天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw
カレンダー

稲荷町駅界隈-「支那そば 大和」の冷製すだちそば

ということで、今日のお昼は、稲荷町駅に近い、浅草通り沿いの「支那そば 大和(だいわ)」で、「冷製かぼすそば」を食べてきた。
今日は涼しい気候だったのは、残念だったが、十分美味しかった。

このお店、目黒の八雲という有名店で修業したのち、独立した人のお店、私は、昨年4月に食べに行ったが、実は気に入らなかった。(笑)
でも、最近、このお店の前に飾られた下の看板に惹かれ、食べに行きたかったのだ。(麺量180gと書いてある、ちょっと多めのよう)

d0063149_17091659.jpg

12時半頃行ったのだが、天気が悪いせいかとても空いていた。
そして、私は好きになれなかったお店だけれど、店内で、人形町に「麺屋 大和」という文字を発見、順調に二号店を出したのを知った。
稲荷町店だって、まだ、開店して、1年半弱なのに、実は、世の中に受け入れられて、好調に営業していたみたい、めでたし、めでたし。←実はこのお店、最近、行列を見ないな、大丈夫かなと思っていたのだ。(笑)

興味が湧いたのは、天井近くに貼ってあった、おでんのメニュー。
(一番左が読みにくいが、「国産黒毛和牛の牛すじ」280円かな?)
何だか、一度食べてみたい気がする、お持ち帰りには容器代50円だって、本当に実行してみようかな?

d0063149_17100094.jpg

で、冷製すだちそばの食券を850円で食券機で買い、カウンターの席に着く。
店員さんが、茹で上がった麺を何度も何度もお水でごしごし洗ったかと思うと、氷で〆ているのが見えた。
程なく、出てきたのが沢山のすだちの薄切りを可愛く並べた下の画像。

驚くべきは、具が二本の切り口が正方形の太くて柔らかく煮てある味付けメンマ2本だけということ。
他、糸のように切った赤い唐辛子と大根おろしもあったけれど、他、何もなし。
大根おろしを汁になじませて、食べてみると、すだちの酸味が多分白だし系であろう冷たい汁になじんで、爽やかに美味しい柑橘系のスープになっていた。
麺は、細麺のパツンパツン系の所謂バリカタみたいな麺、でも、今回はこの固くて細い麺がとても美味しかった。(前回は開店したばかりで、麺の茹で方・仕上げ方が不安定だったのかも)
時々メンマをかじりながら、飽きずに、単調になりがちな麺と汁を全て食べ終わった。

d0063149_17114057.jpg

麺が出されるとき、店員さんから、「すだちを入れっぱなしにすると、苦みが出るので、適当な時にこの小皿に引き上げてください」と言われて、小皿を受け取ったのだが、そういわれると、苦くなるのが嫌で、結構早めにかぼすを引き上げてしまった。
何だか、すだちの入ったスープの美味しさに満足してしまったけれど、実は、このかぼすをこのままかじってみたり、匂いを嗅いで来ればよかったのに、その時は何もしないで帰ってきてしまった。

余り食べ慣れていないせいか、私には今のところ、すだちとかぼすの味や香りの違いがわからない。(多分、今年、搾ったかぼすの汁を使い慣れることで、かぼすの味を覚えれば、かぼすとすだちの違いがわかってくると思う。)
昨日と同じで、すだちの味は、柚子やレモンのような個性を感じさせる強さはなく、程良い爽やかな酸味であると感じた。
(実は、私の亡き母は、「柚子がきらいで、焼きマツタケのすだちは大好き」だった。
昔は、柚子とすだちの違いを意識していなかった私なので、母の嗜好を変と思ったけれど、今回、改めて、かぼすとかすだちを味わってみると、鈍い私でも柚子との香りや風味の強さの差がわかって、そうか、母はほんのりした爽やかな柑橘系の風味が好きだったことがわかった。)

d0063149_17121017.jpg

具にメンマ以外のものがないのは残念だったけれど、夏に食べるさっぱりした冷麺とすれば、それも「あり」かなとは思う。
今日は天気が悪くて冷たい気候だったことだけが残念、また、来年、真夏のじりじりした暑さの日に食べに行きたいと思う。

[PR]
Commented at 2018-09-04 23:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mw17mw at 2018-09-05 16:47
>○イ○さん
ご指摘有難うございました、直しました。
何だか時間がなかったもので、いい加減な出来具合になってしまい、申し訳ありません。
by mw17mw | 2018-09-03 23:01 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)