人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

田原町駅界隈-「らいもん」で、薬膳スープカレー

先日、築地の帰りにsisi煮干啖というお店に振られてしまった後、結局は、我が家を通り越して、田原町駅まで行き、田原小学校の前を通り越してもうちょっと行ったところにある「らいもん」というお店に行くことにした。(以前から気にはなっていたのだ)

この赤い旗が沢山立っているマンションの奥に、このらいもんというカレーやさんと、焼きやというお店が並んでいる。
以前から、このお店に気づいていたが、奥まったところにあるので、何か近寄りがたかったのだ。
で、らいもんというのは、雷門の音読みのよう。

d0063149_21455267.jpg

奥まで行くと、店の真ん前に、カレーのメニューがあるみたい。

d0063149_21461080.jpg

中に入ると、カウンターだけのお店できれい、土曜日の2時近くに行ったのかな、先客は0であった。

d0063149_21455939.jpg
奥からマスターらしき方が出てきて、説明してくれた、まずは、食券を買ってくれと食券機の前に連れて行かれるが、この食券機がやたら立派に作り込まれたものでびっくり。
このお店は、普通のカレーとスープカレーがあるそうで、下の画面は、スープカレーの中のレディス向けの画面だったかな?
具の違いで3種類のスープカレーとなぜか、チーズと卵のカレーうどんがあり、私は、ハーブウィンナーと野菜のスープカレーを中辛でご飯は雑穀米をチョイス。(他にご飯はバターライスがある)値段は確か1000円。

d0063149_21462428.jpg
こちらは、普通のカレーの食券の内容を決定するための画面。
d0063149_21462071.jpg
出てきたカレーの画像。
d0063149_21460320.jpg
ウィンナーも美味しかったし、野菜ゴロゴロで具は良かったのだが、中辛を取ったのに何だかベースのカレーが甘い。
その甘さは、外れてはいたが、例えば、ポートワインのような甘口のワインを煮詰めたような甘さに感じられた。
ここのカレーは薬膳と言いながら、ヨーロッパ風なのかとか思いながら食べていたのだが、最後、マスターに聞いたら、「うちのカレーの甘さは、野菜を煮込んだ甘さだと思う」とのこと。
確かに、玉ねぎのみじん切りを炒めて大量に入れればそれだけ甘くなるものね。

だから、ここのカレーは、中辛を取ろうが、辛口にしようが、結局はベースは甘いカレーなのだと思う。

で、お店のテーブルに下のような説明が置いてあるけれど、このお店のカレーは、薬膳効果のあるハーブを使っている薬膳カレーなのだって。(そのせいか、私の舌が悪いからか、余り薬草っぽい味はしなかった)
何でも、マスターがフレンチ出身で、ハーブを色々料理に使ううちに薬膳カレーに目覚めたのだとか。

d0063149_22033162.jpg
私としては、いわゆるカレーの味が余りしないところが残念だと思った。
普通インドカレーに使われている香辛料は使わないで、フレンチで使うハーブで作ったカレーのよう、不味くはないけれど、カレーぽくないところが残念。

らいもんさんの情報は検索してみたが、全然出て来ず、隣の焼きやに関する記事にその名前が出てくるくらい。

by mw17mw | 2018-12-21 22:09 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)