人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

上野の山の催し物2つ-2018年冬

上野公園で行われている「上野の旧博物館動物園駅の一般公開」を見たく、先日、この駅の前の係の人に言われたとおりに、先日の土曜日、朝10時前に、切符をもらいにその会場前の奏楽堂の前の広場に行ったのだ。

d0063149_09342327.jpg

当日券400人とのことで、行列は長かったが、楽勝で整理券をもらえた。
でも、10時にもらった切符は、13時から13時30分までに来てくれと言う整理券だった。
(各回、係の人が案内してくれるような催し物ではと思ったら、そんなことはなく、決められた時間の間にふらっと来てくれとのこと)

d0063149_15082994.jpg

土曜日の上野公園の各施設は混んでいるだろうから、私は自転車で自分の家に戻り、また、12時半頃、自転車で、この博物館動物園前に戻った。
そして、整理券を渡し、駅の中に入ったら、ドーム型の屋根の下に、ウサギが逆立ちしていて、その上の方を見ると、ドームの内部の模様がきれいに見えた。

d0063149_15083624.jpg
そして、そのすぐ先にある階段を下に降りて行くのだが、使われていないから、全てが傷んでいるかんじ。

d0063149_15084106.jpg

で、階段を下り切って、右に曲がると、ガラスで仕切られたところでその先を見ている大勢の人が見えた。
「え~、駅で公開されているのはこれだけ?」、ガラスの先には、切符の券売機みたいなものが見えた気がした。
そうなのだ、切符売り場から、改札、ホーム、電車が通る線路は、非公開なのだ。
ま~、確かに、この駅は今は使われていないけれど、上野から出る京成電車、上野に着く京成電車全てがここの線路を通るから、危ないことは理解できるけれど、本当に心から、「これだけ?」と思ってしまった。

d0063149_15084565.jpg

何だかな~、私のように比較的近所に住んでいるから、10時に整理券をもらいに行って、指定された13時まで、時間を無駄にせず使えた者でも、「え~、たったこれだけ」と思える催し物、遠くからいらっしゃる人は、どうか、上野の山で他の催し物と組み合わせて、楽しく有意義に上野の山を楽しめるよう、予定を組んでから、お出かけになることをお勧めいたします。
旧博物館動物園駅「アナウサギを追いかけて」の記事に書いてあるような、音楽とか映像とかパフォーマンスなぞ、全然なかった催し物であった。

都美術館のムンク展
品川Iさんがいらして、「とても良かった」とのことだったので、行ってみた。
評判が良い展覧会で混んでいるとのこと、都美術館は、第三水曜日、シニアは無料だけれど、毎回とても混むとのこと、しかし、この展覧会は、有名な絵だけを見るのではなく、全てをゆっくり見た方が良いとの品川Iさんのアドバイスがあり、有料で見に行った。
金曜日は午後8時まで開館しているのだけれど、ま、そんな遅くはこの季節寒いので、午後3時から見に行ったら、見終わって5時であった。
空いているという程ではないけれど、どの絵も、並んでいれば、難なく、人の頭越しではなく見られる程度の混みようで楽勝であった。

(そうそう、都美術館に3時頃に入ろうとするとき、上野動物園から、「本日は混んでおりますので、パンダ観覧の受付は3時半までとさせていただきます」というアナウンスが聞こえた。
私は年間パスポートを持っているので、思わず、パンダを見てからムンクにしようと思ったのだが、その後、その放送で、「現在、パンダを見るまでの待ち時間は45分です」と流れて、諦めた、まだまだ、続くよ、シャンシャン人気。)

d0063149_15085076.jpg

で、ムンク展は、本当にとても良かった。
ムンクは17歳で美術学校に入ってから、80歳まで絵を描き続けたとのこと。
世代的にはゴッホに近いらしいが、何せ長生きしたので、絵が沢山残っているらしい。
だから、絵のタッチが一様ではなく、色々な年代で、違うタッチで色々な絵を描いているし、同じ主題で何度も似たような絵を描いている。(全てが有名な「叫び」みたいなタッチではないのだ。反対に「叫び」みたいな絵は少ない。)
そして、全ての絵が自分の心象を表わしていると書いてあったかな、私的な印象をまとめた絵ばかりのところが今風)
ムンクの絵は、「叫び」以外知らなかったと思ったら、どこで見たのか、「マドンナ」は作者がムンクだと知らずに絵は知っていた。(リンクしたページのマドンナは、今回の展覧会に出品されている作品とは異なる)
全体としては、若い頃、そして、他国で絵を描いていた時期なぞ、やはり、精神が病んでいたのか、暗い絵が多かったが、40過ぎて、故郷のノルウェーに戻ってからの絵は、精神的に落ち着いたのか、そちらの絵が私は好きだと思った。
一人の画家の80年間の変化を味わえて楽しい、お勧め。

見終わると、都美術館の二階に出るのかな、そこから、5時で既に真っ暗になっている外の景色の中に、上野動物園のイルミネーションが見えて、楽しい。
上野動物園でも、そんなことしていたのだと発見。(というか、このイルミネーションは、夜に公園を歩いている人が少ないから、勿体ないかもと思ってしまう)

d0063149_15085430.jpg
都美術館を出た後、上野動物園の入口に近寄ってみた。
このイルミネーションの中に、何頭かの動物がいそうだけれど、パンダだけがはっきりわかった。
やはり、上野動物園の一番のスターはパンダ。
このイルミネーション、今、色々検索したのだが、冬の間ずっと点灯しているのか、クリスマスシーズンだけなのか、良くわからなかった。
d0063149_15085712.jpg

by mw17mw | 2018-12-26 16:03 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)