人気ブログランキング |

天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の他、散歩の記録を綴った日記です。by真凛馬


by mw17mw

久々のペンケース

今まで殆どペンケースを使っていなかったのだが、最近、100キンで購入した細長のビニールケースがあったので、それをペンケースにして使ってみたら、それでは物足りなくて、ちゃんとした工夫のあるペンケースが欲しくなった。

お店を閉めた今、今までより筆記用具を持って移動することが多そうで、気に入ったペンケースを持たないで動くと、しょっちゅう、「ボールペンはどこに置いたか」と探し回ることになると予想したのだ。(気に入らないペンケースだと、持って動くことを忘れそうだし)

ということで、浅草橋のシモジマの3Fの事務用品売り場に探しに行った。
確か、色々工夫されたペンケースは1年くらい前にブームになった覚えがある。
その後、久々、見に行ったのだが、以前に開発された、ペンケースに見えないタイプ、ペンケースなのに、立てるとペン立てになるタイプもあったのだが、もっと可愛かったり、個性があったりのタイプが増えていた。
見ていると、ペンケースだけでなく、眼鏡ケースにもいいよねと思えるものもあるし、この花粉症の季節、点鼻薬が点眼薬を格好良く運べるケースにも良さそうで色々欲しくなった。

当然のことだが、100キンのものより、値段の高いシモジマあたりに並んでいる文房具の方が素敵で愛情が持てそう。
今や、文房具会社のデザインは、値段だけのことはあると思った。(化粧ポーチって、100キン以外で素敵なものは今売っているのだろうか?)

結構大きくて、全てが収納できる文房具のトランクみたいなものにも、心は動いたのだけれど、大き過ぎるし、結局、買うのを決めたのは、ペンケースの中では、大きめだけれど、トランクみたいなタイプよりは小さなコクヨのペンケース<カバット>


d0063149_22052930.jpg

どこが良かったかというと、デザインがバッグ型で可愛いくて、ペンケースに見えないことと、底に水平にジッパーがついていて、そこを開けると、そこにも色々入れられるところが気に入った。(選んだのは、6種類あるうちの、一番汚れやすい「白地に金色の水玉模様、持ち手が黒のもの」皆様だったら、どれを選びます?<そうだ、シモジマに6種類あったかどうだか不明、4,5種類はあったのは確か)

4色ボールペン&シャーペン1本、定規(15㎝までだが)、小さなはさみとか、カッター、スティック糊、消しゴムや小さなメモ帳は、上のバッグ部分に入れておけば、カバっと開けた時、何が入っているか一覧できるし、底の収納部には、今まで保存場所が決まっていなかった印鑑と朱肉、USBメモリ、爪切り、その他一覧を必要としないたまにしか使わないものを入れることにした、結構、満足。(付箋をどちらに入れるか、迷い中)


d0063149_22053348.jpg

ただね、できたら、上のバッグ部分に、小さなポケットがついていたら、そこに、クリップや輪ゴムなぞを入れることができるのに、それがないことが残念。(上のバッグ部分の収納部分は、ただ何でも突っ込めるようになっているだけで、工夫はない)

また、横×縦×高さが、20㎝×7㎝×10㎝(持ち手は除く)なので、通常私が使っているバッグには入らないことも欠点。

お値段は、ネットでは、1430円なのだが、レシートを見たら、シモジマで1020円で買っているみたい。
(と書いたが、ネットのお値段は送料込みだから、ま、順当なお値段と思ったが、Amazon Primeだと820円?)
そして、Amazonのカスターレビューを読んでいたら、2015年のレビューがあり、結構古い商品であることが分かった。皆様はもう既にご存知だったかも(笑)

きっと、東急ハンズやロフトに行ったら、もっと色々な工夫が施されたペンケースがあるかしらね?
面白そう、明日、見てこようかしら?

by mw17mw | 2018-03-24 22:14 | 道具 | Comments(0)