天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー

今晩のクローズアップ現代+「世代超えクイーン人気映画ヒット意外なワケには緻密な戦略」

本日、午後10時からのNHK総合テレビの「クローズアップ現代+」は「世代超えクイーン人気映画ヒット意外なワケには緻密な戦略」だそうです。

私は、元々クイーンのファンではないというか、クイーンが出たころ、既にロックから卒業をしていて、クイーンのヒット曲を知っているという程度の知識でした。
そして、先日、同じくNHKのSONGSで、クイーン特集を見て、とても良かったので、映画にも興味を持ち、見てきました。
大変良い映画ではありますが、最後のまとめの段階で、丁寧に描く時間がなくなってしまったのか、勧善懲悪的に、良い人はあくまで良い人で成功し、悪い人はあくまで悪くて排除されていくみたいな周囲の描き方がちょっと物足りなく、Yahoo映画の4.70という評点は高すぎるのではと思いました。

映画を見ながら、クイーンの4人は、喧嘩しながらも仲良しで、最後まで一人も欠けず、分裂したり解散することもないことが描かれ、それを見ていて、「どうして、ビートルズは解散しなくてはいけなかったのだろう?」と思いながら、見ておりました。
4人のグループに、自分を曲げない天才が一人だったから、クイーンはまとまったのか、ビートルズは、4人中2人が絶対自分を譲らない天才だったから、まとまり切れなくなったのかなとか、感想を持ちました。(または、クイーンの方が学歴が高く教養があるみたいだから、皆、感情に走っても、最後は理知的に考えることができたのかなとか)

今日のNHKのクローズアップ現代は一体どういうまとめ方をするのか、大したことないかも知れませんが、見てみたいと思います。

[PR]
Commented by くろうさぎ at 2018-12-07 17:51 x
時々おじゃましています。そして職場が東上野にあるのでお店参考にさせてもらっています。
さて、映画の感想を読んで私も同じことを感じていたのでコメントしようかと・・・私はドンビシャ世代なのでクイーンやキッスなどを中高生の時に聞いていました。
クイーンはフレディが飛び抜けた才能の持ち主だったおかげで、解散せずにいたんだと思います。評価は4くらいだと思います。しかしブライアンメイ役の方があまりに似ていてびっくりしました。いろんな見方がありますが私はあの時代にタイムリーに聞けて幸せでした。
失礼しました。
Commented by mw17mw at 2018-12-08 10:38
> くろうさぎさん
書き込み有難うございます。タイムリーに全盛期からファンだったというのは、羨ましいです。
やはり、才能的には、フレディが跳びぬけていたのですね。それにしても、彼のペルシャ系インド人であること、アフリカで育ち、親の宗教がゾロアスター教であり、インドで英国式の寄宿舎の教育を受けたこと、その後、イギリスに亡命のような形で移り住まなくてはならなかったことなぞ、ここまで複雑な育ち方をした人は他に知らないと思いました。(カフカの世界だって、もっと単純な世界です)
多分、インドにいれば、エリートだったのでしょうに、イギリスに渡って、それまでの教育は評価されなかったかも知れません。自分の才能や知識を外に表現できない状況を全て自分の中に受け止めた彼は、本当に複雑な感性の人間にならざるを得なかったのかなと思いました。

ブライアンメイが似ているかどうか、私にはわかりませんでしたが、その後色々調べたら、なんと、天文学博士と知って、びっくり!
世の中には、音楽の才能と天文学の才能を両方持っている人がいるのだなと羨ましくもあります。
また、ロジャーテイラーの可愛らしいルックスは、日本で受けただろうと思って見ていました。
何だか、あの映画、再度見に行きたいと思っております。
Commented by くろうさぎ at 2018-12-11 16:41 x
返信ありがとうございました。そうなんです、私のお気に入りのブライアンメイは理系の博士でいつも冷静な物腰なので、演奏が容姿と雰囲気も好きでした。瞳がとてもきれいでやられましたわ・・・(笑)そしてあのヘアスタイルも◎。
ボヘミアンラプソディを初めて聞いたときは衝撃を受けました。ロックにオペラの要素をとりいれたあんな曲聞いたことなかったですから・・・
そうです、あのドラマーの容姿は日本人受けすると思いましたね。とても素敵なグループだったのです。もう一度ご覧になったらまた別な感情になるかもです。
再度、失礼しました。
by mw17mw | 2018-12-06 18:04 | 日常生活 | Comments(3)