天性の「美味しい!状態に執着心」がある東京下町に棲息するおばさんのお料理・お菓子・道具・食材の日記です。ご自分のブログやHPの宣伝はコメントではなくTBでお願いします。 by真凛馬


by mw17mw

大戸屋で、勝手に糖質オフランチ

その始まりは、今週の「マツコの知らない世界」で、期待しないで見ていたら、「お豆腐」の世界と「ペルシャ絨毯」の世界で、面白かった。(どちらかというとペルシャ絨毯の方が「へ~」という感じだったけれど、役に立つ知恵はお豆腐?)
ペルシャ絨毯も、今や、柄がずいぶん進化していて、モダンな柄のペルシャ絨毯が素敵であった。
(マツコの知らない世界2018年3月13日で、まだ、見ることができるみたい)

で、お豆腐の世界は、小学生の頃、ご飯を捨てて、お豆腐ばかりを食べるようになった女性が、日本中のお豆腐を食べ歩いてつけた知識の番組であった。
役に立ったのは、外食するときに大戸屋に行けば、おかずだけ単品で注文できるし、手作り豆腐がメニューにあるので、ご飯代わりに頼むことができるという情報。
大戸屋のメニューのご案内をチェックしたら、メニュー上、「定食」となっていても、全て、「単品」の価格が載っている。
そうか、このお店が糖質制限に使えるのだなと思い、昨日、試しに、浅草橋の大戸屋に行ってみた。

メニューの写真を色々見ていると、魚のメニューは焼いたものが多くて、お豆腐と合わない感じがしたが、後の料理は大丈夫そう。(勿論、丼物と麺類はだめだけれど)

あ、そうそう、大戸屋のメニューには、カロリーと塩分の表示はあるのだけれど、糖質の表示がないのが残念。

そんなに何が食べたいとかなかったし、大戸屋って、結局通り一遍の味なので、唐揚げ定食の単品と手作り豆腐を注文。
待っている間に、再度メニューをチェックしたら、お味噌汁は2種類あって、たっぷり野菜の麦味噌汁と、ただの味噌汁、ただの味噌汁が57円だったので、追加。

d0063149_16105408.jpg
上記の画像の左上に写っている3つの涙型の容器のものは、何でも、生姜がお豆腐用、真ん中の液体がキャベツにかけるドレッシングで、粉っぽいものがから揚げにかけるスパイスなのだって、わかりにくい。
ま、唐揚げは揚げ立てで、普通に美味しかったけれど、千切りキャベツは盛りが良いのは良いとして、何故だから、水ぽかった。
普通、千切りキャベツは、乾いているとまで行かなくても、そんなにお水を感じないのに、どういうわけか、このお店の千切りは水っぽかった。ただ、水が底に溜まるという程ではないのだけれど、人気店だからの何かの工夫なのかな?
ただ、水っぽいキャベツはちょっとねと思う。

キャベツと唐揚げを食べ終わった後で、箸をつけたお豆腐はとても美味しかったし、結構お腹の中で膨れる感じで、眠りにつくまで、お腹が空かなかった。
一つの手段として、大戸屋も、糖質制限中には使えるお店と思った。

テレビの番組で、面白かったのは、お豆腐は決してヘルシーではないという説明。
そのお豆腐の世界を案内した女性はポチャッとしたタイプで、「お豆腐も食べ過ぎると、絶対太りますので、ヘルシーではない」とか言っていたのかな、そうしたら、マツコさんが「私も、ご飯を沢山食べて太りました。何でも、食べ過ぎると太ります」と言っていたのが面白かった。

[PR]
by mw17mw | 2018-03-19 16:26 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)