天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー

新御徒町駅界隈-「味農家」のランチ

味農家さんは、最近、ランチのある日は、11時半近いことが多いが、FBでメニューが発表され、家で見ることができる。(FBで味農家で検索する)

d0063149_22455756.jpg
もうもう今週は外食ランチばかりで、木曜日はやめておこうと思ったのに、また、揚げ物でない「豚肉の生姜焼き」が一番上に来ているではないか!
味農家さんが豚肉の生姜焼きをどう作るか興味津々。
その上、揚げ物もあったのだけれど、マッシュルームのフライなんて、絶対美味しいに違いない。
(自分で揚げても、きれいにできないだろうことに自信がある。(笑))

だから、また、食べに行ってしまった。
着いたのが、12時10分くらい前だったかな?もう一人分の席しか空いていなくて、滑り込みセーフ。
(ま、表で待てば、第二陣で食べられることは食べられるのだけれど)

d0063149_22460139.jpg
で、上の画像の4つに割ってあるお皿、上右が「豚肉の生姜焼き」ながら、一緒に玉ねぎとしめじが一緒に炒めてあったのだが、やはり、これが絶品。豚肉の薄切りを使っていたが、その薄切りが柔らかいのなんのって、どうやって、あれだけ柔らかいまま炒めたのだろう?
今のところわかっていないが、例えば酵素を豚肉に振ったり、たれに漬けこんだ豚肉に薄く片栗粉をはたいたとか、もしかしたら、しめじが豚肉を柔らかくしているのかなとか思ってもみたが、良くわからない。(料理教室を開いてほしい)

マッシュルームのフライも、串揚げ屋さんが揚げたみたいに、丸ごとのマッシュルームの周囲、どこも欠けているところがなく、とてもきれいに揚がっていて、しかも、揚げ立て。
これは中濃ソースがあったので、中濃ソースで食べてしまったが、もしかしたら、塩の方がマッシュルームの持ち味を生かせたかも知れない。(ご飯のおかずとしては、中濃ソースが正解だろうけれど)
それと、熱々の段階で、齧ったら、余りマッシュルームの味がわからなくて、少し冷めてからの方がマッシュルームらしい香りと味がして美味しかった。(食べ方も研究しないとね。)

やはり、今は秋、一年中売られているマッシュルームと言えど、秋のキノコは格別。

d0063149_22594746.jpg
その他、ほうれん草のお浸しの緑色が余りにきれいで、感激!

あ~、来週はできることなら、家でご飯を食べて、お金を節約したい。
(ま~ね、なぜ、外食してしまうかと言うと、家でご飯を作ると時間を食ってしまうことと、ニャンコが今余り食欲がないから、私が食事しても気にならないかなと思うのだけれど、実際は、私が美味しい匂いのものを作ったり、食べたりすると、「ニャ~!(あんただけ、何か食べるの?私の分は!)」みたいに自己主張しに巣から出てくるのが、不憫なことがあるのだけれどね。

[PR]
by mw17mw | 2018-11-25 23:05 | 味農家@鳥越 | Comments(0)