が気にしてくれていること、嬉しかった。

甥1や甥2のことに関して言えば、最近困ったなと思うことが一つある。
二人とも良い子なのだけれど、やはり大人になったときのことがとても心配。
世の中には要領の良い子、競争に強い子、胡麻をするのがうまい子、色々な子がいる。

大学生にまでは順調になれるだろうが、その後、就職できるのかしら?就職したとしても、そういう要領の良い子に混ざって、それなりに生きがいを持って生きていけるのかしら?と考えると、甚だ不安。
で、彼らに、実はお説教したり、人生や生活について、今の彼らの視点を少し動かして違う見方ができるように教えたりしたいのだ。
(私が会社の社長だったら、今の甥たちを雇うかというと、難しいところ。「性格が良いのはわかるけれど....」なのだ。)

でもね、生まれたときから、彼らを優しく励まし続けて、「真理は、僕たちの味方で、絶対僕たちのやることを肯定してくれる」と、彼らの頭に刷り込んでしまったようなのだ。
子どものときに、甥のお父さんから、「甥1の頭の中には、赤ちゃんのときに刷り込まれた『真理は絶対自分の味方で褒めてくれる人』と思いがあるから、大きくなったからとは言え、真理から怒られると、『有り得ないことが起きた』と捉えて、それだけでショックが強いみたいだ」と聞いたことがある。
それ以来、私は、甥たちに、全く怒れなくなったし、厳しいことも言えず、お説教もできなくなっている。
世の中厳しいということを、彼らを傷つけることなく教えるにはどうしたらよいのだろう、今のところ、ノーアイディア。
ま~、彼らが世の中の荒波に揉まれたときの、「慰め係り」でもいいのだけれど。
Commented by ジョゼフィーヌ at 2006-06-05 19:37 x
姉の子供たちは私のことをファーストネームで呼び捨てにします。
それは彼らが小さい頃から私が望んだことでして♪
もちろん「若い男の子に呼び捨てにされる」のは快感です(爆)

そんな甥っ子達もみな成人しました。
それぞれ頑張って社会で仕事をしています。

私も彼らが子供の時はベタベタに甘やかしましたが、
成人した今、彼らには本音でズバズバキツイことを言います。
それがオトナになった彼らを尊重する発言だから。
と、私の勝手な理屈を説明しつつ(笑)

かわいいのは中学、高校の頃までですよん。
いまの時間を大切に~♪
Commented by mw17mw at 2006-06-05 22:43
>ジョゼさん

ジョゼさんにも甥子さんがいるのですね、先輩ですね、「おばさん」の。
うちの甥、可愛くて口を利いてくれるのも小学生までかと思ったら、
中高生になっても、結構ちゃんと会話してくれるので喜んでいたけれど、
大学生になったら、もう終わってしまうのですね。(涙)

わかりました、私も彼らが社会人になったら、キツイこと言えるようになるかも
知れません。
それまで、焦るのはやめて、今を楽しみますね。
アドバイス有難う。
by mw17mw | 2006-06-05 13:02 | 日常生活 | Comments(2)