天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー

広島のおみやげ2/2-出西生姜(しゅっさいしょうが)

その他、私はすっかり忘れていたのだけれど、昨年だったか、ペコジャニという番組で、「島根の生姜」が取り上げられ、私が興味を持ったことを広島Iさんが覚えておられ(私はすっかり忘れていた)、ちょうど、その時に話題になった「島根の出西生姜」が手に入ったとのことで、買ってきてくださった。
「出西」というのは、「出雲の西の方」という意味なのかな?
神話の国・出雲でしか生まれない400年前から有名な生姜、しかも. 8月から10月までしか収穫されないとのこと。
(育て方は、このページがわかりやすい。何でも、同じ種を他の土地で栽培しても同じ味は出ないそう)
何がそんなに普通の生姜と違うのか、良くわからないが、見た目、とてもきれい。
私としては、一番見慣れた葉生姜である谷中生姜の生姜の部分をちょっと大きくした感じと思う。

d0063149_17404097.jpg
いただいたいとき、家に戻ってからも少し味見をしたが、何ていうのだろう、普通の生姜に比べて雑味が少なく、生姜らしい辛さもあるのだが、奥行きが深い辛さで刺激的だったする辛さではない。
それに、繊維がとても柔らかい、全てが上品な生姜であった。(確かにスライスしている時、新生姜をスライスするより柔らかい感じがした。)

どうやって使おうか考えていたとき、ちょうど風邪をひいたばかりで喉が痛かったので、きび糖でスライスした生姜を煮て、ジンジャーシロップを作ってしまったが、もしかしたら、ものすごく勿体ない使い方だったかも知れない。
薄く切ってお砂糖で煮た生姜の薄片も美味しく食べられる。

d0063149_17404410.jpg
遅ればせながら、今、出西生姜のレシピを探したら、このページが見つかった。(その中に出西生姜のひね生姜を使ったレシピがあったが、出西生姜のひね生姜も世の中にはあるのかな?)

調べれば調べるほど、関東では出回らないから、関東では無名ではあるが、実は貴重な生姜であることがひしひしと伝わって来た。
いただいたときは、そこまでのものとは思わず、軽く扱ってしまったかも知れないが、広島Iさん、中々手に入らない貴重なものをどうも有り難うございました。

これって、生で手に入れようとしたら、通販とか手がないわけではない、でも、そこまでこだわらなくて、砂糖漬けとかお茶とか、加工品が色々あるみたいなので、それらを試す価値があると思う。

[PR]
by mw17mw | 2018-11-07 15:12 | 食材・食材のお店 | Comments(0)