天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

市販の野菜の浅漬け

毎日どんなものを食べるかを決める時、一番影響があるのが、気候が暑いか寒いかということ。
私なぞ、ちょっと寒さが戻ると、てきめんに、生野菜を食べる気にならず、スープを作ったり、鍋ものが増えたりする。
暑くなると、冷ややっことか、サラダが食べたくなり、熱いものなぞ冗談ではないと思ってしまう。

ということで、ようやく毎日、暑さを若干感じるようになったところで、スーパー等に行き、野菜の浅漬けに目が行くようになった。
昔より、種類が増えて、例えば、小さなキャベツ半割とか1/4割そのまま、調味液に漬けたものなどがあって、きっと、働いていて、忙しい奥さんなぞ、こういうものを買って食べているのだよねと思う。
ということで、私も買ってみた、画像を撮るのを忘れたけれど、中々美味しかった。
ただ、私は、糖質制限をするようになって、何やかや言いながら、常にキャベツを食べているので、この上、お漬物としてのキャベツは欲していなかったので、一回で終わり。

次に、おかず横丁の郡司味噌漬物店の前に、「水なす」と書いた黒板が置かれた。
水ナス、昨年、家の近所の堺市から単身赴任している人にいただき、美味しかったし、今年は、調布に行った時に居酒屋で食べてこれまた美味しかった。
調味液に浸かっているのだけれど、そんなに水っぽくなくて、サクサク軽くて、美味しい、サラダ感覚で食べられる。(ぶどう糖は入っているが、甘さは気にならない)
お値段は、税込みで410円かな、一人で、一度に半割食べて、二回分。
二回買って、飽きてはいないけれど、次に買った白うりに比べて、高いので、少しの間自粛。


d0063149_22153076.jpg

薄く切ってそのまま食べて十分美味しいのだが、先日の調布の居酒屋さんが出してくれたように、ピーナッツ味噌みたいな甘さの強いお味噌を添えて、それをちょっとつけながら食べる食べ方も良かったなと思う。
(そういえば、普通のスーパーには、水なすの浅漬けはないような気がするが、都会で手に入れようとしたら、郡司さんみたいな専門店か、デパ地下の諸国名産のところになるのだろうか?)

d0063149_22153366.jpg
次は、オーケーストアにあった「化学調味料不使用白うり」という半割した白うりが2つ入ったものを購入。(199円)
化学調味料は不使用だけれど、「果糖ぶどう糖液糖」が結構使われている、でも、そんなに甘くはないけれど。
これ、結構美味しく気に入ったけれど、白ウリなら、自分で漬けられるかな、やってみようかなという気になる。


d0063149_22153650.jpg

これは近所のスーパーで売っていた長い普通のナス。
ぶどう糖や果糖ぶどう糖液糖が入っていないみたいだが、やはり、水なすに比べて味が濃くて、一度で終わりかな?

d0063149_22154003.jpg
全体的な感想としては、昔みたいに化学調味料が強過ぎることもなく、結構食べられるものが多いと思ったし、忙しい人は利用すれば良いと思った。

ただ、私は、暇なのだから、また、今の季節、白うりとか、美味しそうなかぶが出てくる季節なので、自分で漬けようという気になったという話を明日からする。

[PR]
by mw17mw | 2018-06-02 22:33 | 食材・食材のお店 | Comments(0)