人気ブログランキング | 話題のタグを見る

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

浅草駅(TX)界隈-「ねぎどん」で立ち食いそば

長らく、立ち食いそば業界で評判を取っている超有名な「ねぎどん」は、卓球場への行き帰りのルート上にあるのだが、最初、余り美味しいと思わないと思って以来、近づいていなかった。
それももう10年とか20年の単位の昔の話なので、先週、食べに入ってみた。

(私は何も調べないで行ってしまい、結果、美味しくなかったことを書くが、それはやはり、色々調べて行かなかったからの当然の結果と思うし、このお店をけなす意図はない。冷やしたぬきは私には合わなかったので、お勧めしないくらいの意図)
だいたい、このお店のこと、良く知らないで、1種類気に入らなかっただけのことで、全体を評価できると思っていないことだけわかってください。

どうも、食べログを読むと、コロナが落ち着いて再開したようであった。
最近は、月~木(祭日を除く)だけの10時から売り切れまでの営業。
場所は、国際通りを三ノ輪の方に進んで、花園通りと反対側に曲がって少し行ったところ。
駅からは遠くて行きにくい場所。

浅草駅(TX)界隈-「ねぎどん」で立ち食いそば_d0063149_07524996.jpg
お店に入ると、右側に券売機があって、選ばなくてはならない。
何がいいかわからないまま、そうだ、冷やしたぬきが美味しかったら嬉しいなと、冷やしたぬきを選んでしまった。
(冷やしキツネが最高に美味しく、大好きだった筑波というお蕎麦屋がやめてしまって、早何年?)
その冷やした抜きは確か800円くらいで、高かった。
普通のかき揚げそばより高いから、何でだろうと不思議であった。

で、出て来たのは、下の写真。
え、カニカマが乗っている、だから、高めの値段なのだと理解できたが、何で、カニカマなのだろうか?
海苔の下には、貝割れとか、揚げ玉とかたくさん乗っているが、私の好きな「なるとの千切り、胡瓜の千切り」は皆無であった。(涙)

浅草駅(TX)界隈-「ねぎどん」で立ち食いそば_d0063149_07525255.jpg
食べ始めると、つゆは全く甘さを感じないタイプで潔いというか、潔すぎる気もする。(笑)
日本そば、揚げ玉、胡瓜、なるとが揃うと、口の中で噛んだ時の素材の硬さの違いが美味しいのだけれど、今回、その楽しさがなくてつまらなかった。
冷やしきつねの素材なぞ、一定の決まりがあるわけではないけれど、やはり、そろそろ統一してほしい。

しっかし、ここのおそばって、他のお蕎麦屋、立ち食いソバ屋さんとは全く違う、このお店でしか出てこないようなおそばであることに気づく。
(多分、このお店の人気が続いているのは、このお蕎麦等麺類のおいしさにファンが多いからだと思う)

どちらかといういと平ぺったくて、材質は、固めで、しかも透明感があり、(わかりにく表現だが、私にとっては)秩父で食べたおそばに似ている気がした。

何でも、ねぎどんさんは、どこかの製麺所が経営している立ち食いそば屋さんとのこと、その製麺所独自のお蕎麦なのかしら?

浅草駅(TX)界隈-「ねぎどん」で立ち食いそば_d0063149_07525413.jpg

今回は、下調べしないで、食べに行って、外れてしまった。
次回からはちゃんと食べログのコメントを読んで、研究してから食べに行こう。
(そういえば、メニューに例えば「天玉そば」というものがあって、「え、生卵か茹で卵の天ぷら?」と思って、お店の人に聞いたら、「天玉と言ったら、かき揚げを浮かべた上に生卵を割り入れたおそば」とのこと、意味を聞かないとわからないものも少しあるみたい。

by mw17mw | 2022-06-29 08:26 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)