天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー

2018冬 上野の山と浅草観音裏情報

<上野公園 旧博物館動物園前駅公開イベント情報>

昨日の金曜日、六義園まで行く用があり、帰り道、不忍通りから西日暮里のIanakに寄った後、西日暮里駅の横の急な坂を上り、上野の山の中に入った。
ここまでくると、「そうだ、今、金土日だけ、旧博物館動物園前駅でイベントをしていて、中を案内してくれるのだ」と思い出し、藝大の間の道を通って、そちらに向かった。
そうしたら、藝大の音楽の方、正門より谷中寄りの道沿いに、真っ赤な紅葉の木が一本だけあって、後ろの古いレンガ造りの建物に生えて、本当にきれいだった。
紅葉するもみじの木、上野の山にもっと植えればいいのにね。

d0063149_09355606.jpg
その時、時間が14時15分くらい、催し物は、11時スタート、12時スタート、2時スタート、3時スタートだったと思うので、3時に参加できればいいなと博物館動物園前駅に向かったのだ。

d0063149_09342327.jpg

そうしたら、駅の扉は開いていたが、「本日の入場整理券の配布は終わりました、本日は入場いただけません」の立て看板が立っていた。(涙)
案内のお兄さんが立っていたので、様子を聞いたら、「毎日、朝10時から整理券をここで配っています。今日金曜日で10時時点の行列は100人くらいでしたから、土日はもっと長いと思います。毎日、案内できる人数は400人です」とのこと。
ま~、10時とは言わないけれど、午前中に一度整理券をもらいに行かないと、見学ができないみたい。
無料より行列のできるものはない。(笑)
いつ行こうかな?
d0063149_09342050.jpg
<浅草観音裏に「浅草角萬」が新規開店することが決定>
FBの情報や「以前コメントをした者です」さんからの情報で、柳通りの弁天というお蕎麦屋の近くだとか、浅草警察の近くだとか、柳通り(弁天がある通り)だとか、色々な情報を知り、毎週、火曜日の午前中にその近所に通っている私は、自転車で、「今、内装工事をしているお店とか、閉店してしまったお店がないか」を探したのだが、全く見つからなかった。

しかし、FBの情報によると、竜泉の閉店した角萬さんのお店に、「浅草角萬が12月下旬オープン」のお知らせが出たとのこと。
その記事を今検索して探したが、消えていたけれど、「以前コメントをした者です」さんへのコメントの返信に情報を書いておいて良かった!
「浅草4-45-4」に12月下旬に新規オープンだそうです。
場所は、今までの情報、全て合っていました、柳通りという言問い通りの5656会館のところを入っていった通りなのですけれど、有名なのは、やはり、言問い通りに近いところで、有名どころでは、言問い通りを入っていくと、すぐ左に弁天というお蕎麦屋さん、右に見番会館があります。
その先、ずずっと進むと、有名なオマージュというフレンチのお店があり、そこより先、北めぐりんが通っている大通り(左に行けば、淺草4丁目交差点のパチンコ屋、右に行けば浅草警察署)にぶつかるのですが、その手前の右側のビルの一階に「浅草角萬」ができるようです。
(そうか、竜泉角萬が復活するわけではなく、浅草角萬という名前になるので、移転ではなく、閉店・開店なのですね)

だから、柳通りにできるとか、浅草警察署の近くという情報は全て正解でした。
ただ、今週の火曜日に、私はその浅草4-45-4の前も通ったのですが、まだ、工事していない様子でした。
また、来週の火曜日にじっくり、偵察に行ってきます。

そうそう、今週の火曜日に柳通りを走り回って、見番会館の手前、道を挟んだ隣の婦志多という素敵で大きな料亭が壊され、工事中の塀で囲まれているのを発見、ショック!
柳通りの風情は、この大きな素敵な料亭の建物によるところが大きかったのに、全て壊され、ただのマンションになってしまうみたい。
しかし、昨日、マツコの夜の徘徊番組を録画して見たら、ちょうどこの見番会館内部と隣の婦志多の工事現場の話でした。
今なら、その番組の一部をネットで見ることができるみたいなので、ご紹介。(一緒に映っている若い背広の男性は婦志多の息子さんとのこと、残念ながら、この動画では、婦志多部分は公開されていない)


[PR]
by mw17mw | 2018-12-08 10:18 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)