鶏胸肉とくるみとパプリカとオイスターソース

「やせるおかず作りおき」という柳澤英子さんの糖質制限のレシピ本の中に「鶏とくるみのカリっと炒め」というレシピがあって、鶏胸肉に赤ピーマン、普通の緑のピーマン、くるみと炒め合わせるものなのだが、作ろうと思ったのは、家にくるみと肉厚の赤と黄色のパプリカがあったから。(くるみは多慶屋でダイエットのために買ってあった。)
で、レシピとは違うパプリカで作ってみたら、すごく美味しかったのでご紹介。(でも、今考えたら、普通の肉が薄いピーマンなら、甘くないけれど、私が使ったパプリカは肉厚で味は甘いのだ。もしかして、甘いパプリカを使うのは、糖質制限に反するかも知れない)


d0063149_22023724.jpg

簡単に書くと、下味をつけた鶏胸肉とパプリカを炒め合わせて、最後、オイスターソースで味付けし、くるみを足した料理。
ただね、やはり、炒め物にくるみが入るので、多分、ご飯を食べるおかずにはならないと思う。
(酒の肴として食べるか、糖質制限の食事として食べるかしかないのだけれど)

で、今、なるべく糖質制限に沿った料理をその順序で食べるようにしているのだけれど、この「やせるおかず作りおき」の本は、2人前のレシピで載っている。
そうすると、二人暮らしには1回分だけれど、私の場合、一人暮らしなので、二回分のおかずを作ることになって、それが結構手間を省いてくれている。
その点、使いやすい良い本。

で、今日は、ピーマン・赤ピーマンを肉厚パプリカに換えたレシピをご紹介。

分量(2人前)
鶏胸肉           200g 2㎝角に切る
パプリカ(あれば、色2種類) 適宜 2㎝角に切る
長ねぎ          1/2本 1㎝幅の斜め切り
くるみ(無塩ロースト) 30g 適当な大きさに割る
鶏肉下味
 酒・醤油・胡麻油     各小さじ1
味付け
 オイスターソース 小さじ1
 塩・胡椒     少々
炒め油 ごま油  小さじ2

作り方
1.2㎝角に切った鶏むね肉に鶏肉下味をまぶして、下味をつける

2.ごま油小さじ2をフライパンに入れて中火、くるみをかりっと炒めて、取り出しておく

3.同じフライパンに鶏肉を入れて、色が白く変わったら、パプリカと長葱を入れて炒め合わせる

4.最後、オイスターソース小さじ1を入れてかき混ぜ、味を見て、塩胡椒で味を調える

5.そこにくるみを入れて全体を混ぜて、火を止め、出来上がり


胸肉がふっくら柔らかく炒められ、パプリカの甘さと胡桃のさっぱりとしたオイリーな美味しさが、オイスターソースのしょっぱさでまとめられて、とても美味しいので、お勧め。
私の場合、オイスターソースを使った料理をうまく作れたことはなかったけれど、これはうまく行った。
多分、使ったオイスターソースは、YOUKIの「化学調味料無添加のオイスターソース(国産カキ)」を使って、たった小さじ1しか加えないで済んだからかも。
ま、どんなオイスターソースを使うかは、その人が化学調味料に強い舌かどうかで決まるだろう。

それと、私の場合、冷蔵庫に、浅草橋の野菜スタンドで買ったパプリカがあったので、それを使ったが、普通の肉薄のピーマンを使ったものは作っていない。
多分、糖質制限を気にするなら、肉薄甘くないピーマン、美味しさを取るなら、パプリカを使ったほうが良いと思う。(ただ、今日、図書館から「食品別糖質ハンドブック」が回ってきたのだが、同じ重さなら、ピーマンもパプリカもそんなに糖質変わらないみたい)

このお料理が気に入ったので、冷凍庫に、鶏胸肉を保存するようになった。(ただ、焼いただけの胸肉も気に入っているし)

あ、そうそう、パプリカなのだけれど、一番最初の時が一番甘く、1/3だけ使った残りをビニール袋に入れて冷蔵庫に保存しておいたのだけれど、それを切ってこの料理に使ったら、最初程甘さが生きなかった、これから三回目を作るのだけれど、もっと甘さが消えているような気がする。
パプリカは切らないで置いておいた方が甘さが消えないのかな?

[PR]

by mw17mw | 2018-01-06 22:03 | 料理レシピ | Comments(2)

Commented by ☆まさ☆ at 2018-01-08 11:03 x
こんにちは
お久しぶりです。
パプリカは切って冷凍しておくといいですよ♪
Commented by mw17mw at 2018-01-08 22:59
> ☆まさ☆さん
お久しぶりです、アドバイス有難う。
今持っている中途半端に残って冷蔵庫にずっと入れてあるパプリカはそうしても甘くならないですよね?
やはり、買って来て新鮮なうちに、「切って冷凍」だと思いますので、次回、活用させていただきます。(お忙しいでしょうから、もし、私の考え方が間違っている場合、ご指摘ください)