オーガニックなトマト缶&青森おろしにんにく

あ~、何で、自分に関係ないのに、ヘンリー王子の結婚式の中継、見てしまうのだろう?困ったものだ。

---本題です---

先日、キムチを買いに行った時、「うちのキムチは、上質の唐辛子と国内産のにんにくを使っているから美味しい」と言われ、「確かにその通り、そもそもの材料が安いものだったら、美味しいものは中々できないもの」と思ったのだ。
(例えば、イタリア料理とかピザなんて、本当に、上質なオリーブオイルとか、チーズ使ってないと美味しくないものね。)

それで、オーケーストアに行った時、モンテベッロという会社のオーガニックのトマト缶126円とか、青森産のおろしにんにくチューブ100g(365円)があったので、買っておいた。
(トマト缶は、オーガニックではないトマト缶に比べて2倍近い値段だけれど、たかが知れている。にんにくチューブも、材質や量から言ってそんなに高くないと思ったのだ。)

d0063149_22191670.jpg

そして、この2,3年、美味しいと思って使っていたS&Bの落合シェフ監修の「予約でいっぱいの店のポモドーロ」を最近、久々使ってみると、甘さが気になった、今まで感じなかったのに、今回、甘過ぎる味に感じたのだ。(原材料を見ても、甘味料みたいなものは入っていないのだけれど)
突然甘さが気になったのは、糖質制限をしている関係で、余り甘いものを食べていないからだろうか。
で、開封したものは使ったけれど、もう一つ未開封のものは親戚にあげてしまい、持っているオーガニックのトマト缶と青森のすりおろしにんにくと、味の素のバージンではないオリーブオイルで、トマトソースを作ったのだが、やはり、材料が良いのか、とても美味しくできた。

実は、最初の時は、国産にんにくがあったので、みじんに切ったのだけれど、少しだったので、この青森おろしにんにくを足した、二回目は、完全に青森おろしにんにくのみ使った。
これを香りが立つくらい、ほんの少々、オリーブ油で炒めてから、トマト缶を入れるわけだけれど、缶詰のトマトは、缶ふたを開けて、ひっくり返しても全部が出るわけではないので、殆ど出してから、お水を足して、きれいに拭ったので、少し水分を加えることになった。

で、だいたい15~20分焦げない火加減で、時々かき混ぜて、水分が殆どなくなるまで煮詰めて、塩胡椒を少々して出来上がり。


d0063149_22385196.jpg

有機栽培のトマトと青森にんにくで作ると、そうでない場合より、味が良いと思うのだ。
普通のトマト缶だと、味が足りない感じがして、ブイヨンキューブを足してしまうけれど、有機栽培のトマトで作ると、良い塩梅にできて、何か加えたいとは思わない美味しい味に感じている。(ま、好みはあるでしょうが)

トマトは本当は糖質が多いとのことだけれど、トマトソースを作っておいて、少し、お肉や卵焼きにかけると美味しいので、作ってしまう。(笑)
残ったら、冷蔵か冷凍で。


[PR]

by mw17mw | 2018-05-19 22:42 | 食材・食材のお店 | Comments(0)