天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

崩れコンビーフサンド&塩バターパン

<Ianakのパンで、コンビーフサンド>
Tianakで、「家にコシヅカのコンビーフがあるので、同じようなコンビーフサンドが作りたい」とお店の女性に話したら、「お店でコンビーフサンドに使ったパンはないけれど、ちょうど全粒粉30%の食パンがあるので、それで作ったら、どうですか?」と提案してくれた。
で、販売中のパンが並んでいるところに行くと、全粒粉30%の食パンの隣に、「耳、差し上げます。パン粉等にどうぞ」と書いてあって、これももらえるのならと思い、250円の5枚切りの全粒粉30%の食パンを買うことに決めて、耳もいただいてきた。(笑)

d0063149_10273687.jpg

下の画像が買ったりもらったりしたTianakのパン。(前の方が耳、後ろの方が全粒粉30%の食パン5枚切り)
耳の方は、茶色いのがライ麦のパンの耳2枚?真ん中が全粒粉30%の食パンの耳、その後ろの本当に薄い耳が食パン。
まだ、食パンの耳しか食べていないけれど、オーブントースターで焼いてバターやあんずジャム(いただき物の長野のつるや製が家にあったのだ)で食べたら、本当に耳だけのパンだったけれど、美味しくて、やめられなくて、2枚とも食べてしまった。
(どのパンもかじってみたが、やはり、白い食パンが圧倒的に美味しい。)
残りの耳は、冷凍しておいて、おいおい食べよう。(これらの茶色っぽい食パンをパン粉にするのも良いかも)

d0063149_10274223.jpg

で、買った次の日、朝から、冷凍コンビーフを自然解凍させて、お昼に全粒粉30%の食パンを焼いて、冷蔵庫にあったレタスと、チーズは薄切りを買うのももったいないので、キリのクリームチーズを薄くのばしてパンに塗って、サンドイッチにしてみた。
でも、レタスの葉が厚すぎるのか、バラバラになってしまって、サンドイッチにはならなかった。(涙)
やはり、レタスではなく、サニーレタスみたいな葉っぱの方が良さそう。
それに格好良く作ろうと思ったら、下の画像のようなサンドイッチを包む包装紙が必須かも。
d0063149_10355843.jpg
崩れたまま口の中で合体させて食べたが、味的には、マスタードを塗ればもっと美味しかったかもと反省。

d0063149_10273942.jpg
<ボワブローニュの塩バターパン>
本当は体重を考えたら、パンなぞ買って食べてはいけないのだが、もち麦を毎日食べていること、毎日体重を計って体重が増えていないことを確認して、食べ物の量をコントロールしているので、最近はついつい美味しいパンを買ってしまっている。
最近のお気に入りは、田原町にあるボワ・ブローニュの「塩バターパン」
切ってみると、底の方に穴が開いていて、多分、フレッシュバターを棒状に切ったものに、パン生地を巻き付けて成形して焼いているのかな?
で、焼き上がってすぐ、てっぺんに「ロレーヌ地方の塩」を振りかけるというか、置くみたい。
(「塩パン」とか「塩バターパン」って、最近の流行?「塩バターパン」で検索すると、色々な記事が出てくる)

完全に冷める前に食べた方が美味しく、パンを噛むと、中のパンは柔らかく外はカリッとした食感に、美味しいフランス産の塩味、焼いている間に溶け出したフレッシュバターの味がじゅわっと湧き出てきて、三位一体の味で、本当に美味しい。

d0063149_10274955.jpg

[PR]
by mw17mw | 2018-10-12 10:55 | 食材・食材のお店 | Comments(0)