人気ブログランキング | 話題のタグを見る

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

着々と、美味しいたこ焼き作りに、まい進中&taco.44

家の近所の日本そば屋さんは、ずっとずっと、天ぷらを揚げるとできる揚げ玉を小袋に分けて、「自由にお持ちください」と、お店の前に置いといてくれるので、なくなると、いつももらいに行っている。(多分、10年くらい?)
昨日はちょうど時間的に良い時に行ったのか、下の画像のような揚げ玉が5袋もあったのだ。(いつも多くとも2袋くらい)
いただくと、冷凍庫で保存しておくのだけれど、今はたこ焼きに凝りそうなので、3袋いただいてきた、本当にいつもどうも有難う。

着々と、美味しいたこ焼き作りに、まい進中&taco.44_d0063149_21302554.jpg

そして、昨晩、一度たこ焼きを焼いてみたが、微々たる前進しかなく、ちょっとがっかり。
それで、今日の午前中は、Youtubeで「たこ焼き」で検索すると、本当に沢山の動画があったので、それをいくつか見て勉強していた。
まだ、細かいことは言えないけれど、たこ焼きを焼くと一口に言っても、熱源がガスか電気かで、手順とかかかる時間が違うし、焼く道具も、鉄かテフロンか銅かでも、使う道具が違ったりするのだと理解した。

そして、最近、たこ焼きのレシピを見ると、卵を入れるレシピが多いのだけれど、あら?たこ焼きに卵が入っていたっけ?と私は自信がない。
関西では、兵庫県の明石焼きを玉子焼きと呼ぶし、実際に食べると沢山の卵の味を感じるから、そちらには、名前通りに卵が入っていることは間違いないのだけれど、大阪のたこ焼きはどうだったかな?とわからないのだ。(卵が入っているから玉子焼きなら、大阪は卵が入っていないのではとチラっと頭に浮かんだのだ。)

ということで、観光地としての浅草の外れ、ひさご通りの出口近くにあるtaco.44という大阪のたこ焼き屋さんで、久々、見本となる大阪風たこ焼きを買うのと同時に、焼いているお姉さんに卵を入れるかどうか聞いてみることにした。

taco.44は、初回買いに行った時にブログの記事にした。
その時、たこ焼き自体は美味しかったけれど、塗ってくれるソースが甘過ぎて私には合わなかった。
そのあと、昨年だったか、しょうゆ味があったので、それを買ってみたが、甘いソースより、私の口にあった。

着々と、美味しいたこ焼き作りに、まい進中&taco.44_d0063149_21304457.jpg
こちらがメニューで、「自慢の大阪シリーズ」が1日限定20食、それがなくなると、「大阪」の文字が消えたたこ焼き、50円安くなるのだけれど、何が違うのだろうか?
着々と、美味しいたこ焼き作りに、まい進中&taco.44_d0063149_21310842.jpg
注文しながら、焼き場を見たら、どうも、立派な銅のたこ焼き器で焼いているみたいだったが、まだまだ、相当残っていた。
注文したのは、塩味、ネギは別の容器に入れて、持ち帰り用に作ってくれた、6個で550円。

家に帰って開けて食べてみると、マヨネーズが薄めなのが良かった。
たこ焼き自体、美味しいけれど、焼き上がった後、きっと弱火でずっと冷めないように加熱し続けていたのだと思う、本来なら、外側の皮がもっと薄いはずなのに、厚めになってしまっていたのが、残念であった。
でも、仕方ないよね、そんな焼き上がったばかりのたこ焼きを買えることの方が少ないのだから。

着々と、美味しいたこ焼き作りに、まい進中&taco.44_d0063149_21312259.jpg
で、大阪人のたこ焼き屋のお姉さんに聞いたら、「必ず、大阪のたこ焼きには、卵も山芋も入れる」とのこと。
うん、わかった、もともと山芋は入れているし、卵も今後は入れることに決めた、もう、迷わない。

着々と、美味しいたこ焼き作りに、まい進中&taco.44_d0063149_21313452.jpg
そうだよね、卵を入れた方が、小麦粉を溶いたものがくるっとまとまりそうだものね。
それでも、例えば、小麦粉300gに対して、卵は1個くらいなのだ、私なぞ、小麦粉60gでたこ焼きのタネを作っているものは、卵が1/5個しか不要なので、残りを冷凍しておく必要があり、ちょっと面倒。

そういえば、私の周囲には、大阪のたこ焼き屋さんは、この浅草ひさご通りのtaco.44の他、白山のたこ竜があって、好きだったのだけれど、今日調べたら、閉店になっていた
白山の裏路地にある小さなたこ焼き屋さんだったけれど、近くに、大きな回転すしのはま寿司があって、そこのサイドメニューにたこ焼きがあったのだ。
そうなると、たこ焼きだけのお店って、余程の実力がないと、たこ焼きを出す回転寿司に勝てないよね、残念。

Commented by ちひろ at 2021-01-31 23:06 x
そういうときは、うずらの卵の出番ですよ〜!
Commented by mw17mw at 2021-02-01 10:33
> ちひろさん
なるほど!思い浮かびませんでした。有難うございます。じつは冷凍庫に溶き卵があったので、それを削って解凍し、使ったところでした。その冷凍溶き卵が終わったら、うずらのたまごを利用したいです。
by mw17mw | 2021-01-31 22:12 | 調理・料理研究 | Comments(2)